麦人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
むぎひと
麦人
プロフィール
本名 寺田 誠
(てらだ まこと)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都武蔵野市
生年月日 (1944-08-08) 1944年8月8日(72歳)
血液型 A型
職業 俳優声優
事務所 じゃがいも村村長(代表)
公式サイト 麦人オフィシャルホームページ
声優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル アニメ、ゲーム、吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1950年代 -
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

麦人(むぎひと、1944年8月8日 - )は、日本俳優声優ナレーター。個人事務所であるじゃがいも村村長(代表)。

本名及び旧名義は寺田 誠(てらだ まこと)[1]。その他の旧名義は大前田 伝天地 麦人

来歴・人物[編集]

東京都武蔵野市出身。芸能一家の出身である。父は女形の歌舞伎俳優5代目嵐芳三郎で、兄は前進座の俳優で父同様の女形だった6代目嵐芳三郎嵐圭史。姉は文学座所属女優寺田路恵。妹はシャンソン歌手の広瀬節子。NHK大河ドラマにも出演した前進座の俳優嵐芳三郎 (7代目)は甥である。

デビュー当初はテレビドラマに出演するなど俳優として活動。1960年代後半からは声優としても活動を始める。『001/7親指トム』のジェフ・ブリッジス役が初レギュラーだが、これ以降で基本的に声優としての仕事は少なく、本格的に声優活動を行い始めたのは80年代に入ってからである。主に海外作品の吹き替えを担当することが多いが、アニメやナレーションでも活動している。

声優としては『新スタートレック』シリーズ(TNG)のジャン=リュック・ピカード艦長の吹替(2代目)が特に有名。TNGでは当初(1st&2ndシーズン)吉水慶がピカードの吹替を担当していたが、2ndシーズン吹替終了後に家業を継ぐために降板、後任として3rdシーズンから登板することになった。また、その後に吹替版が制作されたパイロット作品、2ndシーズン以前のエピソードの追加収録部でもピカードの吹替を担当。後任として起用される前は悪役のゲストキャラで出演したこともある。以降は、ピカードを演じたパトリック・スチュワートを持ち役としている。また、実の姉の寺田路恵とは海外ドラマ名探偵ポワロ ゴルフ場殺人事件で共演している(麦人はポール・ルノー役、寺田路恵はエロイーズ・ルノー役で夫婦役であった)。突然のオファーだったため、役を受けた時点では『スタートレック』が『宇宙大作戦』の流れをくむ作品だとは知らず、後からそのことを知った。3代目を演じるにあたって、2代目の吉水が担当した回を参考のために観るか問われたが、「僕は僕のピカードをつくらせてもらいたい。やっていく中で自分なりのピカードがつくれればいい」との意向で、一切観なかった。ピカード役は「年齢的なものも含めて役の幅を広げるチャンス」だと感じ、「もう一度、自分の楽なトーンでしゃべれる表現、声でやっていこうとははっきり自覚した」と語っており、声を作らずに自分の一番楽な声でピカードの役を作ったとのこと。ピカード役のパトリック・スチュワートを「ナチュラルな芝居も振幅のある芝居も両方できるうまい人」と評し、声をあてながら随分勉強させてもらい、今の自分の仕事にも通じる大きな財産となり、自分が声優として一番ありがたかったことと語っている[2]

アニメでは、悪役や権力者役を担当する機会が多い。新房昭之監督作品の常連でもある。本人も「悪役は大好き」と公言しており、声の業界に入ったときは二枚目もやってたが、「今後長い人生、これで飯を食っていくことになるとキャラクターをもっと増やしていかなきゃいけない」「悪役は必ず大体出てくるから、悪役の声を少し研究して使ってもらう」と思うようなり、悪役で活躍していた人達を模倣し声をわざと潰してセリフを言う訓練をしたとのこと。その後、機会があってその声を使ったら、そのディレクターからは悪役ばかり来るようになってそれが定着すると、他からも悪役のオファーが来るようになり悪役一色で、逆に二枚目役がなくしまったと語っている[2]

