鹿野武左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

鹿野 武左衛門(しかの ぶざえもん、1649年慶安2年) - 1699年9月6日元禄12年8月13日))は、江戸時代前期の落語家。江戸落語の祖、大坂難波の出身とも京の出身とも、本名は安次郎?、江戸に出て堺町や長谷川町で塗師をしていた、一方芝居小屋や風呂屋で身振り手振りでおもしろおかしく聴かせる「座敷仕方咄」を始めた。

当時1693年(元禄6年)コレラが流行し1万数千人以上が死亡した、南天と梅干の実が良く効くという風評が広がり、めぐりめぐって鹿野はこの事件に連座して召し捕られ大島に流罪(島流し)になる。

現在の「武助馬」を演じていたとされる。

その後落語の世界では文化年間に初代 林家正蔵が2代目として鹿野武左衛門の名跡を継ぎ、大正期には4代目 柳亭左楽門下の柳家燕花(松本金太郎)が鹿野武左衛門を名乗った。

出典[編集]

関連項目[編集]