40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
39 40 41
素因数分解 23 × 5
二進法 101000
六進法 104
八進法 50
十二進法 34
十六進法 28
十八進法 24
二十進法 20
ローマ数字 XL
漢数字 四十
大字 四拾
算木 Counting rod h4.pngCounting rod 0.png

40四十四〇肆十、しじゅう、よんじゅう、よそ、よそじ、forty)は、自然数、また整数において、39 の次で 41 の前のである。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 2, 4, 5, 8, 10, 20, 40 である。自身を除く約数の和は50であり過剰数
  • 4番目の八角数である。4(4 × 3 − 2) = 40。1つ前は 21、次は 65
  • 402 + 1 = 1601 であり、n2 + 1 が素数となる12番目の整数である。1つ前は 36、次は 54
  • n2 + n + 41 は n が 0 から 39 までの整数のときは素数になるが、n = 40 で初めて、402 + 40 + 41 = 40(40 + 1) + 41 = 412合成数になる。
  • 40 = 30 + 31 + 32 + 33。この形の数の1つ前は15、次は85
    • 3の累乗和と見たとき1つ前は13、次は121
  • 1/40 = 0.025 と有限小数になる。
  • 九九では 5 の段で 5 × 8 = 40 (ごはしじゅう)、8の段で 8 × 5 = 40 (はちごしじゅう)と 2 通りの表し方がある。
  • 最初の3つの素数の総和総乗の和で表せる。40 = (2 + 3 + 5) + 2 × 3 × 5。
  • 19番目のハーシャッド数である。1つ前は36、次は42
  • 約数の和が40になる数は1個ある。(27) 約数の和1個で表せる16番目の数である。1つ前は39、次は44
  • 各位の和が4となる5番目の数。1つ前は31、次は103

その他 40 に関連すること[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32B5 1-8-52 ㊵
㊵
CIRCLED DIGIT FORTY

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。