127

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
126 127 128
素因数分解 127 (素数
二進法 1111111
六進法 331
八進法 177
十二進法 A7
十六進法 7F
二十進法 67
ローマ数字 CXXVII
漢数字 百二十七
大字 百弐拾七
算木 Counting rod v1.pngCounting rod h2.pngCounting rod v7.png

127(百二十七、ひゃくにじゅうしち、ひゃくにじゅうなな)は、自然数また整数において、126の次で128の前の数である。

性質[編集]

  • 127は31番目の素数であり、1つ前は113、次は131
  • 127 = 271より、4番目のメルセンヌ素数である。1つ前は31、次は8191
  • 2127−1 = 170141183460469231731687303715884105727 は、12番目のメルセンヌ素数である。これは手計算によって求められた素数の中で最大の数である。発見者はリュカ1876年)。
  • 11番目のスーパー素数である。1つ前は109、次は157
  • 1/127 = 0.007874015748031496062992125984251968503937…(下線部は循環節。循環節の長さは42)
  • 127 = 7363 より、連続する立方数の差としてあらわせる素数である。
  • 127 = 27 − 1 であり、5番目のフリードマン数。1つ前は126、次は128。また 127 = − 1 + 27であり、最小のナイスフリードマン数。次は343
    • 素数のフリードマン数としては最小の数である。次は347
    • 2通り以上の方式で表せる最小のフリードマン数である。次は1296
  • 127 = 20 + 21 + 22 + 23 + 24 + 25 + 26 メルセンヌ数 2n−1 は1(=20)から 2n−1 までの2の累乗数総和に等しい。
  • 8番目の 8n − 1 型の素数である。この類の素数は x2−2y2 と表せるが、127 = 152−2×72 である。1つ前は103、次は151
  • 1辺7の立方体を1辺1の立方体343個を使って作ったとき、同時に見ることができる1辺1の立方体は最大127個である。
  • 約数の和が127になる数は1個ある。(64) 約数の和1個で表せる30番目の数である。1つ前は121、次は133
    • 約数の和が奇数になる13番目の奇数である。1つ前は121、次は133
  • 112までの約数の和である。1つ前は99、次は141
  • 各位の和が10となる12番目の数である。1つ前は118、次は136

その他 127 に関連すること[編集]

関連項目[編集]