黒川弥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くろかわ やたろう
黒川 弥太郎
本名 黒川 清隆
生年月日 (1910-11-15) 1910年11月15日
没年月日 (1984-06-23) 1984年6月23日(満73歳没)
出生地 神奈川県横浜市
民族 日本の旗日本人
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画

黒川 弥太郎(くろかわ やたろう、1910年明治43年)11月15日 - 1984年昭和59年)6月23日)は、神奈川県横浜市出身の俳優。本名は黒川 清隆(くろかわ きよたか)。

来歴・人物[編集]

身長167センチメートル。1933年(昭和8年)、新国劇に入る。芸名は子母沢寛原作の『弥太郎笠』より長谷川伸が名付けた。

1935年(昭和10年)、片岡千恵蔵に代わる主演スターを探していた文藝春秋の鈴木氏亨によりスカウトされ日活京都撮影所に入る。以後時代劇スターとして活躍。1937年(昭和12年)には東宝に移籍しここでも主演。

その後召集され、陸軍軍曹となる。

戦後は新東宝設立の中心人物のひとりとなる。1952年(昭和27年)に大映へ、1959年(昭和34年)には東映へ移籍し、時代劇の主演・準主演で活躍。1960年代半ば(昭和40年代)からはテレビ時代劇への出演が多くなる。

妻は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団22期生の玉藻刈子。

1984年(昭和59年)6月23日に逝去。享年73。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

忠臣蔵』で上使多門伝八郎を演じた黒川(右、左は浅野内匠頭の市川雷蔵
  • 『堀部安兵衛』(1936年、日活)
  • 南国太平記』(1937年、J.O.スタヂオ、のちビデオ化)
  • 『伊太八縞』(1938年、東宝)- 伊太八 役
  • 阿波の踊子』(1941年、東宝、のちビデオ化)
  • ハワイ・マレー沖海戦』(1942年、東宝、のちDVD化)
  • 決戦の大空へ』(1943年、東宝、のちDVD化)
  • 加藤隼戦闘隊』(1944年、東宝、のちDVD化)
  • 『鍋島怪猫伝』(1949年、新東宝、のちDVD化)
  • 『鞍馬天狗鞍馬の火祭』 (1951年、新東宝、のちDVD化)
  • 『十六文からす堂千人悲願』(1951年、新東宝、のちDVD化)
  • 『春秋鏡山城』(1952年、大映)
  • 『すっ飛び駕』(1952年、大映)- 森田屋清蔵 役 
  • 凸凹太閤記』(1953年、大映)
  • 地獄門』(1953年、大映)
  • 阿波おどり狸合戦』(1954年、大映)
  • 『柳生連也斎秘伝月影抄』(1956年、大映)
  • 残菊物語』(1956年、大映)
  • 『銭形平次捕物控まだら蛇』(1957年、大映、のちDVD化)
  • 『スタジオはてんやわんや』(1957年、大映、のちビデオ化)
    劇映画ではなく、大映撮影所の紹介や大映スターの隠し芸大会などが綴られた短編映画。黒川は歌を披露している。
  • 赤胴鈴之助』(1957年、大映)
  • 『銭形平次捕物控八人の花嫁』(1958年、大映)- 笹野新三郎 役 
  • 忠臣蔵』(1958年、大映、のちDVD化)上使多門伝八郎 役
  • 日蓮と蒙古大襲来』(1958年、大映、のちDVD化)
  • 『次郎長富士』(1959年、大映、のちDVD化)
  • かげろう絵図』(1959年、東映、のちDVD化)
  • 『ひばり十八番弁天小僧』(1960年、東映、のちDVD化)
  • 壮烈新選組 幕末の動乱』(1960年、東映、のちDVD化)
  • 『宮本武蔵般若坂の決斗』(1962年、東映、のちDVD化)

テレビドラマ[編集]

関連書籍[編集]

  • 『日本映画興亡史II 日活時代劇』(石割平 編著、円尾敏郎/横山幸則 編、ワイズ出版