高見恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
たかみ きょうこ
高見 恭子
本名 馳 恭子
別名義 高間 恭子(旧芸名)
生年月日 (1959-01-05) 1959年1月5日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 170cm
血液型 AB型
職業 タレントエッセイスト
配偶者 馳浩

高見 恭子(たかみ きょうこ、1959年[要検証 ][1]1月5日 - )は、日本タレントエッセイストである。本名:馳 恭子、旧姓:高間、旧々姓:小野田。株式会社ワタナベエンターテインメント所属。血液型はAB型。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1959年、作家高見順(本名:高間芳雄)と、その愛人小野田房子(高見の小説『生命の樹』に登場するホステスのモデル)との非嫡出子として、東京都渋谷区千駄ヶ谷に生まれる[2]。出生名は「小野田恭子」だった。

5歳の時の1965年8月4日、高見順の養女として高間家の籍に入り、「高間恭子」となった[2]。父・高見順は同年8月17日に病死した。

14歳の時に、雑誌『MC SISTER』のモデルとして、「高間恭子」の名でデビュー。高校卒業まで、高見順の未亡人から養育費を受けて育った。

職歴[編集]

その後、テレビタレントとして多数の番組に出演するようになり、芸名を「高見 恭子」に変えている。現在、「Cat in the closet」というブランドを立ち上げている。

私生活[編集]

最初の結婚は1ヶ月強で破綻したが、1994年に当時プロレスラー(2006年に引退)で現在衆議院議員である3歳年下(満年齢としては2歳)の馳浩と再婚、2011現在の本名は馳 恭子となる。一女:鈴音(りおん)の母。

2015年、「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2015」を馳とともに受賞[3]

その他[編集]

1970年代の少女漫画などのいわゆる"乙女系"の作品をこよなく愛し、「BSマンガ夜話」などでとても熱く語っている。家では娘を巻き込んで少女漫画・アニメに熱中している。また韓流ドラマ好きでも知られ、「SmaSTATION!!」での韓国ツアーでは熱狂的なファンぶりを見せた。また、2006年9月の放送のワンナイでは、パク・ヨンハと共演、感動のあまり号泣していた。

家族・親族[編集]

阪本瑞男外交官[5]
阪本越郎詩人ドイツ文学者[5]
永井荷風(作家)[7]
荷風は叔父の阪本釤之助から、絶縁されていた。荷風は釤之助の庶子高見順(高見恭子の父)が従弟と承知していたが、わざと敬遠した[8]
小鳩くるみ童謡歌手[7]

系図[編集]

 
 
鷲津蓉裳
 
(氏名不明)
 
(氏名不明)
 
小鳩くるみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷲津毅堂
 
 
 
永井荷風
 
永井永光
 
永井壮一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷲津貞二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井久一郎
 
 
永井威三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井匡威
 
 
永井松右衛門
 
永井松三
 
永井邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西徳二郎
 
西竹一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西泰徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川村鉄太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
艶子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪本瑞男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪本釤之助
 
 
阪本越郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井佐々吉
 
 
古井喜実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馳浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小野田房子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高見恭子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高見順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島成友
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島久満次
 
杵屋五叟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井永光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井銉次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井頑頡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

[編集]

CM[編集]

他多数。

著書[編集]

  • 『ボーイフレンド』ぴいぷる社 1988
  • 『ブルー』マガジンハウス 1989
  • 『ウォーク 私の足だけ愛して』扶桑社 1990 のち文庫
  • 『カレンダー』光文社 1990 のち光文社文庫(恋愛小説集 の副題)
  • 『2:02: あらかじめ失っていた時間』メディアファクトリー 1990
  • 『ノーワン・ノーラブ』リクルート出版 1990 のち光文社文庫
  • 『クールオアムーン』世界文化社 1991 のち福武文庫
  • 『She loves him?』光文社 1992 のち文庫
  • 『私は恋愛と悲しみの境を知らない』世界文化社 1993 のち扶桑社文庫
  • 『恋の欲望』扶桑社文庫、1994
  • 『ミナ』扶桑社エンターテイメント 1994
  • 『わたしと結婚しなかった男性』マガジンハウス 1994
  • 『ハンドレッドコレクション』三浦憲治 写真 風雅書房 1995
  • 『あなたの「きれい」を見つける5週間レッスン』成美文庫 2001
  • 『マザーズ・ライフスタイル あなたの今いる優しい場所』PHP研究所 2001
  • 『おしゃれ生活ルール シンプル、すっきり、快適な暮らし』ベストセラーズ 2002
  • 『間違えずにうたえる歌をおぼえなさい 母から娘へ伝える美しい生き方のマナー』ダイヤモンド社 2003
  • 『もっと「自分を好き」になる本』成美文庫 2004
  • 『恋愛より楽しいことがあるなら教えて』グラフ社 2005

翻訳[編集]

  • カレン・サルマンソン、アリソン・シーファー『あなたの恋人を21日間で躾る方法』扶桑社 1994
  • ジェラルド・G.ジャンポルスキー『癒しとやすらぎのミニ・コース』春秋社 1995
  • ジェニファー・ジェームズ『ブルーにこんがらがって』TOKYO FM出版 1996
  • ジェニファー・ジェームズ『ディープ・ブルーにこんがらがって』TOKYO FM出版 1997
  • ブライアン・キルコモンズ、セーラ・ウィルソン 共著『猫に尊敬される飼い主になる 愛し方、しつけ方の完全ガイドブック』PHP研究所 1998
  • ホナー・ヘッド著 ヘレン・デニス監修『愛猫の気持ちになれる本 猫からの101の質問』小学館 2000

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 猫を償うに猫をもってせよ 2013-09-12 高見順の子供によると、高見順の関連資料では1958年生まれとなっているという。
  2. ^ a b c d 『日本の有名一族』、86-88頁。
  3. ^ 藤井隆&乙葉、結婚10年も“愛変わらず”「この人でよかった」 理想の夫婦に選出”. ORICON STYLE (2015年11月10日). 2015年11月11日閲覧。
  4. ^ 『人事興信録. 7版』(大正14年)さ九三
  5. ^ a b c 『日本の有名一族』、86-87頁。
  6. ^ 『日本の有名一族』、87頁。
  7. ^ a b 『日本の有名一族』、85-88頁。
  8. ^ 『断腸亭日乗』1940年6月16日。

関連項目[編集]