1973年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代
: 1970年 1971年 1972年 1973年 1974年 1975年 1976年

1973年(1973 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年昭和48年。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

天候・天災・観測等[編集]

  • 四八豪雪(昭和48年豪雪、秋田豪雪) - 本年11月〜翌年3月にかけての豪雪

芸術・文化・ファッション[編集]

(** アイドル歌手全盛時代の到来で、新御三家花の中三トリオ麻丘めぐみアグネス・チャン浅田美代子あべ静江フィンガー5などが相次いでデビューし、活躍した。)

  • 1973年の雑誌
    • 8月 - 『月刊COM』復刊するが即、廃刊に。
  • 1973年のコマーシャル
キャッチフレーズ 商品名など メーカー 出演者 音楽
じっとガマンの子であった ボンカレー 大塚食品 笑福亭仁鶴 -
♪酒は大関、心意気 清酒大関 大関酒造 田宮二郎 小林亜星
♪いま、なんどきですか? ハウスシャンメンしょうゆ味 ハウス食品 結城アンナ -
サントリー! サントリーホワイト サントリー サミー・デイヴィスJr. -
さすがわかっていらっしゃる サントリービール純生 サントリー 大橋巨泉 -
おれ、社長の代理 明治ミルクチョコレート 明治製菓 ゴリラのぬいぐるみ -
…と、日記には書いておこう 龍角散トローチ 龍角散 -
足のいいやつ カリーナ トヨタ自動車 千葉真一 -

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 2月1日 - ウィリー・ウォンカが、自らのチョコレート工場に五人の少年少女を招待する。(小説『チョコレート工場の秘密』)[1][2]
  • 2月 - アメリカ合衆国が地球軌道上に打ち上げた「宇宙ホテルUSA」が、惑星「害星」から来訪した害獣「クニッド」に占拠される。(小説『ガラスの大エレベーター英語版』)[3][4]
  • 夏 - スペインの太平洋岸沖の海底から「神」が用いる「古代文字」が記された巨大な石板が発掘されるが、石板は発掘したチームの下から盗み出され、数日後に粉砕された状態で発見される。(小説『神狩り』)[5]
  • テンペラー星人がウルトラ6兄弟を誘き出すために地球を無差別攻撃し、6兄弟が迎え撃つ。それに伴い、6人のウルトラ戦士が一緒に並んでいる勇姿を人類に初めて見せる。(特撮『ウルトラマンタロウ』)
  • 有尾人帝国ジャシンカのスパイ夫婦、地上に派遣され、「尾形伸夫」「尾形京子」名義で生活を開始。(特撮『科学戦隊ダイナマン』)
  • 巽モンド博士、律子と結婚。(特撮『救急戦隊ゴーゴーファイブ』)
  • コーネリアス、ジーラ、マイロを乗せた宇宙船がアメリカに到着。(映画『新・猿の惑星』)
  • ガメラギャオス志摩地方で激突。ガメラが自爆してギャオスを撃退する。(映画『小さき勇者たち〜ガメラ〜』)
  • 東京に大地震が発生し、急激な地殻変動によって日本列島が沈没する。(映画『日本沈没』)
  • 地球人の地球外進出を妨害する宇宙人に対抗すべく、超国家的な太陽系宇宙軍(SCF)が秘密裏に創設される。(小説『妖精作戦』)[6]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ ロアルド・ダール 『チョコレート工場の秘密』 評論社2005年、38 - 40・87 - 106頁。ISBN 978-4-566-01411-4。
  2. ^ ロアルド・ダール 『ガラスの大エレベーター』 評論社、2005年、231頁。ISBN 978-4-566-01414-5。
  3. ^ ロアルド・ダール 『ガラスの大エレベーター』 評論社、2005年、24 - 26・82 - 93・110 - 122・231頁。ISBN 978-4-566-01414-5。
  4. ^ ロアルド・ダール 『チョコレート工場の秘密』 評論社、2005年、88頁。ISBN 978-4-566-01411-4。
  5. ^ 山田正紀 『神狩り』 早川書房1976年、20・62・69 - 71・82 - 84頁。ISBN 978-4-15-030088-3。
  6. ^ 笹本祐一 『妖精作戦』 東京創元社2011年、28・61・62・127・206・207頁。ISBN 978-4-488-74101-3。

関連項目[編集]