ナレーションでは淡々とした語りが基本だが、『ネギま!?』では弾けた語り口も披露する。『ぱにぽにだっしゅ!』クランクアップの時に高校での思い出を聞かれたとき、「私は中卒ですが」と答えた。その一方で若手の女性声優が多かった同作品の収録を楽しみにしていたという。また、同作品では『スタートレック』のパロディも演じていた。

また、独演劇の俳優としても知られている。1998年に独演・舞台活動の拠点として個人事務所の独歩(どっぽ)を設立し、その3年後にアニメ『グラップラー刃牙』にて愚地独歩役を演じるが、全くの偶然である。

所属歴は、劇団民藝→人間プロダクション→青二プロダクションぷろだくしょんバオバブメディアフォースベストポジション

2012年から、「語り」「公演」を中心とした多目的フリーレンタルスペース『じゃがいも村』の村長として、その運営を担っている。2015年4月より、ベストポジションを退所し、『じゃがいも村』の俳優・声優マネージメント部門を設立したが[3]、2016年8月末日をもって解散[4]。『じゃがいも村』は麦人の個人事務所として継続している。

『麦人』という芸名の由来は、単に「麦」という字と語感が好きであるからと、自身のホームページに記載していた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

全て「寺田誠」名義

映画[編集]

全て「寺田誠」名義
  • (1957年)安田善助 役
  • 何もかも狂ってやがる(1962年)細田淳 役
  • 煙の王様(1963年)石田次郎 役
  • 独立機関銃隊未だ射撃中(1963年)白井春男二等兵 役
  • 出撃(1964年)井谷軍曹 役
  • 続 キューポラのある街 未成年(1965年)崔一郎 役
  • 証人の椅子(1965年)柳原正夫 役
  • 黒部の太陽(1968年)与一郎 役
  • 地の群れ(1970年)信夫 役
  • 軍旗はためく下に(1972年)小針一等兵 役
  • 小林多喜二(1974年)島田正策 役
  • 仁義なき戦い 完結篇(1974年)清元忠 役

テレビアニメ[編集]

1967年
1976年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
  • シティーハンター2(赤猿)
  • ビリ犬(男)
1989年
1990年
1991年
  • 美味しんぼ(喜山徹平)
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

劇場アニメ[編集]

1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1986年
1997年
2002年
2006年
2007年
2008年
2009年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年

OVA[編集]

1988年
1989年
  • うる星やつら 電気仕掛けの御庭番(面堂の父)
  • うる星やつら ヤギさんとチーズ(面堂の父)
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2003年
  • 紺碧の艦隊(劉邦)
2006年
2008年
2009年

Webアニメ[編集]

2008年
2015年

ゲーム[編集]

1996年
1997年
1998年
  • 時空探偵DD2 叛逆のアプサラル(ブリック・ヒッズ)
  • ゼノギアス(リカルド・バンデラス(リコ)、グラーフ、ウォン・カーン)
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
  • イレギュラーハンターXシグマ
  • 宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲(カザン
  • 宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊(カザン)
  • スーパーロボット大戦MX ポータブル(キラル・メキレル)
  • ロックマンX8シグマ、VAVA.V)
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ウィリアム・フォーサイス
ウェス・ステュディ
デルロイ・リンドー
パトリック・スチュワート
ピート・ポスルスウェイト
ヘクター・エリゾンド
ベン・キングズレー
マイケル・アイアンサイド
ランス・ヘンリクセン
ロバート・デヴィ

