馬場頼周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

馬場 頼周(ばば よりちか ? - 天文15年4月2日1546年5月1日))は、戦国時代武将肥前国の大名少弐氏の家臣。綾部城城主。父は馬場頼員(よりかず)。妻は筑紫満門(頼員の従兄弟とされる)の娘。子に政員(まさかず)と実名不詳の息子がいる。

生涯[編集]

馬場氏は少弐氏の一門であり、少弐教頼の弟・頼経(よりつね)を祖とする(頼経の孫が頼周である)。周防大内氏の圧力により勢力を弱め肥前へ拠点を移した少弐氏は、かつての九州探題であった渋川氏を圧迫し、肥前綾部城を奪取し、一門である馬場氏を城主とし、統治を固めた。

頼周は斜陽の少弐氏に仕え、大永4年(1524年)、宿敵大内氏に属した岳父の筑紫満門を謀殺するなど非情な手段も辞さなかった。

享禄3年(1530年)、田手畷の戦いでは杉興連率いる大内軍の撃退に貢献した。その後、龍造寺氏が主家を凌いで台頭し、龍造寺家兼は少弐氏を裏切って大内義隆に通じ[1]、天文4年(1535年)、少弐資元を自害させるのを黙認したという(救援したくてもできなかったとする異説もある)。のち、家兼は少弐冬尚(資元の遺子)と和解して子の龍造寺家門ら一門とともに重臣として仕えていたものの、過去の裏切りと現在の威勢に義憤を覚えた頼周は[2]天文14年(1545年)に謀略をもって家兼の一族の大半を誅殺することに成功した。頼周は龍造寺一族を謀略により容易く討ち取れた事に喜悦し、討ち取った6人の首級を踏み付けるなど不敬な扱いをする[3]

頼周父子は家兼を追放し、祇園岳に城を築き統治しようとしたが、天文15年(1546年)、筑後国蒲池鑑盛の元に逃れた龍造寺家兼が挙兵、千葉胤連(あるいはその父・千葉胤勝)もこれに合力した。龍造寺氏の残党が蜂起すると、祇園岳城が建造中であったため防戦できず、綾部城へ帰還しようとした。しかし千葉勢の追撃を受け、子の政員は野田家俊(のだ いえとし)に討ち取られ、頼周は社家に走り込み芋釜の穴に隠れたが、加茂弾正という者に穴より引き摺り出されて殺害された。家兼は祇園岳へ向かう途上の坪上という地で頼周と政員の首級を検分する。なお、政員の妻は家兼の孫娘であり、馬場父子の首は家兼に丁重に葬られた。

馬場氏の跡は遺された孫の鑑周(あきちか、大友義鑑より偏諱を賜う)が継ぎ、後に許され再び龍造寺氏に仕えた。しかし、鑑周も永禄12年(1569年)に大友氏が攻め寄せた際に寝返るなど、龍造寺氏への抵抗を続けた。

頼周への評価[編集]

 馬場氏は先に筑紫氏を謀略で討ち、ついで龍造寺一門を同じく謀略で追い詰めた。とはいえ、筑紫氏ら少弐一族が大内氏に通じて少弐氏と対立していくなかで、やり方と結果はともかくとして、馬場氏は頽勢の少弐氏をよく支えたといえるのではないか。[独自研究?]  『治乱記』には「博学にして才知あり、忠心深くまた下賤を憐れみし者なり。龍造寺の一家を討ち取りしことは、少弐に対して謂れある事なり」と馬場頼周を評している。

脚注[編集]

  1. ^ 『肥陽軍記』、『北肥戦誌(九州治乱記)』には裏切ったとする記述はなく、小田政光の父・小田資光(すけみつ、覚泒)が冬尚に対し「家兼は大内へ内通と思われます」と讒言したとする記述はある。
  2. ^ 『肥陽軍記』では龍造寺の威勢を妬んだからとし、頼周には「烏喙(うかい)の相(欲深い人相)」があると記述している。
  3. ^ 『北肥戦誌(九州治乱記)』の記述