62

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
61 62 63
素因数分解 2 × 31
二進法 111110
六進法 142
八進法 76
十二進法 52
十六進法 3E
十八進法 38
二十進法 32
ローマ数字 LXII
漢数字 六十二
大字 六拾弐
算木 Counting rod h6.pngCounting rod v2.png

62六十二、ろくじゅうに、むそふた、むそじあまりふたつ)は、自然数また整数において、61 の次で 63 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数は 1, 2, 31, 62 である。
  • 22番目の半素数である。1つ前は 58、次は 65
  • 62番目の素数が293であることより300までの素数は62個である。
  • 1/62 = 0.0161290322580645…(下線部は循環節。その長さは15)
  • 623 = 238328 であるが、立方数が2個の同一数が3組できる、2桁で唯一の数である。
  • 62 = 21 + 22 + 23 + 24 + 252の自然数乗の和とみたとき1つ前は30、次は126
    • a1 + a2 + a3 + a4 + a5 とみたとき1つ前は5、次は363
  • 偶数の6番目のノントーティエントである。1つ前は50、次は68
  • 約数の和が62になる数は1個ある。(61) 約数の和1個で表せる19番目の数である。1つ前は57、次は63
  • 各位の和が8となる7番目の数。1つ前は53、次は71

その他 62 に関すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。