出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
女性の食事を描いたポスター。(1900年、フランス、パリ、リオネト・カピエロ英語版作)

(しょく)は、摂取の動作の一つであり、食品から栄養生理的熱量を摂ることにより、体の成長を助ける行為である。従属栄養生物らの動物は、生きていく上で必要不可欠な行為である。通常肉食動物は、他の動物の肉を、草食動物は植物を食べ、他にも、動物の肉と植物を摂取する雑食動物というのも見られ、動物によれば、死骸や排泄物を摂取するとデトリタス性というのも存在する。菌の場合、体内の食物ではなく、体外の有機物を消費する。人間においては、日常生活動作の一つであるが、いくつかの個人は摂取量に制限がかかる。主に、飢饉などによるライフスタイルの変化や、ダイエット断食によるものが多い。

人間の慣習[編集]

ほとんどの家庭は、家の部屋、野外(熱帯地方に多い)、台所で食事をとり、家以外だと、ほとんどの人々はランチルームやカフェテリアなど、決まった場所を食事に有する。食堂車というものも存在する。調理器具と同様に食器(皿、コップ英語版など)も、など幅広く配置される。社会的には、レストランと呼ばれる店も存在し、フードコートや、さらに街頭で屋台が食事を提供するストリートフード英語版というシステムも存在する。これは、家庭などと離れたところや、食べ物を料理したりする暇がない場合などのためのものであり、社会的な会合のための施設(ダイニングクラブ英語版)も存在する。社会的な理由で、ピクニックやありあわせの料理英語版、という形で食事がとられることもある。またそれ以外でも、社会的なイベントなどで、出席者のおもてなしとして食事がとられることも少なくない。

多くの人間は、一日2・3回の食事をとる。食事の量を補うため、お菓子などの軽食を少量摂る場合もある。カロリーを気にして、軽食を摂らない主義のものも存在し、また、野菜を多めにしたり、たんぱく質を減らしたりして、食事の内容をうまく調整したりする者も増えている。

こういった風潮は、政府などが発布する食生活方針や、断食ダイエット菜食主義などの理由に関係している。動物を食べるのが間違っていると考え、菜食主義を促進する宗教も存在する。

栄養士によっては、1日に、3回の食事をするのなはく、少量の食事を3~5回ずつとるスタイルの方が、健康的だという者もいる。しかしながら、イェール大学医学院の何人かの精神科医によれば、たとえむちゃ食い障害患者でも、1日3食の食事をきっちりとるほうが、健康に良いということを訴えている。

また、食べる動作は、大食い大会などの金儲けの動作としても、用いられる。

人間の開発[編集]

新生児は、普通、成人の食べ物を食べない。しばらくは、母乳か、ベビーフードなどで食事を行う。

ビスケットを食べる女性たち(イングランド)
ケーキを食べている女性。


摂食動作[編集]

食物を認識してに取り込むことに始まり、に至るまでの一連の過程を、摂食・嚥下という。

疾患[編集]

生理的には、摂食行動は一般に空腹感英語版により引き起こされる。しかし、食欲に影響を及ぼし正常な食事パターンを崩させるような身体的および精神的な異常というものが数多く存在する。うつ病食物アレルギー、特定の化学物質の摂取、過食症拒食症脳下垂体の機能不全、内分泌の異常、そしてその他多くの病気や摂食障害がこれに含まれる。

栄養のある食物が慢性的に不足すると、さまざまな病気の原因となり、最終的には飢餓につながる。ある地域で大規模に発生するものは、飢饉と見なされる。

手術後の回復期によく見られるが、食べたり飲んだりが出来ない場合には経腸栄養[1]および非経口栄養英語版で摂食を代替する。

参考文献[編集]

  1. ^ (英語)Pediatric Feeding Tube”. Feeding Clinic of Santa Monica. 2017年1月7日閲覧。