麦芽 (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
麦芽
メンバー 小出真保
鈴木奈都
結成年 2005年
解散年 2012年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2005年 - 2012年
現在の活動状況 テレビ中心
芸種 漫才、モノマネなど
現在の代表番組 おもいッきりDON!
テンプレートを表示

麦芽(ばくが)は、太田プロダクション所属のお笑いコンビである。

メンバー[編集]

身長152cm。B型。
長野県上田市出身。
身長158cm。O型。
東京都世田谷区出身。

来歴[編集]

  • 2005年1月 - コンビ結成。鈴木(太田プロお笑いセミナー出身)と、太田プロ入りして間もない小出(太田プロワークショップ出身)が事務所で初対面し、マネージャーに勧められる形でコンビを組む(麦芽結成前に鈴木がピン芸人として活動していたとの説もあったが、鈴木のプロキャリアは麦芽が始まりである)[1]。コンビ名は、小出が笑ゥせぇるすまんに出てくるバーの店名「魔の巣」にしようとしたところマネージャーに「暗い。」と反対され決め直すことになり小出が爆笑問題を尊敬しているため「ばく」という言葉を入れたいと提案し鈴木が「わたしはビールが大好きだから」という理由で「麦芽」に決定した。姓名判断で字画が最高な名前だったと鈴木は言っている[2]
  • 2006年7月28日 - 小出が番組ADと交際していることから、伊集院光とアンタッチャブルのJUNK 交流戦スペシャルにスペシャルゲストとして出演(交流戦SP#エピソードを参照)。しかしそのADとは破局を迎えている。
  • 小出の優香のモノマネが『とんねるずのみなさんのおかげでした』で評判を呼び、各番組への露出も高まっている。
  • TBS「王様のブランチ」インパクト芸人コーナーにコンビで出演(2007年10月20日)。小出が本人の前で、優香ネタを初披露。本人もかなり気に入り、大笑いしていた(放送を観ていたホリプロ社長が大絶賛していたという報告がホリプロ社員から制作スタッフに届いている。なお、鈴木は同じくレギュラー出演者のLiLiCoのモノマネを披露していた)[3]
  • 2009年3月31日から『おもいッきりDON!』(日本テレビ)の「突撃DON!」火曜日の突撃リポーターとしてレギュラー出演。約3か月のサバイバルバトルでポイント獲得数が低かったが、無事に残留が決定。7月6日放送から火曜日から月曜日に異動し、9月28日放送まで突撃リポーターを担当した。
  • 2012年12月3日、小出が自身のブログ[4]で、年内にコンビを解散すると発表。この後は共にピンで活動、解散の理由は「(物真似などで)方向性が同じになり、お互い同じ道で勝負したいというライバル心が生まれた」として発展的解消としており、不仲や双方の収入差が原因ではないとしている[5]

芸風[編集]

  • 2人でモノマネをする。小出はツッコミどころがある人物をやることが多い。(悪意があるとたまに言われる)
  • 漫才とコントも行う。漫才や番組出演などの登場時には「麦に芽が出て麦芽です」と言うのが決まり文句[5]。コントは「日本人にあこがれる中国人」「芸能界かぶれしてる子役」「たかの友梨ダイエットグランプリ」など細かい設定の形態模写系が多い[5]
  • 2005年末から2006年にかけては、女性シンガーのネタをやっていたことがあった[1]
  • 小出が優香のモノマネで出演が増えて以降は、鈴木もモノマネをすることが多くなり、お互いのモノマネの持ちネタをコントに取り入れることもある。モノマネ以外では、小出が中国人の「リャンさん」を演じるコントなどがある。
  • 小出が鈴木のフリに対して詳しいことを言い、鈴木が「好きでしょー!」と大げさなアクションで突っ込む流れのネタがある。

出演[編集]

※麦芽2人での出演

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • バカ裁判 〜男と女の痴話喧嘩〜 (DVD付きシングル、2009年10月28日 ぼれろと共演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 参考:『週刊大衆』(双葉社)2005年12月5日号『ビジュアル系美人芸人30組』
  2. ^ 『ガチャ芸人図鑑』より
  3. ^ 小出真保のブログより。
  4. ^ ご報告です!
  5. ^ a b c 女性お笑いコンビ麦芽“方向性が同じ”のため解散”. オリコン (2012年12月4日). 2016年12月23日閲覧。