麻乃佳世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あさの かよ
麻乃 佳世
本名 佐藤 佳子(さとう よしこ)
生年月日 (1967-09-20) 1967年9月20日(49歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 159 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 1988年 -
活動内容 1988年宝塚歌劇団入団、月組配属
1991年:月組トップ娘役に就任
1995年:宝塚歌劇団退団
1996年:芸能活動開始
2003年:ドラマ『愛の110番』で主演
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット』(1990年)
PUCK』(1992年)
グランドホテル』(1993年)
風と共に去りぬ』(1994年)
ME AND MY GIRL』(1995年)
テレビドラマ
愛の110番』(2003年)

麻乃 佳世(あさの かよ、本名:佐藤 佳子(さとう よしこ) 1967年9月20日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。

東京都出身。聖園女学院高等学校卒業。元ジャンクション所属(業務提携)。

来歴[編集]

涼風真世の熱心なファンだったことから宝塚歌劇を志望、聖園女学院高等学校を卒業後宝塚音楽学校を受験、合格した。芸名「佳世」の「世」は「真世」からとったものだという。

1988年、宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は41人中3番[1]同期森奈みはる白城あやか和央ようか渚あきなどがいる。

同年5月10日[1]、月組に配属。同年のバウホール公演『サウンド・オブ・ミュージック』『永遠物語』で早くも頭角を現す。

1990年2月、『大いなる遺産』の新人公演で初ヒロイン、4月に『ロミオとジュリエット』でバウホール公演初ヒロインと抜擢される。本公演でも朝凪鈴(1991年退団)、紫とも(のち雪組トップ娘役へ)、羽根知里1993年退団)、朝吹南1994年退団)と並ぶ月組の娘役スターとして活躍。

1991年、涼風のトップスター就任と同時に月組トップ娘役に就任。

1993年、涼風の退団に伴い、トップスターに就任した天海祐希の相手役を務める。

1995年12月26日[1]、『ミー・アンド・マイガール』の東京公演千秋楽を最後に天海と共に宝塚歌劇団を退団。

退団後は、舞台やテレビドラマなどを中心に女優として活動を開始し、2003年には、テレビドラマ『愛の110番』では主演を務めた。

人物[編集]

涼風の熱心なファンだった。麻乃は、涼風好きが高じて自身も宝塚入りを熱望し、高校卒業を待って音楽学校受験・合格(1988年入団)。芸名は、自身の本名「佳子」と涼風の「真世」から「佳世」とし、朝凪鈴(1991年退団)、紫とも(のち雪組娘役トップへ)、朝吹南(1994年退団)ら上級生娘役陣を飛び越し、涼風の相手役となった。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

音楽学校 - 月組時代[編集]

月組トップ娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

演劇[編集]

