1972年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1972年 | 1972年のスポーツ

1972年の相撲(1972ねんのすもう)は、1972年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所で北の湖が18歳7ヶ月の史上最年少で入幕。場所8日目の横綱・北の富士貴ノ花戦での勝負判定を巡り、「かばい手」「つき手」論争を巻き起こし、木村庄之助が謹慎処分。相撲協会の役員改選。一門の割り振りの関係で理事や監事(現副理事)になれない親方の中から「役員待遇」者を設け、各部の副部長に抜擢することとした。役員改選で高砂が新理事となり、新監事に出羽海と武隈が就任。事業部長は春日野。審判部長は一人となり高砂就任、副部長に出羽海と二子山(役員待遇)。
  • 2月、ハワイ巡業。
  • 3月、井筒親方(元前頭2枚目鶴ヶ嶺)死去。春場所7日目、差違いの式守伊之助に謹慎処分。11日目の琴櫻-前の山戦を監察委員が無気力相撲として両力士に注意。
  • 4月、井筒部屋で後継者問題が起こる。陸奥(元前頭4枚目星甲)が井筒を襲名し、君ヶ浜(元関脇鶴ヶ嶺)は錦洋らを連れて分家独立する。
  • 5月、前の山が大関から陥落して関脇となる。
  • 7月、名古屋場所の番付は史上初の5関脇。北の富士全休。高見山大五郎高砂部屋)が外国出身力士として初めて幕内最高優勝を果たす。
  • 8月、高見山がハワイへ優勝旗を持って帰り、凱旋パレードで大人気。
  • 9月、秋場所新入幕の牧本は初土俵以来、12年76場所目。この年、公傷制度の適用始まる。幕下宍戸、十両の大潮と鷲羽山が初の公傷制度で前地位に張り出し。8日目に昭和天皇、皇后観戦。千秋楽に皇太子(現・今上天皇)一家観戦。場所後、貴ノ花(二子山部屋)と輪島花籠部屋)が大関同時昇進を果たす。
  • 11月、22代式守伊之助の第26代木村庄之助襲名が決定し、伊之助は空位となる。
  • 年6場所制導入後、はじめて6場所とも幕内優勝者が異なるという結果となった。

本場所[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p70