鹿沼絵里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

鹿沼 絵里(かぬま えり、1952年12月1日 - 、本名:古尾谷登志江(ふるおや としえ)、旧姓"菅沼")は、日本女優。旧芸名は鹿沼えり。夫は俳優古尾谷雅人

人物[編集]

身長=161センチ。

趣味=旅行。

特技=スキューバーダイビング。

長所=人見知りしない、人の話を聞くのが好き。

短所=思い立ったらすぐしないと気がすまない。

ペット=犬(プードル、チワワ)、カメ。

女優・大原麗子は親友で、ドラマで共演したのをきっかけに仲良くなった。鹿沼と古尾谷雅人の結婚式では、大原麗子・森進一夫妻が媒酌人を務めた。のちに鹿沼は大原麗子からマネージャーになってほしいと頼まれたが、当時鹿沼は夫・古尾谷から家庭内暴力を受けていて、精神的な余裕がなかったため、大原の要望を断ったという。[1]

東京都出身。精華学園高等部在学中にスカウトされ、TVドラマ『太陽にほえろ!』でデビュー。東映東宝ATGなど映画でも活動。[2]

秘密戦隊ゴレンジャー』での、007(ゴレンジャーを補佐するイーグル女性隊員)役で注目された後、日活ロマンポルノ時には娼婦のように』で主役級に抜擢された。以後、1970年代後半から1980年代初めにかけて、日活を代表するポルノ女優の一人として活躍した。鹿沼のファンの多くは、このポルノ女優時代のファンである。

1982年、共演者だった5歳年下の古尾谷雅人と30歳で結婚し、女優を引退した(のち復帰)。

一般映画の代表作としては、若松孝二監督作品の『聖母観音大菩薩』(1977年、主演・松田英子)などがある。

古尾谷との結婚生活では、古尾谷が自分の嫌いな役を断り仕事を選んだため、仕事の依頼が徐々になくなり、東京都内に1億4500万円で購入した高級マンションのローンの返済(毎月100万円)が、滞るようになってしまった。住民税の支払いまで滞納するようになり、古尾谷は物に当たったり昼間から酒に浸ったりした挙句、家族に暴力をふるうようになった。[3]

特に妻・鹿沼へのDV(家庭内暴力)は凄まじく、日常的に行われていたという。〝女優の命”である顔を何度も殴られて、絨毯に血が垂れるほどの大量の鼻血を流し、全治5ヶ月の大怪我を負った。また、古尾谷から殴る蹴るの暴行を受け、肋骨を骨折したこともある。しかし、それでも鹿沼はひたすら耐え続け、古尾谷を警察に訴えることはしなかった。

古尾谷は芸能事務所の経営にも失敗し、借金は最終的に3億円にまで膨らんだ。

夫の借金を返済するために、「元女優」としてのプライドをかなぐり捨てて、スナックでアルバイトをしていたことがある。

1998年、45歳でホームヘルパー1級の資格を取り、介護ヘルパーとして働き始めた。

2003年3月、45歳の古尾谷が自宅寝室で首をつって自殺し、鹿沼は古尾谷が残した借金を引き継ぐことになった。

悲劇は続き、古尾谷の死後、鹿沼の母が骨粗しょう症を患った末に農薬を飲んで自殺し、一命をとりとめたものの一年後に死亡。母の死後、父も後追い自殺をして死んでしまった。

2004年、夫の一周忌に手記『最後のキス』を出版した。

2006年、東京・神楽坂にカラオケパブ「ルパン反省」をオープンさせたが、リーマンショック後から客が少なくなり、2010年に閉店した。

2015年4月、62歳の鹿沼はネット上で近況を報告し、ホームヘルパーの資格を生かし、週5回・朝7時から夕方6時まで、二つの老人介護施設で契約社員として働いていることを明かした。契約社員とは言っても、待遇はアルバイト待遇だという。自宅マンションのローンは完済したが、夫が芸能事務所をやっていたときの借金がまだ残っているという。

東京都内の賃貸マンションで、息子・娘と3人で暮らしている。

息子の高藤疾土は元俳優で、ファミリーレストランでアルバイトをしている。娘の水野快令は元モデルで、ジュエリー関係の仕事をしている。

出演[編集]

映画[編集]

  • 実録・安藤組 襲撃篇 (1973年)
  • 爆発! 暴走遊戯 (1976年、東映東京) - 魔子
  • 秘密戦隊ゴレンジャー 爆弾ハリケーン (1976年、東映東京) - 加藤陽子
  • 歌麿 夢と知りせば (1977年、太陽社) - お美代
  • 俺の空 (1977年、東宝=東京ムービー新社) - 白川先生
  • 聖母観音大菩薩(1977年、若松プロ=ATG) - 若い女
  • 時には娼婦のように (1978年、にっかつ) - マコ
  • 肉の標的 奪う!! (1979年、にっかつ) - 上条由美
  • 天使のはらわた 名美(1979年、にっかつ) - 土屋名美
  • 宇能鴻一郎の女体育教師 (1979年、にっかつ) - あたし
  • エロス学園 発情時代 (1979年、にっかつ) - 三原圭子
  • 団地妻 肉欲の陶酔 (1979年、にっかつ) - 岡妙子
  • 修道女 黒衣の中のうずき (1980年、にっかつ) - 神野雪
  • スケバンマフィア 肉刑 リンチ (1980年、にっかつ) - サチ子
  • 朝はダメよ!(1980年、にっかつ) - 美希
  • 看護婦日記 わいせつなカルテ (1980年、にっかつ) - 由香
  • 宇能鴻一郎の浮気日記 (1980年、にっかつ) - 金井ゆり子
  • 女教師 汚れた放課後(1981年、にっかつ) - 野本トモ子
  • ヨコハマBJブルース (1981年、東映セントラルフィルム) - 林ミドリ
  • 好色花でんしゃ (1981年、ピンクリボン賞映画製作実行委員会) - 都築丸子
  • 真夜中の招待状(1981年、松竹) - 原田里江
  • 遠雷 (1981年、ATG=にっかつ撮影所=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) - 和田敏江
  • 逃がれの街 (1983年、日本テレビ=田中プロ) - 焼鳥屋のおばさん
  • チ・ン・ピ・ラ (1984年、東宝) - ビビ
  • 想い出のアン(1984年、共同映画) - 新村令子
  • 800 TWO LAP RUNNERS (1994年、サントリー=ポニーキャニオン=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) - 中沢淑子
  • いちご同盟 (1997年、トライアーツ) - 上原美子
  • 生霊 いきすだま IKISUDAMA(2001年、東映) - 吉野光江
  • 不灯港(2009年、内藤隆嗣監督)

オリジナルビデオ[編集]

  • ナンパ屋★KEN (1995年、東映ビデオ)
  • かげろう 俊のヤクザな毎日 (1997年、ケイエスエス=ケイエスエス販売)
  • 男たちの墓標 事件屋稼業(2000年、ミュージアム)

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

著書[編集]

  • 『最期のキス』(2004年、講談社

脚注[編集]

  1. ^ 有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”
  2. ^ [映画の友_1979年_4月号]
  3. ^ 故古尾谷さん妻 DVと借金3億円告白