blue chee's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

blue chee's(ブルーチーズ)は、2010年12月12日のファーストライブでデビューした、女性3人組みのガールズバンド。メンバーの内2人は元チェキッ娘、そして前身であるchee's(のち「CHEE'S」)のオリジナルメンバー。

概要[編集]

日本の音楽バンド・chee'sの解散(2001年6月30日)から10周年目を目前に再集結した、女性3人組みのガールズバンド2010年12月12日にファーストライブを行なう。

chee's解散10年目の2011年にアルバムの発売を発表[1]

メンバーは、ベースボーカルの新井利佳、ドラムボーカルの藤岡麻美、キーボードボーカル アネモネ(アネモネを除く3人は女性アイドルグループチェキッ娘の元メンバーである)。

2013年3月14日3月16日、アメリカのイベントNaka-Kon 2013に招致され、2000人の観客を前にライブを大成功させ、世界を視野に入れ活動を続ける[2]

2011年10月より新井利佳が台湾移住、2013年3月31日に藤岡麻美も台湾移住したため、日本での活動が困難になり、2014年11月29日をもってバンドは解散。[3]

メンバー[編集]

  • 新井利佳 - ベース、ボーカル。元チェキッ娘/chee's。chee'sではリーダーを務めた。2011年10月より台湾在住。
  • 藤岡麻美 - ドラム、ボーカル。元チェキッ娘/chee's。2013年3月より台湾在住。
  • アネモネ - キーボード、ボーカル。ファーストライブよりオーディションにて加入。メンバーの中で唯一チェキッ娘出身ではない。また、2013年3月より唯一日本に在住しているメンバー。

元メンバー[編集]

  • 松本江里子 - ギター、ボーカル。2012年8月11日のワンマンライブをもって脱退[4]。chee'sには1999年5月26日まで在籍。

メンバー・バンドについて詳細[編集]

  • メンバー唯一の既婚者で現在二児の娘を持つ母である新井利佳は、2011年10月23日より台湾に引越し、在住している[5]。ワンマンライブの際は帰国し、blue chee'sでの活動は続けていく。
  • 2013年3月23日のワンマンライブにて藤岡麻美の台湾移住も発表された。3月31日より藤岡も台湾に在住している[6]
  • バンドロゴは新井利佳によるデザイン。
  • blue chee's WEBサイトの作成はメンバーのアネモネによるもの。オフィシャルグッズの企画・デザインもほぼ全てアネモネが担当している[7]
  • 藤岡麻美は個人での音楽活動も続けており、2011年12月17日に自身がリリースするアルバムの発売記念イベントにblue chee'sをゲストとして招待している[8]
  • 2012年6月14日更新のブログにて松本江里子の脱退が発表された[9]
  • 2012年7月1日に新木場STUDIO COASTで開催された「アイドル横丁夏祭り!!~2012~」では、松本江里子に代わり、ゲストボーカルに元チェキッ娘 矢作美樹が出演した。2012年8月11日ワンマンライブでの発表によると、「アイドル横丁夏祭り!!~2012~」への出演は、アネモネがイベント担当者にオファーの電話を入れたことから決定した[10]
  • 2012年8月5日に開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」へ「blue chee's featuring チェキッ娘」として出演が決定[11]。チェキッ娘とのコラボレーションは初[12]
  • 2012年8月11日、「blue chee's LIVE 2012 夏~決断の物語~」のゲストに元チェキッ娘 下川みくに」のゲスト出演が決定[13]
  • 2013年6月1日のアキハバラ・アニメシティVOL.04「桃井はるこ VS blue chee's」では、桃井はることの共演を果たす[14]
  • アネモネは「アネモネ(blue chee's)」名義で日本ファルコム、5bp.作品に歌唱参加、歌詞提供、英詞翻訳をしている[15][16][17]

作品[編集]

アルバム[編集]

  1. This is not a love song(ミニアルバム 2012年2月29日発売)
  2. out of the blue(1stフル・アルバム 2013年8月7日発売)

アネモネ (blue chee's)[編集]

  1. ほしのありかざんまい(日本ファルコム 2011年12月29日発売)
  2. 「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」スーパー・アレンジ・バージョン(5bp. 2012年9月5日発売)
  3. ファルコムjdkバンド ディーバ小寺可南子シングス2(日本ファルコム 2012年12月29日)

出演[編集]

ラジオ[編集]

WEB媒体[編集]

  • 「下北FM」DJ TOMOAKI'S RADIO SHOW(2013年3月21日)
  • アメーバスタジオプレミアム生放送(2012年7月31日)
  • アイドル音楽専門チャンネル「A.I.S.A」(2012年)
  • blue chee's 3周年記念USTREAM番組「blue stream attack!!」(2012年12月12日~)

雑誌[編集]

  • Princess☆Collection 2013年2月27日発売(インタビュー掲載)
  • J-POP GIRLS キュン! vol.6 2012年10月発売(インタビュー掲載)
  • デ☆ビュー 2012年9月号(インタビュー掲載)
  • プレイボーイ 2012年8月13日号(インタビュー掲載)
  • MANIMANI vol.2 2012年7月13日発売(アネモネ記事執筆)
  • FLASH 2012年5月29日号(インタビュー掲載)
  • HYPER HOBBY 2011年6月号(インタビュー掲載)

脚注[編集]

  1. ^ 「ナタリー」2011年10月19日記事「元チェキッ娘バンド、blue chee'sが初のオリジナルCD発売」より。
  2. ^ 「Musicる」2013年4月23日「2013/04/23blue chee's初のアメリカライブ大成功! 」より。
  3. ^ ナタリー「元チェキッ娘バンド・blue chee's解散」より。
  4. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年6月14日記事「重要なご報告」より。
  5. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年10月23日記事「胸に温かい夢があるから、これから別々でもきっと大丈夫なのです!」より。
  6. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年3月31日記事「台湾に着きました!」より。
  7. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年11月3日記事「本日、1/28ライブ前売券&ミニアルバム予約開始!HPもリニューアルで試聴も開始です!」より。
  8. ^ 「藤岡麻美オフィシャルサイト ~mami fujioka official web site~」より。
  9. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年6月14日記事「重要なご報告」より。
  10. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年6月29日記事「7/1(日)アイドル横丁夏祭り!!~2012~詳細発表!!」より。
  11. ^ 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」「第6弾 出演アイドル発表!!」より。
  12. ^ 「blue chee's Official Blog」2012年6月22日記事「blue chee's「TIF 2012」&「アイドル横丁夏祭り!!」出演決定!!」より。
  13. ^ 「2012年 夏 第6回目ワンマンライブ blue chee’s LIVE 2012 夏~決断の物語~開催決定!!」より。
  14. ^ アキハバラアニメシティVOL.4「桃井はるこ VS blue chee's」より。
  15. ^ 「日本ファルコム公式サイト」「ファルコムjdkバンド ディーバ小寺可南子シングス2」より。
  16. ^ 「blue chee's Official Blog」2011年11月30日記事「本日発表!コミケ先行販売CD・日本ファルコム「ほしのありかざんまい」にアネモネ参加!」より。
  17. ^ 「5bp.公式サイト」「「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」スーパー・アレンジ・バージョン」詳細ページより。