黄華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
黄華
プロフィール
出生: 1913年1月25日
死去: 2010年11月24日
出身地: 中華民国の旗 中華民国河北省磁県
職業: 軍人・政治家・外交官
各種表記
繁体字 黃華
簡体字 黄华
拼音 Huáng Huá
和名表記: こう か
発音転記: ホワン ホワ
テンプレートを表示
Huang Hua

黄華(こう か、1913年1月25日 - 2010年11月24日)は中華人民共和国政治家外交官。副総理、国務委員、外交部長などを務めた。

経歴・人物[編集]

燕京大学中退。1935年一二九運動に参加。1936年中国共産党に入党する。延安ではエドガー・スノーアグネス・スメドレーらの通訳を担当する。1941年から朱徳の秘書を務める傍ら、外交にも従事する。1946年葉剣英の秘書となる。1949年、国民党外交部の接収を指揮した。1953年朝鮮戦争停戦交渉の中国側代表、外交部西ヨーロッパアフリカ局局長となる。1954年第一次インドシナ戦争の休戦に関するジュネーヴ会議1955年バンドン会議に代表団顧問、報道官として出席した。

1960年から1971年までガーナエジプトカナダ大使を歴任。1971年、訪中したアメリカのヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官との交渉を担当した。国連における中華人民共和国の代表権獲得後、初代国連大使に就任。1976年、解任された喬冠華に代わって外交部長(外相)に就任し、国務委員を兼任する。1978年、日本の園田直外務大臣日中平和友好条約に調印、アメリカとの国交正常化も担当した。鄧小平の訪日(1978年)、訪米(1979年)に随行。

1980年副総理、1983年第6期全国人民代表大会(全人代)副委員長に選出される。全人代の代表団を率い各国を訪問し、1992年には日中国交正常化20周年を記念して団長として再び来日した。

第11期から13期まで党中央委員、第13期中央顧問委員会常務委員を務めた。

2010年11月24日腎臓病の為に亡くなった[1]。97歳没。

脚註[編集]

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
喬冠華
外交部長
1976年 - 1982年
次代:
呉学謙
先代:
設置
カナダ駐在全権大使
1972年3月 - 1973年9月
次代:
姚廣
先代:
陳家康
エジプト駐在全権大使
1966年3月 - 1969年9月
次代:
柴澤民
先代:
設置
ガーナ駐在全権大使
1960年8月 - 1965年12月
次代:
柯華