67

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
66 67 68
素因数分解 67 (素数
二進法 1000011
六進法 151
八進法 103
十二進法 57
十六進法 43
二十進法 37
ローマ数字 LXVII
漢数字 六十七
大字 六拾七
算木 Counting rod h6.pngCounting rod v7.png

67六十七、ろくじゅうしち、ろくじゅうなな、むそじあまりななつ)は自然数、また整数において、66 の次で 68 の前の数である。

性質[編集]

  • 19番目の素数である。1つ前は61、次は71
  • 8番目のスーパー素数である。1つ前は59、次は83
  • 6番目の 8n + 3 型の素数であり、この類の素数は x2 + 2y2 と表せるが、67 = 72 + 2 × 32 である。1つ前は59、次は83。
  • 3番目の非正則素数である。1つ前は59、次は101である。
  • 1/67 = 0.014925373134328358209855223880597…(下線部は循環節。その長さは33。)
  • メルセンヌは 267 − 1 が素数であると予想したが、1903年コールによって次のように素因数分解された。
    267 − 1 = 147573952589676412927 = 193707721 × 761838257287
  • 6! × 7! = 10! である。
  • 5つの連続した素数の和で表すことのできる4番目の数である。1つ前は53、次は83
    67 = 7 + 11 + 13 + 17 + 19
    • 5つの連続した素数の和が素数になる2番目の数である。1つ前は53、次は83
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で24番目の数である。1つ前は60、次は72
  • 各位の和が13となる3番目の数。1つ前は58、次は76
  • 連続自然数を連結してできる6番目の数である。1つ前は56、次は78。(参照オンライン整数列大辞典の数列 A035333)
    • 連続自然数を連結してできる2番目の素数である。1つ前は23、次は89

その他 67 に関すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。