高松建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「髙松建設」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
髙松建設株式会社
TAKAMATSU CORPORATION
Takamatsu.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
532-0025
大阪府大阪市淀川区新北野1-2-3
設立 1980年11月4日(※1)
業種 建設業
事業内容 賃貸マンション、オフィスビル・複合商業ビル・工場・倉庫、医療・福祉・教育文化施設、一戸建住宅の企画・設計・施工
代表者 石田優(代表取締役社長)他
資本金 50億円
売上高 単体:301億55百万円(2013年3月期)
純資産 単体:115億10百万円(2013年3月)
総資産 単体:202億22百万円(2013年3月)
従業員数 単体:617名(2013年3月)
決算期 3月31日
主要株主 髙松コンストラクショングループ 100%
外部リンク www.takamatsu-const.co.jp/
特記事項:※1:創業は1917年10月。設立年月日は形式上の承継会社「日本内装」の発足日。
テンプレートを表示

髙松建設株式会社(たかまつけんせつ、英文商号:TAKAMATSU CORPORATION)は、日本の建設会社で、住宅・マンション比率が高い。髙松コンストラクショングループの中核企業の1社である。

建設会社であると共に、青木あすなろ建設や神社仏閣建築に強みを持つ現存する最古の企業金剛組青木マリーンみらい建設工業、JPホーム等を傘下に収める等、「髙松建設グループ」の中核企業としての位置づけであった。

2008年5月、髙松建設の本業部門と不動産事業を休眠会社であった株式会社日本内装(1980年11月設立)へ移管させて、髙松建設を持株会社へ移行させることが決定した。

2008年10月、日本内装が「髙松建設」、旧髙松建設は「髙松コンストラクショングループ」へと商号を変更して、新体制がスタートしている。

産経新聞の1面左端の広告でもお馴染みである。

スポンサー番組[編集]