高林由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たかばやし ゆきこ
高林 由紀子
別名義 林 千鶴
生年月日 1945年12月10日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 163 cm
ジャンル 女優
活動期間 1964年 -
活動内容 映画テレビドラマ舞台CM
所属劇団 演劇集団 円1975年 - )
事務所 円企画
公式サイト 公式プロフィール

高林 由紀子(たかばやし ゆきこ、1945年12月10日 - )は、日本女優である。東京都出身。演劇集団 円所属。

来歴・人物[編集]

東京都出身。実践女子学園高等学校卒業。

大映に入社し、林 千鶴の芸名で1964年に映画デビュー。しかし、演技の基礎を学び直すため、数本出演した後に大映を退社。1966年劇団雲の研究生となり、その後、劇団員に昇格。

1975年演劇集団 円創立に参加。舞台出演のほか、母親役などでテレビドラマ昼ドラにも多く出演した。また、海外ドラマチャーリーズ・エンジェル』では、主人公のひとり・サブリナの吹き替えも担当していた。

出演[編集]

映画[編集]

  • 座頭市地獄旅(1965年、大映

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティー番組[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

関連項目[編集]