  • シンデレラ
    • 1996年8月3日-30日(新宿コマ劇場)-シンデレラ 役
    • 1997年8月4日-31日(新宿コマ劇場)-シンデレラ 役
  • 『歌劇の誘惑』(1997年5月20日)(大阪フェスティバルホール) -蝶々夫人 役
  • 『鶴女夢物語』(1997年11月2日-27日)(新橋演舞場)- 桃之助 役
  • 十二夜
    • 1998年2月25日-4月24日(紀伊國屋ホール)-ヴァイオラ 役
    • 1999年5月21日-8月31日- ヴァイオラ/シザーリオ 役
  • 『OPPEKEPE〜オッペケペー、アメリカを行く』(1998年10月30日-11月2日)(大阪中ノ島公会堂)-川上貞奴
  • 『カンパニー 〜結婚しない男〜』(1999年2月5日-3月31日)(青山劇所/シアタードラマシティー)-エイプリル 役
  • 忠臣蔵瑤泉院(1999年10月2日-11月27日)(明治座/御園座)
  • 『Countdown in 後楽园「MOMOTARO」』(2001年12月31日)(岡山 後楽園) -Mirai 役
  • 『桜祭り狸御殿』 (2001年4月1日-26日)(新宿コマ劇場・梅田コマ劇場)
  • 星屑の会『クレイジーホスト リターン』(2001年5月18日-6月6日)(本多劇場 他)
  • 『水たまりの夕陽(浮浪雲より)』(2001年7月3日-28日)(梅田コマ劇場)-かめ女 役
  • 冬物語』 (2001年9月1日-12月22日)(紀伊國屋サザンシアター)-パーディタ 役
  • 『GODSPELL』(2002年4月6日-14日)(ルテアトル銀座)
  • 『麗しき三兄弟』(2002年7月4日-18日)(カメリアホール)-泉 役
  • 新版 忠臣蔵外伝『喧嘩安兵衛』(2003年5月1日-27日)(明治座) -堀部幸 役
  • 『伝説のステージ』(2003年8月14日-9月28日)(新宿コマ劇場/中日劇場)
  • 『泣き笑い狂言「元禄夢一座」』(2004年5月4日-27日)(新宿コマ劇場・梅田コマ劇場) -小紫太夫 役
  • 椿組 花園神社野外劇『一天地六 幕末新宿遊侠伝』(2004年7月15日-25日)(新宿花園神社境内) -夕月 役
  • 『家族対抗歌合戦』(2005年3月12日-27日)(新宿シアタートップス)-愛上美希 役
  • 五木ひろし特別公演『朝の雪』(2005年6月3日-27日) (御園座) -瑤泉院 役
  • トラップ一家物語』(2005年7月23日-9月8日)(前進座劇場)-マリア 役
  • 松井誠公演『男の花道』(2005年12月2日-25日)(明治座)
  • 『桜合戦狸囃子/ショー・イズ・オン2006』(2006年3月18日-4月30日)(梅田芸術劇場・新宿コマ劇場 他)-玉梓姫 役
  • 三田村組『仰げば尊くなし』(2006年7月4日-9日)(中野ザ・ポケット)-小西友紀 役
  • 日豪交流年公式事業 Dramatic Australia『Cosi』(2006年9月22日-24日)(新宿SPACE107) -ジュリー 役
  • をんな物語『倫敦からの手紙』(2006年10月27日-29日)(俳優座劇場)-夏目鏡子 役
  • てっぽう玉公演 『満ち足りた散歩者』(2006年11月8日-12日)(下北沢「劇」小劇場)
  • 『松井誠 新春特別公演』(第1部 喜劇 くらわんか!第2部 誠版レビュー)(2007年1月2日-27日)(大阪 新歌舞伎座)-延陽伯 役
  • 『大奥~月光院物語 愛しき人~』(2007年3月4日-28日)(御園座)-小萩 役
  • 『うそつき弥次郎~黄門様覚悟の仇討ち~ 』(2007年5月4日-28日)(明治座)-お鈴 役
