高僧・野々村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高僧・野々村(たかそう・ののむら)は、吉本興業に所属していたお笑いコンビ。通称・たかのの

メンバー[編集]

高僧美喜(たかそう みき、本名(旧姓):同じ、1974年11月5日 - )

大阪府大阪市出身。大阪市立新豊崎中学校卒業。血液型B型。
ツッコミ担当。実家は酒屋。解散と同時に芸能界を引退して結婚。現在は大阪府都島区で飲食店を経営している[1]。引退以降表舞台には顔を見せていない。ただし過去のコンビ時代の映像が流れる際、高僧の映像にも特に加工は施されていない。

野々村友紀子(ののむら ゆきこ、本名:川谷 友紀子(かわたに ゆきこ)、1974年8月5日 - )

大阪府大阪市出身。箕面学園高等学校卒業。血液型O型。
ボケ担当。解散後は構成作家として毎日放送?マジっすか!」やGAORAbaseよしもと関連の番組で活躍。一時構成作家としての活動を休止し、2児の母として主婦業に専念していたが、2013年現在は構成作家としての活動(「笑っていいとも!」など)を再開している。夫は2丁拳銃の川谷修士。2丁拳銃は彼女たちの1年後輩に当たる。2002年6月30日に入籍。川谷が2005年3月12日に自身主催の音楽イベントで公表した。

概要[編集]

2人とも小学校時代からの友人で大阪NSCの11期生、1992年4月にコンビ結成。同期はたむらけんじ陣内智則など。男性の割合が高いお笑いの世界で、数少ない女性のコンビであった。

マイペースなボケとツッコミが合わさった漫才を得意としていたが、単独ライブではコントを披露することもあった。

1997年に一度解散を発表するが、ファンからの要望により撤回する。当時、彼女たちは心斎橋筋2丁目劇場のレギュラーライブの出演者であったが、この活動休止によりオーディションライブからの再スタートを余儀なくされた(その年から2丁目劇場は芸人のランクをワチャA・B・Cの3ランクに分け、リーグ戦の勝敗により秋・冬の2回ランクが入れ替わる方式を採用していた。)。以降はホームグラウンドであった2丁目劇場を離れ、他の劇場や営業での活動が中心となる。結局、1999年2月、2丁目劇場の閉館を翌月に控え、コンビは解散した。解散の理由には諸説あるが、劇場の支配人交代に伴い、2丁目劇場のレギュラーライブで「漫才禁止令」が出されたこと(単独ライブや特別な漫才ライブを除く)が大きい、と言われている。彼女たちは漫才を中心に活動していたため、漫才禁止でかなりの打撃を受けてしまった。同じく漫才を中心に活動していた中川家海原やすよ・ともこは同時期に2丁目劇場を卒業しており、同様の理由で解散に至ったコンビは何組かいると言われている。

解散と同時に高僧は引退、野々村は構成作家として裏方に回ったため、どちらも表舞台からは姿を消している。そのため、長年表立った形で名前が出ることはなかったが、川谷が野々村と結婚していたことを発表した際に、5年ぶりにその名前がメディアに登場した。その後野々村は2008年11月17日放送のやりすぎコージーテレビ東京)で家族とともにテレビ出演。2009年4月8日ジャイケルマクソン(毎日放送)、2011年10月29日にはサタネプ☆ベストテン(TBS)、2012年4月10日には「踊る!さんま御殿SP」(日本テレビ)、2012年11月11日にはやすとものどこいこ!?テレビ大阪)に夫婦で出演した。

立ち位置が、向かって左が野々村・右が高僧であったので、「高僧・野々村」とテロップが出ると名前が入れ替わってしまった。

エピソード[編集]

  • すんげー!Best10でも共演した海原やすよ・ともことは仲が良く、やすよ・ともこがパーソナリティーをつとめるラジオ番組に、ゲスト出演をしたことがある。前記の通り、野々村は現在構成作家としても一線を退いているが、やすよ・ともこの漫才を2人と共同で制作することは続けている。

番組出演[編集]

ライブ出演[編集]

  • ハニー - 単独ライブ
  • 漫才ナイト
  • WACHACHAブレイク
  • ワチャチャライブ

脚注[編集]