香港ドラゴン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
香港ドラゴン航空
港龍航空
Dragonair
IATA
KA
ICAO
HDA
コールサイン
Dragon
設立日 1985年
ハブ空港 香港国際空港
マイレージサービス ザ・マルコポーロクラブ、アジアマイル
会員ラウンジ 寰宇堂、玉衡堂、爾雅堂、逸連堂、賞心堂、G16ラウンジ(香港国際空港内のウイング並びにピア)
同盟 ワンワールド
保有機材数 39機(2機発注中)
就航地 44都市
親会社 キャセイパシフィック航空
本拠地 香港
代表者 楊偉添 (CEO)
朱國樑 (会長)
香港ドラゴン航空
各種表記
繁体字 港龍航空
簡体字 港龙航空
拼音 Gănglóng Hángkōng
発音: ガンロン ハンコン
広東語発音: Gong2 lung2 hong4 hung1
英文 Dragonair
テンプレートを表示
Dragonair House/港龍大厦 - 香港ドラゴン航空の本社

香港ドラゴン航空(ほんこんドラゴンこうくう、港龍航空公司Dragonair)とは、香港中華人民共和国・香港特別行政区)を拠点としている航空会社である。2006年6月9日、キャセイパシフィック航空に買収された。


概要[編集]

1985年5月、香港澳門国際投資 (Hong Kong Macau International Investment Corporation) の100%出資により、香港ドラゴン航空が設立される。同年7月には、マレーシアコタキナバルへ向けてボーイング737-200A型機1機で運航を開始する。1986年にはタイプーケットへの定期便と、チャーター便形式での中国国内6都市への乗り入れを開始する。

1990年には、中信泰富有限公司 (CITIC Pacific) 、スワイヤー・グループ (Swire Group) 、及びキャセイパシフィック航空が株式の89%を取得、以後スワイヤーのグループ企業として、同グループのキャセイパシフィック航空とは密接な業務提携関係にある。1997年には、それまでキャセイパシフィック航空への委託業務であった貨物部門を自社部門として設立する。1999年には、マイレージプログラムであるアジアマイルに参加、2001年6月にはJALマイレージバンクにも参加を開始した。

かつて、香港ドラゴン航空に於ける資本割合は、中国航空集団有限公司 (China National Aviation Holding Company Ltd.) が43.29%、中信泰富有限公司 (CITIC Pacific Ltd.) が28.50%、太古股分有限公司 (Swire Pacific Ltd.) が7.71%、キャセイパシフィック航空 (Cathay Pacific Airways Ltd.) が17.79%、その他が2.71%となっている。

しかし2006年6月9日キャセイパシフィック航空と中国国際航空との間で資本の相互提携等が行われ、その一環で香港ドラゴン航空がキャセイパシフィック航空が100%出資する完全子会社になることが発表。これでキャセイパシフィック航空が進出できなかった上海線等に進出することになった。2007年11月1日にワンワールドへ正式に加盟した。

今後も数年はドラゴン航空としての便名は残るものの、実運営面の効率化は進んでいる。成田空港でもドラゴン航空単独の事務所は既に閉鎖され組織はキャセイパシフィック航空に統合されている。成田ではKA就航当時は両社が第1第2と別々のターミナルで運航していたが、2007年6月1日より第2ターミナルに集約された。

本社屋は、香港国際空港内に位置する。

日本乗り入れはチャーター便で実績を積んだ後、1988年に鹿児島空港に就航したが1994年に運休。また、1992年には広島空港に、1993年には仙台空港にそれぞれ就航したが、2003年にアジアで猛威を振るった重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響で両線とも運休となった。2004年にはこの両線を統合する形で、成田線が就航した。

2007年10月28日から親会社のキャセイパシフィック航空との日本路線の再編整備に伴い、成田線をキャセイパシフィック航空に移管し廃止し、福岡線にキャセイパシフィック航空の福岡-台北-香港線を補完する形で新たに直行便就航し、仙台線を再開した。しかし仙台線を2008年3月29日で定期便を休止、福岡線を2009年5月31日をもって定期便を休止、以後チャーター便で対応していたが、2010年10月31日より福岡への定期便が再開された。 (日本語版プレスリリースを参照)

サービス[編集]

機内クラスはファーストクラスビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制である。ファーストクラスはエアバス A330-300 のみに設定されており、その他の機材はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制になっている。機内サービスは、スカイトラックス社の調査において6年連続でベストエアラインチャイナを受賞している。

就航都市[編集]

香港から中国本土(一部コードシェア便)行きの便を含めて、旅客便はアジア各地の32箇所に就航している。

機材[編集]

エアバス A320-200
エアバスA330-300
機材 保有数 発注数 座席数 備考
F B E
エアバスA320-200 15 - 8
0
150
168
158
168
エアバスA321-200 6 2 24 148 172
エアバスA330-300 18 8
12
0
42
42
42
230
230
265
280
284
307
内、13機がリニューアル実施済
39 2
  • 2013年12月現在

香港ドラゴン航空のカラーリングは機体全体が白を基調として、尾翼にはロゴマークの赤いが塗装されている。またこのマークは、左右エンジンカバーにも描かれている。機体前部には、赤い文字で中国語表記である港龍航空の文字と、黒い文字でDRAGONAIRとペイントされている。

関連項目[編集]