鶴田さやか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

鶴田 さやか(つるた さやか、1960年9月19日 - )は、日本女優。本名、小野 さやか。旧芸名、里見奈保小野さやか。旧芸名と同名である元AV女優の里見奈保は別人。

身長156cm、体重43kg、B82・W58・H87、O型

人物・略歴[編集]

往年の大スター、鶴田浩二の三女として東京都に生まれる[1]白百合学園高等学校卒業。

石井ふく子がプロデュースしたテレビドラマ『家族』でデビュー[1]。『渡る世間は鬼ばかり』『義経』『遠山の金さん』『水戸黄門 第20部』『大岡越前 第13部』『必殺仕事人・激突!』『暴れん坊将軍』等のテレビドラマに出演[1]。『修羅の群れ』『連合艦隊』『激動の1750日』『首領への道』『機関車先生』等の映画や『瞼の母』『お蔦主税』『蛍〜お登勢と龍馬』『長崎ぶらぶら節』等の舞台にも出演[1]森進一細川たかし島倉千代子小林幸子里見浩太朗山川豊鳥羽一郎香西かおり川中美幸石川さゆりコロッケ等の歌手の公演にもゲスト出演している[1]

歌手としてはソロでCD『涙の宝石』(ビクター)をリリースしている[1]。父・鶴田浩二の楽曲『好きだった』『赤と黒のブルース』を最新技術により浩二とのデュエットという形で収録[1]。他、多くの歌手とデュエットによりCDをリリースしている[1]

ザ・プリンスホテルパークタワー東京メロディーライン、目黒雅叙園銀座東武ホテル、大阪帝国ホテル全日空ホテル東京、六本木バードランド赤坂プリンスホテル、クラブアージュ等でディナーショーを開催[1]

おもな出演作[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

映画[編集]

舞台[編集]

著書[編集]

  • 『父・鶴田浩二の影法師 末娘が綴った銀幕スタアの真実』マガジンハウス 2000

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]