黒沢琴古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

黒沢 琴古(くろさわ きんこ)は、尺八琴古流の家元の名跡。4代目が没して以降途絶えているがその後も何人か継いだが何代続いたか不明。

歴代[編集]

初代[編集]

宝永7年〈1710年〉 - 明和8年4月23日1771年6月5日〉)本名は黒沢幸八。

黒田美濃守の家臣であったとされる。若くして普化宗に入り一月寺、鈴法寺の指南役を務め、曲の収集、整理を行い、琴古流として30余りの曲を制定し普化宗尺八の基礎を築いた。

実子が2代目琴古、弟子には一閑流の宮地一閑がいる。

2代目[編集]

延享4年〈1747年〉 - 文化8年6月12日1811年7月31日〉)本名は黒沢幸右衛門(後の幸八)。

初代の実子。父同様に一月寺、鈴法寺の指南役を務め、江戸中に稽古場を作り庶民の普及にも一役買った。

琴古流という名称を用いたのもこのころだといわれる。実子が3代目琴古、4代目琴古。

3代目[編集]

安永元年〈1772年〉 - 文化13年6月22日1816年7月16日〉)本名は黒沢雅十郎(名は諸説あり、後の幸八)。

2代目の実子。最初の号は琴甫。江戸時代の名手で作曲も多く尺八の製管も行なった。3代目が執筆した『琴古手帖』は当時の琴古流のことを知る貴重な史料。

4代目[編集]

(生年不詳 - 万延元年〈1860年〉)本名は黒沢音次郎(後の幸八)。

3代目の実子。

トリビア[編集]

  • 故人の芸術家の名前を命名するというルールが定められた水星クレーターには、黒沢琴古にちなんだ「クロサワ」というクレーターが存在する。この由来はしばしば映画監督の黒澤明と誤解されるが、命名当時黒澤明は存命であった。