21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
20 21 22
素因数分解 3 × 7
二進法 10101
六進法 33
七進法 30
八進法 25
十一進法 1A
十二進法 19
十三進法 18
十六進法 15
十七進法 14
十八進法 13
十九進法 12
二十進法 11
ローマ数字 XXI
漢数字 二十一
大字 弐拾壱
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v1.png

21二十一廿一、にじゅういち、はたひと、はたちあまりひとつ)は、自然数、また整数において、20 の次で 22 の前の数である。英語の序数詞では、21sttwenty-first となる。ラテン語では viginti-unus(ウィーギンティー・ウーヌス)。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 3, 7, 21 である。
  • 1/21 = 0.047619…(下線部は循環節で、その長さは6)
  • 6番目の三角数である。21 = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 、サイコロの目の総和と等しい。1つ前は15、次は28
  • 3番目の八角数である。1つ前は8、次は40
  • 8番目のフィボナッチ数の要素。1つ前は13、次は34
    • フィボナッチ数がハーシャッド数となる6番目の数である。1つ前は8、次は144
    • 7の倍数になる最小のフィボナッチ数である。フィボナッチ数が7の倍数になれば、それが21の倍数になる。次は987
  • 7番目の半素数である。1つ前は15、次は22
  • 508,853,9892 = 258,932,382,121,212,121
  • 九九では 3 の段で 3 × 7 = 21 (さんしちにじゅういち)、7 の段で 7 × 3 = 21 (しちさんにじゅういち)と2通りの表し方がある。
  • 21! = 51090942171709440000 である(20桁)。
  • ルジンの問題の最小の解は21個である。
  • 21 = 40 + 41 + 42 。この形の数の1つ前は13、次は31
    • この形の三角数としては2番目、1つ前は3、次は91
    • 4の累乗和と見たとき1つ前は5、次は85
    • a0 + a1 + a2 の形で表せる3番目のハーシャッド数である。1つ前は7、次は111
  • 各位の和が21となるハーシャッド数の最小は3991000までに4個、10000までに85個ある。
  • 14番目のハーシャッド数である。1つ前は20、次は24
    • 3を基とする3番目のハーシャッド数である。1つ前は12、次は30
    • nを基とするn番目のハーシャッド数である。1つ前は20、次は220
    • 各位の和(数字和)が n になる n 番目の数である。1つ前は11、次は31
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で11番目の数である。1つ前は19、次は22。
  • 1~5までの約数の和である。1つ前は15、次は33
    • 約数の和で表せない7の倍数のうち最小の数である。

その他 21 に関連すること[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3251 1-8-33 ㉑
㉑
CIRCLED DIGIT TWENTY ONE

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。