hy4 4yh

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ファンコット
ヒップホップ
エレクトロニック・ダンス・ミュージック
ファンク
J-POP
活動期間 2005年 -
公式サイト thelabel.jp/hy4_4yh/
メンバー yukarin(中島由香利
Chanyumi(坂越由実子
旧メンバー Milano(神岡実羅乃)
Sadachi(佐達ちはる)

hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)は、ゆかりん(中島由香利)と、ちゃん(坂越由実子)の2MCで構成される[1] 世界にYAVAY(ヤヴァイ)を発信する 日本のシンガーソング&ラップ・ガールズデュオである。

  • キャッチフレーズは「世界にYAVAYを発信するQUEEN OF STAGE」

メンバー (人物)[編集]

略歴[編集]

子役時代[編集]

「OTOME⑤」時代[編集]

  • 女性ミュージカル集団「東京メッツ」解散後、同団体の中から選抜された古川英利子、yukarin、Chanyumi、Milano、Sadachiの5人により、2005年5月14日に1日限定のユニット「OTOME⑤」(おとめっこ)を結成。デビューした日に初ライブ、そして同日に解散[2]

「YO_OY」時代[編集]

「hy4_4yh」時代[編集]

  • 2006年、当初の「YO_OY」から今井仁美が脱退し、グループ名を「hy4_4yh」に改名した。
  • 2008年10月17日、Milanoが学業優先のため脱退した[3]
  • 2010年1月24日には石丸電気の社歌を歌うユニットとして別名義「いしまるっ子クラブ」としても活動開始。当時の秋葉原石丸電気にて初登場。同年9月26日にいしまるっ子クラブ名義のシングルCDが発売された。そして同年秋頃より同ユニット名義のオリジナル曲が作られた。2011年3月26日、本店閉店に伴い解散した。
  • 2011年吉田豪の監修によるコンピレーションアルバム「ライブアイドル入門」に収録されたことで注目され、HMVから強いバックアップを受けるようになる[4]
  • 2013年にはを手がけたシングル「ティッケー大作戦!〜YAVAY」は、インドネシアの音楽であるファンコットを導入したことで話題になった[5][6][4][7]
  • 2014年1月、Sadachiが首を故障したため活動が不可能になり、「DJ Sadachi」としてサポートメンバーとなった。
  • 2014年3月、Sadachiが自称語学留学をするため実質の脱退[8][7]
  • 2014年4月、ユカリン、チャンユミの2MCとなり本格的な活動が開始される。

エピソード[編集]

著名人からの評価[編集]

  • RHYMESTER宇多丸 - 「宇多丸チルドレン」の称号を与える。また、『プライベートを徹底して切り売りしない。SNSも苦手』というスタンスより、「君たち(hy4_4yh)のやり方は80年代のやり方」と指摘[9]

その他著名人との関係[編集]

その他[編集]

  • 事務所は無所属でプロデューサーである江崎マサルとメンバーの3人のみで活動している。
  • KAMINOGEファミリーでもある。[10]

ライブ(GIG)[編集]

ライブの事を彼女たちはGIGと呼ぶ。結成から現在までに1000本を越えて、現在も平均月3~5本を行っている[11]。 ライブスタイルとしては

  • Back DJを後ろに従えたスタイル
  • 生バンド スタイル
  • オケ(バック演奏にボーカル抜きのトラックを流す)スタイル
  • トークのみのステージ

の基本4パターンがある。

別キャラ[編集]

  • 中坊ズ

現役中2のフォークシンガー (メンバー) ・敷地 翔(V0)愛称:シキちゃん ・小畑 文次(VO)愛称:おばピー

  • THE YAVAY BAND

時々、日本国外から来日するとされる hy4_4yhにそっくりなツインヴォーカルとスゥエーデン人のドラマー、イタリア人のギタリスト、国籍不明なベーシストで結成された多国籍5人組のパンクバンド。

(メンバー) ・ゆみヤヴァイ(VO) ・ゆかヤヴァイ(VO) ・クリス・ヤヴァイ(Dr) ・ラファエル・ヤヴァイ(Gu) ・バッキー・ヤヴァイ(Ba)

作品[編集]

公式サイトで詳細が確認できる[12]。多くの作品でオリコンデイリーチャートにチャートインを果たしている[13]

YO_OY名義[編集]

アルバム[編集]

# タイトル 発売日 備考
01 YO盤! 2005年

hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)名義[編集]

マキシシングル[編集]