海外映画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

1974年
1976年
2015年

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年8月。ISBN 978-4-41-500878-3。
  2. ^ a b 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : スタートレックシリーズ 歴代艦長声優対談 2014年10月10日閲覧
  3. ^ 《じゃがいも村》 ― 声と役者の事務所 ― 発足! | 麦人《一期一会》
  4. ^ ホーム”. 《じゃがいも村》. 2016年9月3日閲覧。
  5. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  6. ^ いじわるばあさん”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  7. ^ タイガアドベンチャー”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  8. ^ 月詠 MOON PHASE”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  9. ^ バジリスク 〜甲賀忍法帖〜”. GONZO公式サイト. 2016年7月1日閲覧。
  10. ^ 少年陰陽師”. メディア芸術データベース. 2017年3月19日閲覧。
  11. ^ 奏光のストレイン”. メディア芸術データベース. 2016年9月7日閲覧。
  12. ^ 喰霊―零―”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  13. ^ 織田信奈の野望”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  14. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2012年2月6日閲覧。
  15. ^ EPISODE09”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年3月1日閲覧。
  16. ^ 夏アニメ『東京ESP』が、7月11日よりTOKYO MX他にて放送決定! 主人公・漆葉リンカ役に木戸衣吹さんが決定&新着情報を大公開!”. アニメイトTV. 2014年6月2日閲覧。
  17. ^ Staff & Cast”. TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE!」公式ホームページ. 2014年11月29日閲覧。
  18. ^ Character”. 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ. 2016年3月10日閲覧。
  19. ^ CAST”. TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE! LOVE!」公式サイト. 2016年3月29日閲覧。
  20. ^ スタッフキャスト”. TVアニメ「舟を編む」公式サイト. 2016年9月11日閲覧。
  21. ^ CHARACTER”. TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイ. 2016年4月4日閲覧。
  22. ^ sukasuka_animeのツイート (832622780050923521)
  23. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  24. ^ 銀色の髪のアギト”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  25. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  26. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q”. メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。
  27. ^ STAFF&CAST”. 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-. 2013年10月25日閲覧。
  28. ^ キャラクター”. 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト. 2017年1月26日閲覧。
  29. ^ 紺碧の艦隊×旭日の艦隊”. 徳間書店. 2017年2月11日閲覧。
  30. ^ “からくりの君”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=115 2016年5月5日閲覧。 
  31. ^ 亡念のザムド”. メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。
  32. ^ 仲間とともに3,000万ドルを盗み出せ! PSP向け恋愛AVG『Confidential Money ~300日で3000万ドル稼ぐ方法~』は、オトメイトから2012年8月発売!”. Girls-Style. 2012年4月24日閲覧。
  33. ^ 週刊少年ジャンプ』No.36・37合併号より。
  34. ^ 『テイルズ オブ ハーツ R』旅の途上で出会うキーパソンたちを紹介!”. ファミ通.com. 2012年12月10日閲覧。
  35. ^ 【TGS 2012】「メタルギア ライジング リベンジェンス」の新トレーラーが初公開!小島プロダクション作品が揃い踏みのラインナップステージレポート”. Gamer. 2012年9月22日閲覧。
  36. ^ iOS/Android/Google Chrome「グランブルーファンタジー」日笠陽子さん、麦人さんなどが演じるキャラクターが登場するイベント「蛇神の島に響く歌」が開催”. 2014年11月1日閲覧。
  37. ^ キャラクター”. VANITY of VANITIES. 2014年5月13日閲覧。
  38. ^ イベント『たすけて!マイヒーロー~七夕まつり編~』開催中(ガールフレンド(仮)公式ブログ、2014年6月30日)
  39. ^ 『LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の豪華声優陣が発表 日本語吹き替えトレーラーも公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2014年10月27日閲覧。
  40. ^ endride_gameのツイート (790841265441021952)
  41. ^ CHARACTER”. PS Vita 果つることなき未来ヨリ. 2016年12月1日閲覧。
  42. ^ 地獄堂霊界通信第6巻特装版”. 講談社コミックプラス. 2013年5月8日閲覧。
  43. ^ 6月30日発売「ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!」 ドラマCDキャスト発表!!”. ニンジャスレイヤー書籍公式サイト. 2013年5月6日閲覧。
  44. ^ X-MEN2”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  45. ^ ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  46. ^ エネミー・ライン”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  47. ^ 吹替えキャスト全員発表!『スサミ・ストリート全員集合 ~または“パペット・フィクション”ともいう~』”. ふきカエル大作戦. 2015年6月3日閲覧。
  48. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  49. ^ HAWAII FIVE-0 - ジョー・ホワイト”. AXN. 2014年7月31日閲覧。
  50. ^ プリティ・ウーマン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月15日閲覧。
  51. ^ 『手裏剣戦隊ニンニンジャー』参上! 合体ロボ&変身などトンデモ要素が満載”. マイナビニュース. 2015年1月24日閲覧。
  52. ^ “小説『教団X』が音声ドラマ化 主人公は小堺翔太、語りは銀河万丈”. ORICON STYLE. (2016年10月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2080325/full/ 2016年10月21日閲覧。