高田万由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「髙田万由子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
たかた まゆこ
髙田 万由子
本名 髙田 万由子
生年月日 (1971-01-05) 1971年1月5日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ広告バラエティ番組
活動期間 1991年 -
配偶者 葉加瀬太郎(1999年3月 - )
著名な家族 北岡正見(祖父)[1]

髙田 万由子(たかた まゆこ、1971年1月5日 - )は、日本の女優タレントである。本名同じ。東京都出身。研音所属。夫は音楽家の葉加瀬太郎で1男1女の子の母親でもある。婿養子のため、髙田は改姓していない。イギリス(ロンドン)在住。名字の「たかた」は、新字体の「田万由子」と表記される事もあるが、「はしごだか」の「髙田万由子」が正式な表記である。

人物[編集]

東京都港区三田の生まれ[2]。1976年4月、愛育幼稚園に入園[2]。泣いている子どもがいると「泣かないで」とハンカチを持って慰めるなど[2]、やさしい性格から先生によくかわいがられた[2]。父方の祖母が白百合学園出身だったため[2]、1977年4月白百合学園小学校に入学[2]。白百合では小学校4年生からフランス語を学んだ[2]白百合学園中学校を経て[3]白百合学園高等学校に進むが[2]、その間スイスのボーディングスクールル・ロゼ)に1年間留学する[2]。白百合では退学しないと留学が認められないため[2]、高田は一度退学し[2]、編入試験を受けて白百合の2年生に復学している[2]。1990年4月、後期試験に合格し東京大学文科三類に入学(インタークラス2組に配属)[2]。1994年3月、東京大学文学部西洋史学科を卒業した[2]。一人っ子。

東京大学在学中に篠山紀信の『週刊朝日』(1991年7月26日号)「紀信の女子大生シリーズ」表紙モデルに起用されるのをきっかけに、ミノルタの広告に起用される。この、篠山紀信の週刊朝日表紙モデルからミノルタ広告出演は宮崎美子デビューの経緯と同じである。1993年12月ビーイング系から黒澤摩璃子、瀬木佑未子とともに『Beaches』の一員として『今すぐ夏へ連れ去って』(B-VAP)でCDデビュー。そのほかセカンド・シングル『真夏のBOYS&GIRLS』ミニアルバム『Beaches』を発売。フジテレビ系番組「たけし・逸見の平成教育委員会」レギュラー出演が、テレビデビューとなる。

1999年3月ヴァイオリニストの葉加瀬太郎と結婚。同年7月第1子(長女)出産。2006年8月第2子(長男)出産。長女は、東日本大震災後、セント・ヴィーダスト・フォレスター・レーン教会英語版[4]において復興祈願のチャリティーコンサートを行った。

特技は乗馬とフランス語で、フジテレビ系のとんねるずのバラエティー番組が主催した馬術大会にも出場した。高田家は、明治時代に武器・機械商として財を成し「明治三大貿易商之一」とまでいわれた高田商会高田慎蔵の末裔で、万由子の祖母も東京都港区虎ノ門に時価200億円ともいわれる大正時代の豪邸を所有していた。万由子も一時期、この邸宅で起居していたが、建物は2002年に解体され、跡地は虎ノ門タワーズオフィスになっている。

出演[編集]

ドラマ[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

音楽番組[編集]

映画[編集]

ゴト師株式会社2 ゴト師 VS ゴト師(1994年、松竹)

舞台[編集]

広告[編集]

書籍[編集]

単著[編集]

  • 『サクラサク。―わたしの東大合格物語』(2000年5月)ビジネス社、ISBN 978-4828408699
  • 『私の人生 たかたま道―ミーハー学のススメ』(2000年7月)音楽専科社、ISBN 978-4872790399
  • 『高田万由子のおしゃれな秋冬ニット―素敵なニット&使いやすい小物30点掲載』レディブティックシリーズ (1939)(2002年9月)ブティック社、ISBN 978-4834719390
  • 『高田万由子の愛いっぱいの贈り物レシピ―大切な人が喜ぶごちそうをプレゼント』(2005年3月)ソニーマガジンズ、ISBN 978-4789724975
  • 『東大ママ、高田万由子の家族がもっと幸せになる24のヒント』(2005年12月)祥伝社、ISBN 978-4396410872

共著[編集]

  • こわせたまみ、冨永佳与子、高田ひまり『CDできく童謡よみきかせ絵本〈2〉』(2007年7月)成美堂出版、ISBN 978-4415302003

翻訳[編集]

  • フロランス・グラジア、イザベル・シャルリー『ワニのアリステール』(2004年3月)アシェット婦人画報社、ISBN 978-4573062184
  • フロランス・グラジア、イザベル・シャルリー『ルーシーとえがおの歯医者さん〜ワニのアリステール』(2004年9月)アシェット婦人画報社、ISBN 978-4573062191
  • フロランス・グラジア、イザベル・シャルリー『ルーシーと宝探しの旅〜ワニのアリステール』(2004年12月)アシェット婦人画報社、ISBN 978-4573062207
  • スージー・モーゲンスタン、マリー・ドゥ・サール『ド・レ・ミ わたしの バイオリン』《講談社の翻訳絵本》(2009年4月21日)講談社、ISBN 978-4062830157

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 系図でみる近現代 第44回
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大下英治『女たちの東京大学 仕事、恋、人生-才媛たちの挑戦』PHP研究所、1993、「高田万由子」
  3. ^ 女優の木村多江と同級生。
  4. ^ : St.Vedast Church Forest Lane