館山自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
高速自動車国道
(有料)

館山自動車道

E14 館山自動車道
路線延長 55.7 km
開通年 1995年平成7年) - 2007年(平成19年)
起点 千葉市中央区(浜野町)
主な
経由都市
市原市袖ケ浦市
木更津市君津市
終点 富津市富津竹岡IC
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

館山自動車道(たてやまじどうしゃどう、TATEYAMA EXPRESSWAY)は、千葉県千葉市中央区京葉道路から富津市富津竹岡ICへ至る高速道路高速自動車国道)である。略称は館山道(たてやまどう、TATEYAMA EXPWY)。館山自動車道と称すが、接続する富津館山道路も含めて館山市内までには入っていない。高速道路ナンバリングによる路線番号は京葉道路、富津館山道路とともに E14 が割り振られている[1]

概要[編集]

北側は京葉道路、南側は富津館山道路と接続しており、東京都から千葉県南房総市までを自動車専用道路で結ぶ。キロポスト表示は京葉道路一之江橋起点から、IC番号も篠崎ICからの通しとなっており、富津館山道路まで続いている。実質的には京葉道路起点から富津館山道路富浦ICまで1つの高速道路としてみなすことができる。また木更津JCTにて東京湾アクアライン連絡道(アクア連絡道)へ分岐し、神奈川県へもアクセスが可能である。2007年平成19年)3月21日には首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も接続した。

他の高速自動車国道との(予定路線区間等も含めて)直接接続が一切ない珍しい路線である。同様の高速自動車国道は、他には沖縄県にある沖縄自動車道のみであり、日本本土4島においては館山道以外にない。また、起点の京葉道路接続部(千葉南JCT)はランプが整備されておらず、同様の例は千葉県内では他に市川JCTや木更津西JCT(アクア連絡道・圏央道)がある程度で、全国的に珍しい。

国土開発幹線自動車道建設法における法定路線名は東関東自動車道館山線であり、高速自動車国道の路線を指定する政令で指定された路線名は東関東自動車道千葉富津線となっている。

歴史[編集]

  • 1995年平成7年)4月26日 : 千葉南JCT - 姉崎袖ケ浦IC開通。
  • 1995年(平成7年)7月18日 : 姉崎袖ケ浦IC - 木更津南IC開通[2]
  • 1996年(平成8年)3月28日 : 木更津JCT開通により、東京湾アクアライン連絡道と接続[3][注釈 1]
  • 2003年(平成15年)4月29日 : 木更津南JCT - 君津IC開通[5]
  • 2005年(平成17年)3月19日 : 富津中央IC - 富津竹岡IC開通[6]
  • 2007年(平成19年)3月21日 : 木更津JCTで首都圏中央連絡自動車道に接続。
  • 2007年(平成19年)7月4日 : 君津IC - 富津中央IC開通により、着工から24年目で全線開通。同時に木更津南JCT - 君津ICが4車線化。
  • 2009年(平成21年)3月29日 : 君津PAにてスマートインターチェンジの運用開始(千葉県では初のスマートインターチェンジ)。
  • 2015年(平成27年)6月7日 : 首都圏中央連絡自動車道の神崎IC - 大栄JCT間開通により、京葉道路・東関東自動車道経由で千葉県外の高速自動車国道とも接続。

路線状況[編集]

インターチェンジなど[編集]

ここでは、京葉道路 - 木更津南JCT - 富津竹岡ICを本線、木更津南JCT - 木更津南ICを木更津南支線とする。

  • スマートICは背景色で示す。
  • BSのうち、○/●は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。

本線[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
E14 京葉道路 船橋篠崎東京方面
- (千葉南JCT)[7] 35.6 一般国道16号京葉道路と東関東自動車道千葉富津線の境界
一般道との接続なし
千葉市中央区
13 市原IC 国道297号市原バイパス 43.6 市原市
- 市原SA - 上47.3
下48.2
14 姉崎袖ケ浦IC 県道24号千葉鴨川線 53.6
15 木更津北IC 国道409号房総横断道路 60.6 木更津市
16 木更津JCT CA 東京湾アクアライン連絡道
C4 首都圏中央連絡自動車道
62.5 圏央道のJCT番号は、「110
17 木更津南JCT 木更津南富津岬方面(木更津南支線 66.4
- 木更津羽鳥野BS -
18 君津IC 県道92号君津鴨川線 70.4 君津市
18-1 君津PA/SIC 74.9 スマートICは6 - 22時
19 富津中央IC 国道127号 79.6 富津市
20 富津竹岡IC 県道91号竹岡インター線 87.1
E14 富津館山道路 館山方面
  • 京葉道路は、市原ICから8.0km先で接続している。
  • IC番号・キロポストは、京葉道路から連続している。

木更津南支線[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
17 木更津南JCT 本線 0.0
- 木更津南料金所
17-1 木更津南IC 国道127号 2
終点 国道16号東京湾岸道路 4.3
  • キロポストは、木更津南JCTを起点に「支0.3」のように設置されている。