  • 椿組 花園神社野外劇『花火、舞い散る』(2007年7月13日-22日)(新宿花園神境内社)-前園博美 役
  • らくだ工務店 第15回公演『めぐみのいろは』(2008年9月9日-15日)(シアタートップス)-渡辺めぐみ 役
  • 届かなかった手紙』(2009年1月12日-14日)(ベニサン・ピット)-グリゼレ 役
  • 『真夜中のファイル』(2009年4月15日-19日)(サンモールスタジオ)
  • 『ブックショップ』)-ジェーン 役
    • 2009年9月18日-27日(シアターサンモール)
    • 2010年9月11日-10月9日(赤坂区民センター他)
    • 2012年8月25日-26日(宝塚バウホール)、8月31日-9月2日(赤坂区民センター)、9月17日(都筑公会堂)、9月29日(寝屋川アルカスホール)
    • 2014年9月24日、9月27日-28日、10月11日-13日(彩の国さいたま芸術劇場小ホール、宝塚バウホール、赤坂区民センター)
    • 2017年1月8日-11日(台東区生涯学習センター ミレニアムホール)
  • らくだ工務店『動かない生き物』(2010年10月23日-10月28日)-和田みどり 役
  • 俳優座劇場プロデュース公演 音楽劇『わが町』-ギブス夫人 役
    • 2011年3月5日-13日(俳優座劇場)
    • 2013年1月30日-2月3日(俳優座劇場)、2月5日-6日(船橋)、2月10日-11日(大宮)、2月14日-15日(八王子)、2月21日(福生)、3月13日-4月28日((中国ブロックの公演)福山-岡山-倉敷-玉島-西大寺-徳山-柳井-児島-松江-鳥取市〜米子市〜出雲〜広島-呉市(近畿ブロックの公演)姫路-神戸-彦根〜貝塚〜和歌山-奈良)、5月10日-24日(四国-高松-鳴門-徳島-高知-愛媛-松山-可児旅公演)
    • 2014年1月8日-13日(俳優座劇場)、1月14日-4月29日(豊橋-稲沢-伊勢市-中部ブロック(岐阜--岡崎--四日市--名古屋)-北陸ブロック(砺波-高岡-金沢)-関越ブロック(新潟)-長野ブロック(松本-諏訪-長野)--横浜公演〜静岡県ブロック(沼津-富士市-清水-島田-浜北-飯田市)--神奈川県ブロックの通い公演)
    • 2015年7月1日-5日(俳優座劇場)、7月7日-8月9日(北海道〜東北「わが町」ツアー:旭川-釧路-須賀川-函館-郡山-青森-弘前-仙台-盛岡(ボーリング大会が開催8月4日-八戸))
  • 『四世花柳流宗家家元 花柳壽輔 傘寿 我が舞の道』(2011年3月31日)(東京国際フォーラム)
  • ブロードウェイ・ミュージカル 亜門版『太平洋序曲』(2011年6月17日-7月3日)(KAAT神奈川芸術劇場ホール)-たまて 役
  • チャリティーミュージカル『CARE WAVE』(2012年12月19日)(めぐろパーシモンホール)
  • 『プラモラル』(2013年7月24日-28日)(下北沢ザ・スズナリ)
  • 『月と狼と太陽』-ユキ 役
    • 2013年8月3日-4日(NHK大阪ホール)、12月18日(福島県いわき市)
    • 2017年1月20日(NHK大阪ホール)
  • 『花よりだんごよりサランヘヨ』(2013年9月22日-29日)(中目黒 キンケロシアター)
  • 『春花繚乱』和物レビュー(2015年2月7日-8日)(大井町 きゅりあん)
  • 『与野太郎を探せ』(2015年3月20日-22日)(彩の國さいたま芸術劇場)
  • 配達されたい私たち』(2015年10月27日-11月1日)-正美 役
  • 『カフェ公演 第二弾』ゲスト(2016年9月30日-10月1日)(戸越銀座)
  • 朗読劇『あ・うん』(2017年4月7日-9日)(Cafe&bar木星劇場)

