48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
47 48 49
素因数分解 24 × 3
二進法 110000
六進法 120
八進法 60
十二進法 40
十六進法 30
二十進法 28
ローマ数字 XLVIII
漢数字 四十八
大字 四拾八
算木 Counting rod h4.pngCounting rod v8.png

48四十八・しじゅうはち・よんじゅうはち・よそや・よそじあまりやつ)は、自然数また整数において、47 の次で 49 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 2, 3, 4, 6, 8, 12, 16, 24, 48 である。
    • 約数の和124。約数の和が3桁の数になる最小の数である。
  • 7番目の高度合成数であり、正の約数を10個持つ。1つ前は 36、次は 60
  • 7番目の高度トーシェント数である。1つ前は 24、次は 72
  • 初めの3つの正の偶数の総乗である (48 = 2 × 4 × 6)。二重階乗の記号を使えば 48 = 6!! と表せる。
    • 3連続偶数の積で表される数である。自然数の範囲では最小、1つ前は0、次は 192
  • 75との組 (48, 75) は最小の婚約数である。すなわち、一方の1と自身を除く正の約数の総和が他方に等しい。次は (140, 195)。
  • 3番目の十七角数である。1つ前は 17、次は 94
  • 1/48 = 0.02083…(下線部は循環節。循環節の長さは1)
  • 九九では6の段で 6 × 8 = 48(ろくはしじゅうはち)、8の段で 8 × 6 = 48(はちろくしじゅうはち)と2通りの表し方がある。
  • 22番目のハーシャッド数である。1つ前は 45、次は 50
    • 12を基としたときの最小のハーシャッド数である。次は 84
    • 48より小さな数で基が12以上のハーシャッド数はない。ひとつ前は9(基数が9)、次は195(基数が15)。
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で22番目の数である。1つ前は 47、次は 60
  • 約数の和が48になる数は3個ある。(33, 35, 47) 約数の和3個で表せる3番目の数である。1つ前は 42、次は 60。
    • 約数の和 n 個で表せる n 番目の数である。1つ前は18、次は312
  • 各位の和12となる2番目の数。1つ前は 39、次は 57
    • 偶数という条件をつけると各位の和が12になる最小の数である。
  • 48 = 43 − 42 、1つ前は18、次は100。(オンライン整数列大辞典の数列 A045991)

その他 48 に関連すること[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32BD 1-8-60 ㊽
㊽
CIRCLED DIGIT FORTY EIGHT

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。