44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
43 44 45
素因数分解 22 × 11
二進法 101100
六進法 112
八進法 54
十二進法 38
十六進法 2C
二十進法 24
ローマ数字 XLIV
漢数字 四十四
大字 四拾四
算木 Counting rod h4.pngCounting rod v4.png

44(しじゅうし、よんじゅうよん、よそよん、よそじあまりよつ)は、43 の次、45 の前の整数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、約数1, 2, 4, 11, 22, 44 である。44を除いた約数の和は40であり不足数
  • 1/44 = 0.0227…(下線部は循環節。その長さは2)
  • 8番目のトリボナッチ数である。1つ前は 24、次は 81
  • 4番目の八面体数英語版である。1つ前は 19、次は 85
  • 5つのものを並べる完全順列の個数。
    • 5番目のモンモール数である。1つ前は 9、次は 265
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で20番目の数である。1つ前は43、次は47
  • 約数の和が44になる数は1個ある。(43) 約数の和1個で表せる17番目の数である。1つ前は40、次は57
  • 各位の和が8となる5番目の数。1つ前は35、次は53
  • 完全数 628 の約数の和の差が 44 である。σ(28) − σ(6) = 56 − 12 = 44 (ただし σ は約数関数)
  • 1~44までの約数の個数を加えると176個になり44の4倍になる。1~n までの約数の個数が n の整数倍になる6番目の数である。1つ前は42 (4倍)、次は47 (4倍)。(オンライン整数列大辞典の数列 A050226参照)
  • 九九で表せない(登場しない)4の倍数のうち最小の数。
  • 44番目の三角数は990で3桁の最大数になる。いいかえると自然数を1から44まで加えていくと3桁最大数になる。1つ前は13、次は140。(オンライン整数列大辞典の数列 A095863)

その他 44 に関すること[編集]

基本的な計算のリスト[編集]

乗法
x 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
44 88 132 176 220 264 308 352 396 440 484 528 572 616 660 704 748 792 836 880 924 968 1012
x 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46
1056 1100 1144 1188 1232 1276 1320 1364 1408 1452 1496 1540 1584 1628 1672 1716 1760 1804 1848 1892 1936 1980 2024
x 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
2068 2112 2156 2200 2244 2288 2332 2376 2420 2464 2508 2552 2596 2640 2684 2728 2772 2816 2860 2904 2948 2992 3036
x 70 71 72 73 74 75
3080 3124 3168 3212 3256 3300

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32B9 1-8-56 ㊹
㊹
CIRCLED DIGIT FORTY FOUR

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。