高尾光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たかお みつこ
高尾 光子
高尾 光子
本名 高尾 みち子 (たかお みちこ、出生名)
竹田 路子 (たけだ みちこ、婚姻時)
別名義 高尾 道子 (たかお みちこ)
生年月日 (1915-07-22) 1915年7月22日
没年月日 (1980-11-26) 1980年11月26日(満65歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
職業 女優、元子役
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1921年 - 1980年
著名な家族 山野海(孫)
主な作品
『地蔵物語』

高尾 光子(たかお みつこ、1915年7月22日 - 1980年11月26日[1])は、日本女優、元子役である。本名は高尾 みち子(たかお みちこ)だが、婚姻後は竹田 路子と名乗った。旧芸名は高尾 道子(たかお みちこ)である[1]

人物・来歴[編集]

1915年(大正4年)7月22日兵庫県西宮市に「高尾みち子」として生まれる[1]

東京府東京市(現在の東京都)に移り、1921年(大正10年)、父親が衣裳部を務める日活向島撮影所に子役として入社する[1][2]。同年2月16日に公開されたサイレント映画『嵐の舞』に出演[2]、ついで同年6月14日公開、山本嘉一女形東猛夫が主演した『恋の墳墓』に「高尾道子」の名で出演して、満5歳でスクリーンデビューを果たした。同年5月1日、松竹キネマ(現在の松竹)が前年に開設した松竹蒲田撮影所に移籍[2]、「高尾光子」に改名し、賀古残夢監督の『月魄』、大久保忠素監督の『地蔵物語』等に子役として出演する[1]

1922年(大正11年)4月1日、旧制・蒲田小学校(現在の大田区立蒲田小学校)に入学する[2]。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で同撮影所は壊滅、京都にある松竹下加茂撮影所に同撮影所全体で異動、現代劇作品に出演した。翌1924年(大正13年)には蒲田が復興し、東京に戻る。牛原虚彦監督のオムニバス『子供の世界』の第三篇で主演、以降、主演作が増える。1928年(昭和3年)3月、蒲田小学校を卒業、卒業後は横浜の個人英語教授に通う[2]。舞踊については、沢村紀久八に師事する[2]

子役から脱皮し、娘役を演じられるようになると、1933年(昭和8年)10月、松竹下加茂撮影所に異動し、時代劇に出演、高田浩吉市川右太衛門の相手役を演じた。

1935年(昭和10年)、松竹を退社してP.C.L.映画製作所に移籍、トーキーに出演する。同年、イギリス領ビルマとの合作映画で、「ビルマ映画の父」と呼ばれるウー・ニイプ監督の『にっぽんむすめ』に出演する[3]。1937年(昭和12年)7月1日に公開された、滝沢英輔監督の『東海道は日本晴れ』に出演したのを最後に、満22歳の誕生日を目前に映画界を引退、同年、東京劇団に入団して舞台演劇に進出した[1]

第二次世界大戦終結後の1955年(昭和30年)、稲垣浩監督の『旅路』で、ひさびさに映画界に復帰した。

脚本家の愛人となって芸能界を引退し、1970年代は東京新橋の烏森口で焼き鳥屋を経営し、娘と孫の3人で暮らしていた。孫娘は杉田かおる児童劇団劇団若草での仲間だったという[4]

1980年(昭和55年)11月26日、死去した[1]。満65歳没。

フィルモグラフィ[編集]

すべて出演、特筆以外「高野光子」名義、個別作品の製作所表記はレンタル出演である。

日活向島撮影所[編集]

1922年
  • 『嵐の舞』 : 監督・脚本不明、出演不明 - 「高野道子」名義[2][5]
  • 『恋の墳墓』 : 監督・脚本不明、主演山本嘉一東猛夫 - 「高野道子」名義

松竹蒲田撮影所[編集]