ライブ・コンサート・ショー[編集]

  • 『ザ・レビュー2002』~宝塚OGによるサ・セ・パリ~ (2002年)(春日部市民文化会館 他)
  • ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている
    • 2002年10月9日-10月19日(紀伊國屋サザンシアター)
    • 2003年1月11日-1月13日(神戸オリエンタル劇場)
  • 寺田瀧雄記念音楽会"愛" 』 (2003年7月28日)(メルパルクホール)
  • 『宝塚OGによる サ・セ・パリ』 (2004年2月1日-3月20日)(東京文化会館 他)
  • 安奈淳 40周年コンサート『見果てぬ夢』 (2005年9月24日-10月9日)(アートスフィア・宝塚バウホール)
  • 宝塚OG THE SHOW NEW YORK~NEW YORK (2006年1月15日-2月24日)(パルテノン多摩 他)
  • 麻乃佳世 20th Anniversary Live (2007年11月11日)
  • 『宝塚OGによるラテンファンタジー「ラ フィエスタ ラティーナ」 』(2008年1月26日-3月20日)(アミュー立川 他)
  • 日本ブラジル交流年 日本ブラジル移住百周年記念公演 (2008年11月)
  • 宝塚OGショー 『サ セ パリ-2』(2008年12月16日)(ウェスティンホテル)
  • 宝塚歌劇団OGによる ラテンファンタジー ラ フィエスタ『ラティーナ』(La Fiesta La Tina) (2009年3月3日-4月2日)(かつしかシンフォニーヒルズ他)
  • ディナーショー・不协和音(2009年5月9日)
  • SUPER COLLABORATE SHOW『Mr.PINSTRIPE』(2009年6月25日-28日)(青山劇場)
  • 『姫のお雛様ライブ』(2010年3月3日)(Live Spot「Terra」)
  • 『恋する女はヒロイン』(2010年6月3日)(Live Spot「Terra」)
  • 『姫ふたり 佳世とかおるの 〜2DaysLIVE〜』(2010年9月15日-16日)(Live Spot「Terra」)
  • 『佳世とかおる・姫二人の忘年会ライブ」』(2010年12月19日)(Live Spot「Terra」)
  • 汐路朝子さんの『ディナーライブ』ゲスト出演(2011年4月17日)
  • ライブ『アタック今晩は!』(2011年10月22日)(関交協ハーモニックホール)-好子 役
  • 『上田亨コンサート』(2012年4月7日)(俳優座劇場)
  • 『VIVA TAKARAZUKA』スペシャルゲスト(2013年8月16日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『輝きのとき』(2014年8月1日)(大阪NHKホール)
  • 『ふたりコンサート Life〜めぐり逢い〜』(2014年8月27日)(銀座TACT)
  • 『VIVA キラキラ X'mas vol.2 Song&Dance LIVE』(2014年12月24日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『Chambre des Chansons 〜受け継がれるシャンソンスビリッツ〜』(2015年1月23日-25日)(中目黒キンケロ・シアター)
  • 『ビバキラキラライブ・Musical Party Dream Special』(2015年4月17日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『ビバキラキラライブ・バースデーライブ』(2015年9月20日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『ビバキラキラライブ・X'mas』(2015年12月23日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『薔薇とシンフォニー』〜New Year Concert〜(2016年1月10日、11日、16日、17日)(東京芸術劇場 プレイハウス)
  • 『ユミカツラ with 宝塚歌劇団OG 薔薇の饗宴』(2016年2月16日)(東京国際フォーラム ホールC)
  • 『ビバキラキラライブ・スプリング』(2016年3月6日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『プリンセスからの手紙』(2016年7月10日)(Live Cafe HAYASE)
  • ミュージカル『O.G.』ゲスト(2016年7月23日)
  • 『サマーディナーショー』(2016年8月4日)(東京ドームホテル)
  • 『麗人 REIJIN Season2"Festa"』ゲスト(2016年9月22日)(赤坂ACTシアター)
  • 『ビバキラキラライブ・オータム』(2016年9月25日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『ビバキラキラライブ・クリスマスライブ』(2016年12月25日)(Live Cafe HAYASE)
  • 『涼風真世 35th Anniversary Album 「fairy」発売記念コンサート』(2016年12月28日)
  • 『 VIVAキラキラSong&Dance LIVE バージョン ファイナル』(2017年2月26)(Live Cafe HAYASE)

その他の活動[編集]

  • 宝塚歌劇90周年TCA SPECIAL TAKARAZUKA GOLDEN MEMORIES (2004年7月12日)(東京宝塚劇場)
  • 宝塚月組『ME AND MY GIRL』前夜祭(2008年3月3日)(宝塚大劇場)
  • 宝塚月組公演『PUCK』初日、涼風真世さんと観劇(2014年9月26日)(宝塚大劇場)
  • 宝塚花組『ME AND MY GIRL』前夜祭(2016年4月8日)(宝塚大劇場)
  • 宝塚月組公演『グランドホテル』初日、涼風真世さんと観劇(2017年1月1日)(宝塚大劇場)
  • したまち演劇祭のオープニングセレモニー(2017年1月7日)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 『スワンズソング』(2002年)大槻恵子役
  • 『幕末渡世異聞月太郎流れ雲』(2004年)

