吉田昌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
高柳 昌子
Shoko Takayanagi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-09-13) 1954年9月13日(62歳)
出身地 大分県
ラテン文字 Shoko Takayanagi
身長 171cm
体重 63kg
血液型 O型
選手情報
愛称 タカ
ポジション 補助アタッカー
利き手
 
獲得メダル
オリンピック
1976 女子
世界選手権
1978 女子バレーボール
ワールドカップ
1977 女子バレーボール
テンプレートを表示

吉田 昌子(よしだ しょうこ、旧姓:高柳、1954年9月13日 - )は、大分県出身の元バレーボール選手で現在は指導者。

1976年モントリオールオリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

中津南高校時の1972年、エースを務めた第3回春の高校バレーで優勝。卒業後、日立武蔵(当時)に入団。

1976年、全日本メンバーに選出され、モントリオールオリンピックにおいて金メダルを獲得した。日本リーグでも2年連続でベスト6賞を獲得。

現役引退後は、2001年から2008年まで柏エンゼルクロスで監督を務め、後進の指導にあたった。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
中津南高校日立(1973 - 1979年)

関連項目[編集]