1922年
1923年
  • マイフレンド』 : 監督池田義臣、脚本伊藤大輔、主演岩田祐吉・栗島すみ子
  • 『死に行く妻』 : 監督野村芳亭、脚本伊藤大輔、主演岩田祐吉・栗島すみ子 - 「高野道子」名義
  • 『山の線路番』 : 監督島津保次郎、原作ゲルハルト・ハウプトマン、脚本伊藤大輔、主演関根達発花川環
  • 『宮城野の孝女』 : 監督大久保忠素、脚本芦辺草人、主演米津信子・片桐史郎
  • 『忍術ごっこ』 : 監督島津保次郎、原作・脚本伊藤大輔、主演久保田久雄小川国松
  • 『噫無情 第二篇 市長の巻』 : 監督池田義臣、原作ビクトル・ユゴー、脚本伊藤大輔、主演井上正夫・岩田祐吉
  • 』 : 監督野村芳亭、脚本石川白鳥、主演川田芳子・諸口十九
  • 『大東京の丑満時 第一篇 悲劇篇』 : 監督池田義臣、脚本野村芳亭、主演栗島すみ子
  • 『噫森訓導の死』 : 監督大久保忠素、脚本伊藤大輔、主演正邦宏・林千歳
  • 『人性の愛』 : 監督・原作・脚本牛原虚彦、主演岩田祐吉・三村千代子
  • 『天を仰いで』 : 監督大久保忠素、原作野村芳亭、脚本石川白鳥、主演諸口十九・片桐史郎
  • 『二人の孤児』 : 監督大久保忠素、原作野村芳亭、脚本石川白鳥、主演梅村蓉子

松竹下加茂撮影所[編集]

1923年
  • 『死に面して』 : 監督大久保忠素、原作野村芳亭、脚本石川白鳥、主演志賀靖郎
  • 『お姫草』 : 監督・脚本野村芳亭、原作武田晃、主演栗島すみ子
  • 『平和村』 : 監督小沢得二、脚本小田喬、主演久保田久雄
  • 幽芳集 月魄』 : 監督池田義臣、原作菊池幽芳、脚本野村芳亭、主演諸口十九・川田芳子
  • 『たそがれの夕』 : 監督小沢得二、主演三村千代子・英百合子
1924年
  • 若者よ』 : 監督・脚本野村芳亭、原作石川白鳥、主演諸口十九・川田芳子
  • 黄昏の街』 : 監督・原作・脚本小沢得二、主演堀川浪之助・三村千代子

松竹蒲田撮影所[編集]