テレビ番組[編集]

  • ビッグトゥデイ』 トーク (1996年2月20日、フジテレビ)
  • 『スタジオパーク』 トーク (1996年6月14日、NHKテレビ)
  • 『夕食バンザイ』 “おたのしみ袋”調理 (1996年7月4日、フジテレビ)
  • 『スーパータイム』 新宿高島屋オープンレポート (1996年8月9日、フジテレビ)
  • FNS超テレビの祭典』 秋の新番組対抗ゲーム (1996年10月3日、フジテレビ)
  • 『噂になりたい』 トーク (1996年12月28日、関西テレビ)
  • 『ビッグトゥデイ』 韓国取材レポーター (1997年2月24日、フジテレビ)
  • 『夢用 絵の具』 「黄色~長崎~」レポーター (1997年4月10日、NHKテレビ)
  • 真夜中の王国』 トーク (1997年7月25日、NHK-BS)
  • 『ごちそうさま』 “海老ひりょうず”他 調理 (1998年2月23日・24日、日本テレビ)
  • 『どうなってるの』 「左利き」取材レポーター (1998年7月9日、フジテレビ)
  • 『出たMONO勝負』 ウィーン取材レポーター (1998年12月9日、フジテレビ)
  • アッコにおまかせ』 “カンパニー”稽古場風景 (1999年1月31日、TBSテレビ)
  • 晴れ・どきドキ晴れ』 「愛の110番」番宣 (2003年3月22日、CBCテレビ)
  • 『オールスター春の感謝祭』 クイズ・マラソン参加等 (2003年3月29日、TBSテレビ)
  • 『土曜スペシャル』 鬼怒川温泉 旅館紹介 (2003年9月6日、テレビ東京)
  • 『鳥取大好き!』 鳥取県探訪 (2005年1月5日、テレビ大阪)
  • 『NHKデジタルハイビジョン宝塚歌劇2005』 視聴者リクエスト&歌 (2005年1月30日、NHK-BSHi)

ラジオ・ネット放送[編集]

  • “時”についてトーク (1996年6月10日、NHKラジオ第一)
  • “宴会”についてトーク (1997年9月8日・9日、NHKラジオ第一)
  • “パン”についてトーク (1998年5月11日・12日、NHKラジオ第一)
  • 『ラジオドラマ「ジョルシャゴル」』 踊り子 クリシュナ役 (1999年8月14日、NHK-FM)
  • 『青春アドベンチャー「エデン2185」』 トゥルー/セラピー (2000年2月28日-3月10日、NHK-FM)
  • 『ラジオコメディ みんな大好き!』 「笑う家族に福が来る」 (2001年1月1日、NHKラジオ第一)
  • 『ラジオコメディ みんな大好き!』 「すし食いねぇ!」 (2001年3月25日、NHKラジオ第一)
  • 『FMシアター 「サラエボの女」』 (2001年5月12日、NHK-FM)
  • 『いとしのオールディーズ』(2008年10月3日、NHKラジオ第一)
  • 『ザッツ・ステージ!!薮下哲司のエンタメ講座』(2010年9月12日、FM大阪)
  • 『きのうの続きのつづき』 (2010年11月30日-12月3日、12月7日-12月10日、ラジオ日本)
  • 『真丘奈央のちょっとここだけ宝塚!』(2016年4月11日 ネット放送)

書籍[編集]

  • 宝塚ムック 「麻乃佳世写真集 Cinderella Story」(1995年9月14日、宝塚歌劇団)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、100頁。ISBN 9784484146010