BODY (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

BODY(ボディ)は増谷BODY(増谷キートン)と宮崎BODY(椿鬼奴)によるお笑いコンビ。

2人はとも主にピン芸人として活動しているが、2005年M-1グランプリに出場するためにBODYを結成し、それ以降キュートンのライブなどで一つのネタとしてBODYの漫才を披露している。

芸風[編集]

漫才の立ち位置は下手側(向かって左)に増谷BODY、上手側(向かって右)に宮崎BODY。二人の背格好と髪の長さがほぼ同じで、しかもBODYとして舞台に出るときは揃いの衣装(同色のトレーナーとデニムパンツ)をつけているので遠目に見ると双子の兄弟のように見える。ネタはしばしば既存のストーリー(銀河鉄道999水戸黄門など)をパロディ化したコント仕立てになっていて、その中で増谷BODYのぼけを宮崎BODYが強烈なテンションでつっこむパターンが多い。2007年M-1グランプリ三回戦では当時サッカー騒動で謹慎中だった横綱朝青龍をネタにして爆笑を誘い、高評価で準決勝に進出したが、準決勝では水戸黄門をもじったネタで敗退した。

2007年テレビ朝日系列の笑いの金メダルでは、BODY名義でコントを披露。最初にピンクの全身タイツに白い鉢巻、手には鞭を持った増谷がSHOP99のテーマソングに合わせてスキップしながら登場する。続いて宮崎(椿)が現れ、増谷を見て「ギャー」「い〜や〜」などと数秒間絶叫する。その後、音楽が止まると増谷が顔だけタイツを取るが、その下にもタイツを被っている。一枚しか被っていないパターンもあり、その場合はタイツを取った増谷が「オレだよ…」と言い、椿が「あなた…」と言って終了する。

出演[編集]

テレビ[編集]

コンビとしての出演のみ掲載する。ピン芸人としての出演は増谷キートン椿鬼奴を参照。

その他[編集]