1924年
  • 『子供の世界』 : 監督・原作・脚本牛原虚彦、主演小川国松・米津左喜子・英百合子 - 第三篇で主演
  • 無花果』 : 監督牛原虚彦、原作中村吉蔵、脚本小田喬、主演岩田祐吉・五月信子
  • 『感じの好い映画集 《チュウリップの話》』 : 監督・脚本牛原虚彦、原案鈴木重吉 - 主演
  • 『感じの好い映画集 《芋》』 : 監督・脚本小沢得二、原作双葉くみ子 - 主演
  • 『憧れの故郷』 : 監督大久保忠素、脚本石川白鳥、主演志賀靖郎
  • 女殺油地獄』 : 監督野村芳亭、原作近松門左衛門、脚本武田晃、主演諸口十九・柳さく子
  • 『海は笑ふ』 : 監督島津保次郎、原作・脚本五所平之助、主演岩田祐吉・英百合子
  • 『少女の悩み』 : 監督蔦見丈夫、原作田辺つかさ、脚本北村小松、主演武田春郎
  • 『漂白の琵琶師』 : 監督・脚本牛原虚彦、主演新井淳・三村千代子
  • 『狂へる母に』 : 監督吉野二郎、脚本吉田弘隆、主演飯田蝶子
1925年
  • 『愛欲の果』 : 監督吉野二郎、原作・脚本五所平之助、主演新井淳
  • 『母を呼ぶ声』 : 監督吉野二郎、原作・脚本吉田弘隆、主演久保田久雄
  • 『小さき姫君』 : 監督吉野二郎、原作・脚本吉田武三 - 主演
  • 『その夜の罪』 : 監督蔦見丈夫、原作久留宮弘道、脚本武田晃、主演志賀靖郎
  • 郵便馬車』 : 監督吉野二郎、原作・脚本吉田武三、主演新井淳
  • 『すたれ者』 : 監督・原作・脚本清水宏、主演松井千枝子 - 妹・お花
  • 『妖星地に堕つれば』 : 監督島津保次郎、原作・脚本吉田百助、主演鈴木伝明・英百合子
  • 『前代未聞の仇討』 : 監督・脚本蔦見丈夫、原作山崎天王、主演野寺正一森野五郎
  • 『寂しき路』 : 監督池田義臣、原作・脚本村上徳三郎、主演栗島すみ子 - 妹玉枝
1926年
  • 『土に輝く』 : 監督・脚色鈴木重吉、原作・主演鈴木伝明
  • 『お初吉之助』 : 監督重宗務、原作・脚本虚空天外、主演沢村紀久八・柳さく子
  • 大楠公』 : 監督野村芳亭、原作渡辺霞亭、脚本武田晃、主演井上正夫、松竹下加茂撮影所 - 楠正行
  • 広瀬中佐』 : 監督蔦見丈夫、原作・脚本吉田百助、主演岩田祐吉 - 広瀬かほる子
  • 『母よ恋し』 : 監督五所平之助、原作・脚本水島あやめ、主演新井淳
  • 『万公』 : 監督島津保次郎、原作豊田四郎、脚本北村小松、主演岡田宗太郎・松井千枝子
  • 』 : 監督・脚本五所平之助、主演八雲恵美子水島亮太郎
  • 『新お初地蔵』 : 監督・原作野村芳亭、脚本五所平之助、主演藤田房子堀川浪之助
  • 『海人 南国篇』 : 監督・脚本・主演鈴木伝明、原作リヒアルト・ワグナー
  • 『狂怒乱心』 : 監督清水宏、原作・脚本観音寺綾子、主演森野五郎 - 西條の妹・千代
  • 『いとしの我子』 : 監督・脚本五所平之助、原作水島あやめ、主演春海清子
  • 『コスモス咲く頃』 : 監督野村芳亭、脚本野田高梧、主演武田春郎・春海清子
1927年
  • 九官鳥』 : 監督・原作・脚本野村芳亭、主演水谷八重子 - 次女おきみ
  • 『恥しい夢』 : 監督五所平之助、原作桃園狂太、脚本伏見晁、主演田中絹代・八雲恵美子
  • 『国境警備の唄』 : 監督蔦見丈夫、原作・脚本篠山吟葉、主演田中絹代 - 李の娘桃花
  • 白虎隊』 : 監督野村芳亭、原作岡本綺堂、脚本野田高梧、主演堀田金星藤野秀夫 - 妹お蝶
  • 孤児』 : 監督大久保忠素、原作・脚本水島あやめ - 主演
  • 『懐しの母』 : 監督佐々木恒次郎、原作・脚本村上徳三郎、主演小林十九二・吉川満子
  • 『天使の罪』 : 監督大久保忠素、原作・脚本水島あやめ - 主演
1928年
  • 故郷の空』 : 監督大久保忠素、原作・脚本水島あやめ、主演野寺正一
  • 『美人かし間』 : 監督・原作・脚本野村芳亭、主演八雲恵美子・水島亮太郎 - 黒田の孫
  • 『神への道』 : 監督五所平之助、原作・脚本水島あやめ - 主演
  • 『空の彼方へ』 : 監督蔦見丈夫、原作吉屋信子、脚本水島あやめ、主演川田芳子・柳さく子
  • 『をとめ心』 : 監督大久保忠素、原作・脚本水島あやめ - 主演
  • 『輝く昭和』 : 監督島津保次郎、原作・脚本村上徳三郎、主演井上正夫・八雲恵美子 - 善吉長女実は渡辺の娘小夜子
  • 『美しき朋輩達』 : 監督清水宏、原作壁静、脚本水島あやめ、主演小藤田正一 - 星の使
1929年
  • 『森の鍛冶屋』 : 監督清水宏、原作・脚本村上徳三郎、主演井上正夫 - 貞代の少女時代
  • 越後獅子』 : 監督・原作・脚本島津保次郎、主演小村新一郎・飯田蝶子
  • 『明け行く空』 : 監督斎藤寅次郎、原作新井睦子、脚本水島あやめ - 主演
  • 月形半平太』 : 監督・脚本冬島泰三、原作行友李風、主演林長二郎、松竹下加茂撮影所 - 歌菊
  • 』 : 監督清水宏・大久保忠素、原作簡易保険局、脚本水島あやめ - 主演・娘 お光
  • 『女難歓迎腕比べ』 : 監督斎藤寅次郎、原作・脚本湯巻三平、主演斎藤達雄 - 旅の踊り子
  • 『明日天気になあれ』 : 監督島津保次郎・西尾佳雄、原作今井達夫、主演小藤田正一、製作提携シマヅプロダクション - そのお姉さん
  • 『人生の裏路』 : 監督佐々木恒次郎、原作フョードル・ドストエフスキー、脚本柳井隆雄 - 主演
  • 不壊の白珠』 : 監督清水宏、原作菊池寛、脚本村上徳三郎、主演八雲恵美子 - 片山の長女よし子
  • 『父の願ひ』 : 監督清水宏、原作・脚色細田真一、潤色柳井隆雄、主演野寺正一
1930年
  • 『純情』 : 監督成瀬巳喜男、原作・脚本水島あやめ - 主演・おつた
  • 麗人』 : 監督島津保次郎、原作佐藤紅緑、脚色村上徳三郎、主演栗島すみ子・岩田祐吉 - 八兵衛の娘お駒
  • 『冬木心中』 : 監督・脚本冬島泰三、原作額田六福、主演林長二郎、松竹下加茂撮影所 - 娘お菊
  • 『荊の冠』 : 監督佐々木恒次郎、原作佐藤紅緑、脚本吉田百助、主演岩田祐吉・川田芳子
  • 『色気だんご騒動記』 : 監督斎藤寅次郎、原作菊池緑子、脚本柳井隆雄、主演渡辺篤
1931年
  • 『美はしき愛』 : 監督西尾佳雄、原作松崎博臣、脚本水島あやめ - 主演
  • 『涙の愛嬌者』 : 監督野村浩将、原作・脚本伏見晁、主演小藤田正一
  • 『彼女の興奮』 : 監督斎藤寅次郎、原作・脚本木村義勇 - 主演
1932年
  • 『いざ戦ひに』 : 監督佐々木恒次郎、原作・脚本荒牧芳郎、主演結城一朗日守新一
  • 金色夜叉』 : 監督野村芳亭、原作尾崎紅葉、脚本川村花菱・松崎博臣、主演林長二郎・田中絹代 - 小間使お春
  • 『初恋と与太者』 : 監督野村浩将、原作一木歓、脚本柳井隆雄、主演磯野秋雄
  • 『青空に泣く』 : 監督成瀬巳喜男、脚本水島あやめ、主演菅原秀雄 - 姉・菊江
  • 『人柱四勇士』 : 監督佐々木康・佐々木恒次郎、原作・脚本池田忠雄、主演岩田祐吉
  • 『噫呼空閑少佐』 : 監督佐々木恒次郎・佐々木康、脚本荒牧芳郎、主演岩田祐吉・藤野秀夫

