高木英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
高木 英一
出生名 高木 英一
別名 高木 タマ
球事 喜八郎
生誕 (1953-03-15) 1953年3月15日(64歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 立教高等学校 卒業
ジャンル ロック
パンク・ロック
歌謡曲
職業 ミュージシャン歌手
担当楽器 ベース
活動期間 1972年 -
レーベル キングレコード
徳間ジャパン
事務所 アミューズ
近田春夫事務所
共同作業者 近田春夫
恒田義見
ザ・ぼんち
野元貴子

高木 英一(たかぎ えいいち、1953年3月15日 - )は、日本のミュージシャンである。近田春夫&ハルヲフォンのベーシストとして知られる。

人物・来歴[編集]

1953年(昭和28年)、東京都に生まれる。立教高等学校時代の同級生に高橋幸宏がいた[1]

1972年(昭和47年)、「ゲッセマネ」というバンドでベースを弾いていたが、高校の先輩の恒田義見に誘われ、近田春夫に説得され、ゲッセマネを辞めてハルヲフォン(のちの近田春夫&ハルヲフォン)に加入した[1]1975年(昭和50年)、ハルヲフォンの企画盤シングル『FUNKYダッコNo.1』でレコードデビューを果たす[2]。同バンドのメンバーとして、TBSテレビぎんざNOW!』に近田らとともにレギュラー出演、同時期である1977年10月に放送開始した『近田春夫のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にも、レギュラー出演し、『恋のグンギンナイト』などを近田と合唱していた[3]1978年(昭和53年)、ハルヲフォンのアルバム『電撃的東京』に収録された、山本リンダのカヴァー曲『きりきり舞い』でリードヴォーカルをとり、この曲は『きりきりまい』として、シングルカットされた[4]

1979年(昭和54年)、ハルヲフォンが解散になると、同年1月に解散したバンド・ガールズのイリア (奥野敦子)とバンドを組む[1]。バンド名はたまたまセッションバント、やがてイリアは近田から声をかけられ、同年8月、近田春夫&BEEFの結成に参加していく。高木は、翌1980年(昭和55年)、榊原郁恵のバックバンドのギタリスト山津とおる、ウガンダ・トラの実弟でドラマーの佐藤昭二と3人でスリーピースバンド「ストライク」というバンドを結成したが、半年ほどで活動を停止した。同年には、伊藤政則大貫憲章小倉エージ森直也音楽評論家たちが「Do it OURSELVES」を結成、キングレコードからアルバム『評論家ロック』を出すが、このとき、楽曲提供と演奏で参加した。

1981年(昭和56年)3月21日、近田がプロデュースするザ・ぼんちのセカンドシングル『ラヂオ - New Musicに耳を塞いで』のB面『噂のドンブリカンジョー』に作詞・作曲で参加した。また同年、イリアのいたガールズのリタ(野元貴子)の新バンドピンナップスのデビューシングルを近田がプロシュースしたが、デビューアルバム『ピンナップス』(Invitation)は高木がプロデュースした。

ピンナップス解散後の1983年(昭和58年)、野元と近田とともに3人で、スリーピースバンド「ゲートボール」を結成、シングル『スマートなゲートボール』と同名のアルバム『スマートなゲートボール』の2枚をリリースした。

2006年(平成18年)6月15日には、発掘されたライヴ音源を集めたCDアルバム『近田春夫&ハルヲフォンLIVE! 1975 - 77』がインディーズのCARAWAY RECORDSから発売され、それに先立つ同年4月29日 - 30日には、近田・恒田と3人で、近田春夫&ハルヲフォン・リローデッド名義で再結成、ライヴ活動を行った。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. FUNKYダッコNo.1 1975年発売 (キングレコード) - デビューシングル、「ハルヲフォン」名義
  2. シンデレラ 1976年7月発売 - 近田春夫&ハルヲフォン名義
  3. 恋のT.P.O. 1976年発売 - 近田春夫&ハルヲフォン名義
  4. ロキシーの夜 1977年8月21日発売 - A面近田春夫名義、B面近田春夫&ハルヲフォン名義 - ラストシングル
  5. きりきりまい 1978年発売 - 事実上の近田春夫&ハルヲフォン名義ラストシングル
  6. 恋のグンギン・ナイト 1979年発売予告 - 実現しなかった近田春夫&ハルヲフォン名義シングル
  7. ラヂオ - New Musicに耳を塞いで 1981年3月21日発売 - ザ・ぼんち、B面『噂のドンブリカンジョー』作詞・作曲
  8. スマートなゲートボール 1983年発売 (徳間ジャパン) - ゲートボール名義

アルバム[編集]

  1. COME ON LET'S GO 1976年6月21日発売 (キングレコード) - 近田春夫&ハルヲフォン名義、1989年10月21日2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  2. ハルヲフォン・レコード 1977年9月発売 (キングレコード) - 近田春夫&ハルヲフォン名義、1989年10月21日、2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  3. 電撃的東京 1978年6月21日発売 (キングレコード) - 近田春夫&ハルヲフォン名義、1989年3月21日1992年11月21日1995年11月22日、2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  4. 評論家ロック 1980年発売 (キングレコード) - Do it OURSELVES、楽曲提供と演奏
  5. ピンナップス 1981年発売 (Invitation) - ピンナップス、プロデュース
  6. スマートなゲートボール 1983年9月発売 (徳間ジャパン) - ゲートボール名義、1991年4月25日、CD再発売
  7. ハルヲフォン・メモリアル - 近田春夫&ハルヲフォン名義、未発表音源、1994年6月22日、CD発売 (キングレコード)
  8. 近田春夫&ハルヲフォンLIVE! 1975 - 77 - 近田春夫&ハルヲフォン名義、未発表ライヴ音源、2006年6月15日、CD発売 (CARAWAY RECORDS)
  9. リメンバー・グループ・サウンズ - 近田春夫&ハルヲフォン名義、1976年11月録音の未発表音源、一部『ハルヲフォン・メモリアル』に所収、2008年9月26日、CD発売 (キングレコード)

楽曲提供[編集]

  • ザ・ぼんち 『噂のドンブリカンジョー』『ザ・レクイエム』 - 作詞・作曲
  • Do it OURSELVES『ドリーム』(作詞大貫憲章・キャンディ田中)、『ビッグシティ』(作詞・作曲大貫憲章) - 作曲

フィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 恒田義見の公式ブログ「ROCK'N ROLL MY WAY」内の「ハルヲフォン誕生」(2008年12月14日付)の記述を参照。
  2. ^ FUNKYダッコNo.1」の項、および「近田春夫&ハルヲフォン」の項の記述を参照。
  3. ^ 近田春夫のオールナイトニッポン」の項の記述を参照。
  4. ^ きりきり舞い」の項の記述を参照。

関連項目[編集]