37

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
36 37 38
素因数分解 37 (素数
二進法 100101
六進法 101
八進法 45
十二進法 31
十六進法 25
十八進法 21
二十進法 1H
ローマ数字 XXXVII
漢数字 三十七
大字 参拾七
算木 Counting rod h3.pngCounting rod v7.png

37三十七、さんじゅうしち、さんじゅうなな、みそなな、みそじあまりななつ)は、自然数また整数において、36 の次で 38 の前の数である。

性質[編集]

  • 12番目の素数である。1つ前は 31、次は 41
  • 1/37 = 27/999 = 0.027…(下線部は循環節で、その長さは3)
  • 全ての自然数は、高々37個の五乗数の和で表すことができる(ウェアリングの問題)。
  • 3 × 37 は 111 となり、1 が3つ並ぶレピュニット R3 となるので、3桁の同じ数でできている数はすべて3と37の素因数を持つ。111 = 3 × 37 、222 = 2 × 3 × 37 、333 = 32 × 37、444 = 22 × 3 × 37 、555 = 3 × 5 × 37 、666 = 2 × 32 × 37 、777 = 3 × 7 × 37 、888 = 23 × 3 × 37 、999 = 33 × 37 。
  • 10進数表記において桁を入れ替えても素数となるエマープである。 37 ←→ 73
  • 37 の立方根自然対数 ln 28 の近似値となる。
  • 1辺4の立方体を1辺1の立方体64個を使って作ったとき、同時に見ることができる1辺1の立方体は最大37個である。
  • 3番目の六芒星数である。1つ前は13、次は73
  • 各位の和が10となる3番目の数である。1つ前は28、次は46
  • 37 = 43 − 33 より、連続する立方数の差で表せる3番目の素数である。1つ前は19、次は61

その他 37 に関連すること[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32B2 1-8-49 ㊲
㊲
CIRCLED DIGIT THIRTY SEVEN

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。