松竹下加茂撮影所[編集]

1933年
  • 初陣』 : 監督・原作・脚本冬島泰三、主演林長二郎
  • 『鴛鴦街道』 : 監督秋山耕作、原作湊邦三、脚本柳川真一、主演坂東好太郎 - 娘おさよ
1934年
  • 『虫のまゝに動く男』 : 監督河東与志、原作新堀尚平、脚本柳川真一、主演阪東橘之助
  • 『高原の虹』 : 監督星哲六、原作・脚本柳川真一、主演坂東好太郎
  • 『勝敗人斬賽』 : 監督星哲六、原作・脚本水門王吉、主演高田浩吉
  • 『冬木心中』 : 監督・脚本衣笠貞之助、原作額田六福、主演坂東好太郎 - 娘おきく
  • 相馬大作』 : 監督近藤勝彦、原作・脚本藤井滋司、主演尾上栄五郎
  • 『明星峠』 : 監督吉野栄作、原作桂川竜三、脚本中川信夫、主演市川右太衛門市川右太衛門プロダクション - 相手役
  • 『次郎吉格子』 : 監督大曾根辰夫、原作吉野栄作、脚本柳川真一、主演高田浩吉 - おきの
  • 『辻斬ざんげ』 : 監督二川文太郎、原作白道人、脚本日夏英太郎、主演高田浩吉
  • 『殴られた河内山』 : 監督・脚本衣笠貞之助、原作陸直次郎、主演市川右太衛門 - お浪
  • 『侠客曾我』 : 監督二川文太郎、原作三上於菟吉、脚本藤井滋司、主演林長二郎 - お磯
1935年

P.C.L.映画製作所[編集]

1935年
1936年
  • 『エノケンのどんぐり頓兵衛』 : 監督山本嘉次郎、原作波島貞、脚本江口又吉、主演榎本健一・二村定二 - 息女梢
  • 『歌ふ弥次喜多』 : 監督岡田敬・伏水修、脚本阪田英一、原作・主演古川緑波
  • 『これは失礼』 : 監督・脚本岡田敬、原作秋田実、主演花菱アチャコ横山エンタツ、製作提携吉本興業
  • 『君と行く路』 : 監督・脚本成瀬巳喜男、原作三宅由起子、主演大川平八郎 - 舞
  • 『おほべら棒』 : 監督・脚本岡田敬、原作江口又吉、主演藤原釜足 - 息子の女房
  • 『武士道朗らかなりし頃』 : 監督松井稔、原作徳川夢声、脚本八住利雄、主演柳家金語楼
1937年

東宝[編集]

1955年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 高尾光子、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年1月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優名鑑』、映画世界社、1934年、「高尾光子」の項。
  3. ^ アジア映画 - “豊穣と多様”東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年1月6日閲覧。
  4. ^ 杉田かおる『すれっからし』小学館文庫、1999年、p.67
  5. ^ 嵐の舞日本映画データベース、2010年1月6日閲覧。