麻生かおり (1963年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あそう かおり
麻生かおり
プロフィール
別名 高橋かおり
生年月日 1963年3月17日
現年齢 53歳
出身地 日本の旗 日本・広島県
血液型 O型
公称サイズ(1986年時点)
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 84 - 58 - 87 cm
活動
デビュー 1984年
ジャンル ポルノ映画
AV出演 1984-1988
専属契約 日活
AV女優:テンプレート | カテゴリ

麻生 かおり(あそう かおり、1963年3月17日 - )は、日本の元ポルノ女優日活ロマンポルノ最後の看板女優[1]

来歴[編集]

広島県で生まれた後、大阪に移住するが[2]、10~16歳まで6年間、父親の勤務先のシンガポールに住みアメリカン:スクールで英語を学ぶ。高校3年生の時、年上の男性とラブホテルで初体験をした[3]神戸松蔭女子学院短大卒。当初は流暢な英語を使ってスチュワーデスになることを考えたが、高校卒業あたりからすでに女優を志すようになり、短大二年目で劇団あすなろ付属俳優養成所に入所。その後、テレビの時代劇番組に端役で出演しているうちに、関本郁夫監督からスカウトされ、『団鬼六・縄責め』(1984年公開)で本格デビュー[4][5]。『ワイセツな女 黒い肌に泣』が初の主演映画。

当初は「高橋かおり」と名乗っていたが[6]同姓同名の女優がいたため「麻生かおり」と改名。代表作は『女医肉奴隷』、『ザ・オルガスムス』等。SM映画の女王として活躍することを期待されたが、結局日活ロマンポルノ映画末期の看板女優として数年間活躍[1]。 『いんこう』で自身の陰毛を剃る撮影シーンは特に恥ずかしがっていた[7]。私生活では色気がなく、笑いながらセックスする性格で[8]、胸だけは愛撫されても全然感じない体質[3]。趣味は映画・演劇鑑賞とドライブ、特技はテニスと水泳[9]。引退後の消息は不明。

主な出演作品[編集]

劇場映画[10][編集]

  • 団鬼六 縄責め (1984年9月1日)[6] 脇役出演
  • 団鬼六 緊縛卍責め (1985年1月15日) 脇役出演
  • ワイセツな女 黒い肌に泣く(1985年3月23日)
  • 制服肉奴隷 (1985年5月22日) 端役出演
  • 花と蛇 地獄篇 (1985年8月24日)
  • 女銀行員暴行オフィス (1985年10月12日)
  • 凌辱めす市場 監禁 (1986年1月18日)
  • 女医肉奴隷 (1986年3月8日)
  • 赤い禁猟区 ハードコアの夜 (1986年4月12日)
  • レイプハンター 通り魔 (1986年6月14日)
  • いんこう (1986年7月26日) 本番生撮り[11]
  • 白ばら学院 わいせつな放課後 (1986年10月31日)
  • 美姉妹 喘ぐ (1987年1月24日)
  • 懲りない面々シリーズ2/塀の中のプレイボール (1987年11月21日) 端役出演[12]
  • 輪舞(りんぶ)(1988年1月9日) 
  • うれしはずかし物語 (1988年3月19日) 端役出演
  • 徳川の女帝 大奥 (1988年8月27日) 端役出演でヌード無し

アダルトビデオ[13][14][編集]

  • 堕天使 マゾヒスト(1985)
  • 美人OL 剥ぐ(1985) 本番生撮り[15]
  • 新任女教師 犯られる(1985) 本番生撮り[16]
  • 盗覗の花 (1985) 「Legend Special vol.49」としてDVD化[17]
  • 被虐の花 (1985) 「Legend Special vol.49」としてDVD化[17]
  • ザ・オルガスムス (1986) 本番生撮り[18]

テレビドラマ[編集]

写真集[編集]

  • 麻生かおり(マドンナメイト写真集)(1986年6月、マドンナ社、撮影:米本光穂)ISBN 978-4576860909

脚注[編集]

  1. ^ a b 元日活企画部員. “第2部 Episode 3”. 日活ロマンポルノ館. 2013年3月19日閲覧。
  2. ^ a b “大阪からの出発”. 週刊プレイボーイ. (1984年9月11日) 
  3. ^ a b “稲川淳二の入れ込み対談”. 映画の友 (近代映画社) (1985年5月号): pp. 101-105. 
  4. ^ a b c “私のプロフィール”. マドンナメイト写真集 麻生かおり. マドンナ社. ISBN 4-576-86090-9. 
  5. ^ “にっかつの看板娘”. VIDEO EXPRESS VOL.7 1987年1月号 (日活). http://nikkatsu-romanporno.com/siryoukann/express/vol07/vol7_1.jpg 2011年5月25日閲覧。 
  6. ^ a b 角川マーケティング. “団鬼六 縄責め”. Movie Walker. 2011年5月25日閲覧。
  7. ^ 元日活企画部員. “第2部 Episode 5 ”. 日活ロマンポルノ館. 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ “稲川淳二の入れ込み対談”. 映画の友 (近代映画社) (1986年2月号): pp. 105-109. 
  9. ^ “麻生かおり・プロフィール”. VIDEO EXPRESS VOL.7 1987年1月号 (日活). http://nikkatsu-romanporno.com/siryoukann/express/vol07/vol7_5.jpg 2011年5月23日閲覧。 
  10. ^ 角川マーケティング. “「麻生かおり」の関連映画”. Movie Walker. 2011年5月22日閲覧。
  11. ^ “スキャンダルX”. VIDEO EXPRESS VOL.3 1986年11月号 (日活). http://nikkatsu-romanporno.com/siryoukann/express/vol05/vol5_3.jpg 2011年5月23日閲覧。 
  12. ^ ネタ切れか?”. ダーティ工藤の映画的生活 (2008年7月1日). 2013年3月22日閲覧。
  13. ^ 麻生かおり・コレクション”. 有限会社 中村企画. 2011年5月23日閲覧。
  14. ^ お宝プレミア アダルトビデオ館”. PureSound Corporation. 2011年5月23日閲覧。
  15. ^ 美人OL・麻生かおり 剥ぐ(はぐ)-SELECTION.net”. 株式会社インステード. 2011年5月23日閲覧。
  16. ^ 新任女教師・麻生かおり 犯られる-SELECTION.net”. 株式会社インステード. 2011年5月23日閲覧。
  17. ^ a b Legend Special vol.49”. (有)エー・エス・ジェイ. 2013年3月19日閲覧。
  18. ^ “ザ・オルガスムス”. VIDEO EXPRESS VOL.5 1986年11月号  (日活). http://nikkatsu-romanporno.com/siryoukann/express/vol05/vol5_6.jpg 2011年5月25日閲覧。 
  19. ^ a b c d 康成, 古崎. “テレビドラマ人名録”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2011年5月22日閲覧。