高月毬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高月 毬子(たかつき まりこ、1944年5月22日 - )は、東京都練馬区出身の女優。本名は中島 澄(篠原 澄)。旧名は高 毬子(たか まりこ)[1]初瀬 百々代(はつせ ももよ)[1]。愛称は「オシノ」、「すみちゃん」。姉は女優の篠宮朝美。趣味日本舞踊

人物・来歴[編集]

富士見高等学校を卒業後、1960年宝塚音楽学校へ入学。宝塚歌劇団48期生。同期生には梓みちよ(入団せずに音楽学校時代に中退)がいる。1962年に『メイド・イン・ニッポン[1]』で宝塚歌劇団に入団し、2年目からは雪組に所属した。宝塚入団時の成績は75人中53位[1]1965年11月29日[1]に宝塚を退団。最終公演出演の演目は雪組公演『伊豆の頼朝/ゴールデン・シャドウ[1]である。

宝塚時代に出演した時代劇『剣は知っていた』(1965年)でヒロインを演じたのが縁となり、同年末[3]丹波哲郎の勧めで大映に入社する[4]。大映では、主に田宮二郎の相手役を多く演じた(例:『複雑な彼』の冴子)。

1968年に大映を去った後は加藤事務所や本間事務所などに所属し[2]、主に東映のドラマや映画に出演した。代表作は『プレイガール』の庭ルナ子。

1974年映画監督の中島芳人と結婚。

主な出演作品[編集]

映画 [編集]

  • 復讐の切り札(1966年)
  • 銭のとれる男(1966年) - 大田久美子 役
  • 三島由紀夫 複雑な彼(1966年) - 森田冴子 役
  • 貴様と俺(1966年) - 秋子 役
  • 野良犬(1966年) - 七宮道子 役
  • ラーメン大使(1967年) - 山川ユキ役
  • 毒薬の匂う女(1967年)
  • 怪談 蛇女(1968年)
  • ヒロシマの証人(1968年) - 安芸野康子 役
  • 夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース(1968年) - 照代 役
  • 謝国権「愛」より(秘)性と生活(1969年) - 浜三津子 役

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、64頁。ISBN 9784484146010。
  2. ^ a b c 「Pickup Interview 高毬子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、51頁。ISBN 978-4-8003-0209-0。
  3. ^ 『円谷プロSFドラマ大図鑑』のプロフィールでは「1966年」と記載している[2]
  4. ^ 『円谷プロSFドラマ大図鑑』の本人インタビューでは、丹波からは東映を勧められたが五社協定により契約できず、宝塚映画にいた元大映の人間の紹介で大映に行ったと述べている[2]

出典[編集]

  • 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報増刊12月31日号(キネマ旬報社、1980年)