鳳啓助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおとり けいすけ
鳳 啓助
本名 小田 啓三
別名義 志織 慶太(脚本家としての名義)
生年月日 (1923-03-16) 1923年3月16日
没年月日 (1994-08-08) 1994年8月8日(満71歳没)
出生地 大阪府大阪市
死没地 静岡県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫才師俳優
ジャンル 漫才テレビドラマ映画
活動期間 1956年 - 1994年
配偶者 京唄子(元夫人)
主な作品
唄子・啓助のおもろい夫婦』(司会)など

鳳 啓助(おおとり けいすけ、本名:小田 啓三1923年3月16日 - 1994年8月8日)は、日本の俳優漫才師大阪府大阪市出身。

来歴・人物[編集]

父は剣戟俳優の梅林良雄で3歳の時に祖父の劇団で子役デビュー、1956年京唄子とコンビ「唄子・啓助」を結成。お馴染みの挨拶である「エーッ、鳳啓助でございます」や「ポテチン」、「あら、言いそこ間違いよ」、「君の事は忘れようにも思いだせない」などのギャグで人気を博した。

その後、2度の結婚、「志織慶太」の名で脚本家としても活動。漫才師の活動以外では、俳優として多数の映画に出演。テレビでは『お笑いスター誕生!!』に審査員として出演。

1994年8月8日、上顎洞癌のリンパ節転移により死去。71歳没。1991年にがんが見つかり、医師から手術を勧められるが「顔を切らないと手術が出来ない」との説明に対して、「顔は芸人の看板」と主張、民間療法、自然療法などに頼り、一切の延命治療を拒否した。

受賞[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • めくら狼(1963年)
  • 間諜(1964年)
  • 博徒対テキ屋(1964年)
  • 続 浪曲子守唄(1967年) - お福の夫
  • 幕末 てなもんや大騒動(1967年)
  • 座頭市牢破り(1967年)
  • 若親分を消せ(1967年)
  • 女賭博師みだれ壷(1968年)
  • 女賭博師絶縁状(1968年)
  • 悪名十八番(1968年)
  • 女賭博師尼寺開帳(1968年)
  • 河内フーテン族(1968年)
  • 逆転旅行(1969年)
  • あなた好みの(1969年)
  • 不良番長 どぶ鼠作戦(1969年)
  • 用心棒兇状旅(1969年)
  • 喜劇 女もつらいわ(1970年)
  • 裸でだっこ(1970年)
  • 人斬り観音唄(1970年)
  • ハレンチ学園 タックルキッスの巻(1970年)
  • 緋牡丹博徒 お竜参上(1970年)
  • トルコ風呂王将戦(1971年)
  • 女番長ゲリラ(1972年)
  • 男の子守唄(1972年)
  • 女の泣きどころ(1975年)
  • トラック野郎・天下御免(1976年)
  • マンザイ太閤記(1981年)
  • ダンプ渡り鳥(1981年)
  • じゃりン子チエ(1981年)
  • ゴキブリたちの黄昏(1987年)

テレビ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 「鳳啓助のポテチン闘病記」(鳳ハマ子、毎日新聞社

レコード[編集]

  • 「ポテチンワルツ」
  • 「大阪ごころ」

エピソード[編集]

漫才について[編集]

1956年京唄子とコンビを結成。女性上位のしゃべくり漫才で、唄子が啓助に「このエロガッパ!」とツッコミを入れるのと、啓助が唄子に「わー大きな口に吸い込まれるぅ」と言って体を唄子に寄せる定番ギャグがあった。ネタはすべて啓助が作り、唄子は啓助の演出に従っていた。
所属事務所は当初上方芸能であり、うめだ花月角座に出演していたが、のちに千土地興行に移籍して千日劇場を本拠とし、同劇場での舞台中継(読売テレビ)も放送された。1966年娯楽観光に移籍して事実上フリーになり、東京でも活動するようになる。
1970年に唄啓劇団を旗揚げして俳優活動に軸足を移し、以降は漫才活動を控えていたが、啓助の死まで正式な解散宣言はしていなかった。

その他[編集]

弟子[編集]

直弟子[編集]

  • 鳳らん太・ゆう太(らん太は現在猿まわしで活躍中。ゆう太は1975年に失踪)
  • 鳳みい子(ゆう太失踪後にらん太が組んだ相手)
  • 鳳キング・ポーカー(キングは後にトリプルパンチを結成。)
  • 桃山こうた(漫談

孫弟子[編集]

  • 峯山ゆり(らん太の弟子)