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

館山自動車道は総距離が短いこともあり、休憩所は市原サービスエリア (SA) と君津パーキングエリア (PA) の2か所のみである。市原SAはガソリンスタンドレストランに加え、ロッテリアがあり、スナック・ショッピングコーナーも上下線ともに24時間営業となっているなど、SA以上の設備内容となっているが、下り線のガソリンスタンドは深夜営業をしていない。君津PAはトイレ自動販売機のみの簡素なPAとなっている。

主なトンネル・橋[編集]

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
京葉道路接続部 - 富津中央IC 0 0
富津中央IC - 富津竹岡IC 1 1
木更津南JCT - 木更津南IC 0 0
合計 1 1
  • 富津中央IC - 富津竹岡IC間に1本ある以外、トンネルは存在しない。なお、接続する富津館山道路はトンネルが多い。

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
本線 京葉道路接続部 - 君津IC 4=2+2 100km/h
君津IC - 富津竹岡IC 2=1+1 70km/h
木更津南支線 木更津南JCT - 木更津南IC 4=2+2 80km/h
  • 君津IC以北は4車線、君津IC以南が暫定2車線で供用されている。開通時は木更津南JCT - 君津IC間も暫定2車線での供用だったが、全線開通と同時に4車線化された。
  • 君津IC以南については、2009年(平成21年)4月27日の第4回国土開発幹線自動車道建設会議にて4車線に整備計画が変更された[8]が2009年(平成21年)10月、政権交代を果たした民主党の公共事業見直しにより国土交通省が4車線化事業の凍結を決定し、再び4車線化工事は白紙になった[9]。しかし、繁忙期などには渋滞が頻発していたことから2012年(平成24年)4月に事業許可を受け、その後2012年(平成24年)10月に測量、土質調査及び工事に向けた設計を開始、2015年(平成27年)1月20日に着工式が行われた。2018年度(平成30年度)の完成を目指して工事が進められている[10]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
蘇我IC - 市原IC 38,437 43,092
市原IC - 姉崎袖ケ浦IC 27,057 33,536
姉崎袖ケ浦IC - 木更津北IC 21,335 28,511
木更津北IC - 木更津JCT 19,524 25,602
木更津JCT - 木更津南JCT 16,656 24,478
木更津南JCT - 木更津南IC 10,921 12,853
木更津南IC - 取付部 4,942 7,385
木更津南JCT - 君津IC 5,903 14,235
君津IC - 君津PASIC 調査当時未開通 9,891
君津PASIC - 富津中央IC 9,651
富津中央IC - 富津竹岡IC 4,240 9,101

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

総交通量(2008年(平成20年)度)

  • 1日平均 : 66,827台

料金収入(2008年(平成20年)度)

  • 1日平均 : 37,045,000円

道路管理者[編集]

  • NEXCO東日本 関東支社
    • 市原管理事務所 : 蘇我IC - 木更津北IC
    • 東京湾アクアライン管理事務所 : 木更津北IC - 富津竹岡IC・木更津南JCT - 木更津南IC

ハイウェイラジオ[編集]

  • 市原(市原IC - 市原SA)
  • 姉崎袖ケ浦(姉崎袖ケ浦IC - 木更津北IC)
  • 木更津(木更津JCT - 木更津南JCT)

全ての箇所でコールサインは「ハイウェイラジオ館山道○○」と放送される。(例:市原であれば「ハイウェイラジオ館山道市原よりお伝えしました。」)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

接続している高速道路はいずれも一般国道の自動車専用道路であり、高速自動車国道とは接続していない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東京湾アクアラインは1997年(平成9年)12月18日開通[4]

出典[編集]

  1. ^ 「高速道路ナンバリングの導入について」(平成29年2月14日付け国道企第55号)、国土交通省道路局長通知、2017年2月14日
  2. ^ “館山線木更津まで開通 テープカット、渡り初め 千葉から所要時間約半分に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (1995年7月19日) 
  3. ^ “湾横連絡道が開通 知事らテープカット 木更津JCT - 袖ヶ浦IC間”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (1996年3月29日) 
  4. ^ ““夢”運ぶ海渡る道 東京湾アクアライン開通 幕開ける“房総新時代””. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (1997年12月19日) 
  5. ^ “南房総への渋滞緩和 木更津南-君津インターチェンジの延長4キロ開通 館山自動車道」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (2003年4月30日) 
  6. ^ “富津中央 - 竹岡が開通 館山道、残るは1区間”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (2005年3月20日) 
  7. ^ 高速自動車国道北海道縦貫自動車道函館名寄線等に関する協定 別紙-8 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構. 2015年7月7日閲覧。
  8. ^ 館山道期成同盟会 道路整備の要望活動展開へ」房日新聞 2009年6月4日
  9. ^ 4車線化凍結『地元の声聞いて』 自治体、建設業者ら反発」東京新聞 2009年10月7日
  10. ^ 館山自動車道(木更津南JCT〜富津竹岡IC間)4車線化工事着工式の開催について”. 東関東自動車道館山線・一般国道127号富津館山道路建設促進期成同盟会 東日本高速道路株式会社関東支社 (2015年1月9日). 2015年3月24日閲覧。

関連項目[編集]