# タイトル 発売日 備考
01 ミミララ未来 2008年05月03日 C/W サクライブキ/JOIN (2008ver.)
02 勝手にシンデレラII 2008年07月12日 C/W 好き。。。〜茅ヶ崎の天使/Rock'nどっきんサマー
03 たいようといっしょ 2008年10月13日 C/W ジェネレーションX-NEO/HAPPY BIRTHDAY to me
04 シンガロング 2009年04月19日 C/W 転生フェニックス/ハイパーヨーヨのスピード狂時代
05 ハミングバード 2009年07月26日 C/W ヘロー!ベイベー!!/20 Flight to Rock
06 OH!青春!! 2009年11月11日 C/W ハイパーアワー!/ありが to U(ジャケットは赤盤・青盤の2タイプあり)
07 ハルウタ 2010年04月18日 C/W 君!きみ!キミ!KIMI!/UTATTA
08 444のキセキ 2010年07月04日 C/W I ♥ LIVE/たからもの
09 SPEEDY WONDER 2010年12月19日 C/W アタシのヒカリ/BURRRN バンザイ!!
10 U☆CHU 2012年02月22日 C/W ミルクセーキとポップコーン(ローソン・HMV独占盤)
11 We ♡ OT/完全攻略 (Live Edit) 2012年03月21日 ローソン・HMV独占盤、Negiccoとのスプリット盤
12 ゆけゆけGOGO女の子!! 2012年04月04日 ローソン・HMV独占盤、444枚限定盤
13 BEACH POWER 2012年07月11日 C/W さまぁ~ライフ/海の日々。2012(ビーチバレーJBVツアー2012オフィシャルソング)
14 TAMA FREE! 2012年10月03日 ローソン・HMV独占盤、TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル公式曲
15 ティッケー大作戦!〜YAVAY 2013年04月04日 C/W HYPER TICKEEE QUEENの歌/TAMA FREE!魔改造 ver.(通常盤・デラックス盤の2タイプあり※DX盤にはFUNKOT Remixアルバム付き)
16 はなびーと 2013年07月10日 C/W ティッケー音頭/世界で一番可愛がってくれる人(通常盤・デラックス盤の2タイプあり※DX盤にはLIVEアルバム付き)
17 ぶくぶく/×YO×× 2014年04月23日 ハイパーエレキテル連合名義(日本エレキテル連合とコラボ)
18 ティッケー・オン・ザ・ビーチ 2014年07月30日 C/W ティッケー・オン・ザ・ビーチ(FUNKOT ver.)/マイクチェックのうた 2014
19 YAVAY JAPAN 2020/OH!SISTA 2014年12月03日 C/W OH! SISTA/マYAVAY JAPAN 2020 (inst.) (ジャケットは初回限定 紙ジャケデジパック仕様)
20 LOVE GENOME/天国⇔地獄 2015 2015年05月13日 両A面(ラヴソング)シングル

アルバム[編集]

# タイトル 発売日 備考
01 ハイパーヨー盤 2006年05月28日
02 続ハイパーヨー盤 2007年01月07日
03 ハイパーヨー盤3 夏の章 2007年08月05日
04 ハイパーヨー盤3 冬の章 2007年11月23日
05 ハイパーヨー盤4 2012年05月16日
06 STAR☆TING 2014年01月29日 J-WAVEのレーベルより発売
07 ハイパヨ△の青春J-RAP 2015年10月28日 日本のラップ曲のカバーアルバム。
08 YAVAY 2016年8月10日 メジャーファーストアルバム(ユニバーサルミュージック)

ベスト・アルバム[編集]

# タイトル 発売日 備考
01 ハイパーヨー盤 + 続ハイパーヨー盤 2012年02月22日 全曲リマスタリング
02 ハイパーヨー盤3〜夏の章&冬の章 2012年03月21日 全曲リマスタリング
03 HYPER SINGLE COLLECTION+2 :The Early Days 2008-2010 2012年11月21日

DVD[編集]

タイトル 発売日 備考
ハイパーヨーヨのぱーっとやってみよう! 2009年03月15日

オムニバス・アルバム[編集]

タイトル 発売日 曲名 備考
萌レゲェ 2008年08月06日 7曲目「AUTOMATIC
8曲目「BOY MEETS GIRL
アニメ☆ダンス BEST GIG 2010年05月26日 20曲「男女
HMV入門編シリーズ 吉田豪監修「ライブアイドル入門」 2011年08月31日 13曲目「Power Record」
Summer Rising 2013年05月06日 1曲目「Summer Rising」など数曲 DJ JET BARONのアルバム。HIBIKILLAとともにゲストボーカルとして参加。
Hyper Funkot - 超速ダンス・トラックス 2013年06月19日 14曲目「Bomb A Head! DJ JET BARONのアルバム。
Bomb A Head!生誕20周年記念盤~ありがとう編~ 2013年11月20日 2曲目「Bomb A Head! m.c.A・Tの記念アルバムにゲストボーカルとして参加。
Disney Rocks!!! Girl`s Power! 2014年01月22日 1曲目「ミッキーマウス・マーチ ディズニー公式のオムニバスアルバム。
T's MUSIC 2014年03月19日 6曲目「HOLE!」 童子-Tのコンセプトアルバム。KOHEI JAPANLITTLEとともにゲストボーカルとして参加。

その他[編集]

  • 「BEACH POWER」
ビーチバレーJBVツアー2012のオフィシャルソングとして書き下ろし曲を提供。
  • 「ジェネレーションX-NEO」
REINA女子プロレス所属レスラー成宮真希の入場曲として使用されている。

いしまるッ子クラブ名義[編集]

マキシシングル[編集]

タイトル 発売日 備考
石丸電気の歌 2010年09月26日 石丸電気公認曲、石丸電気版とエディオン版がある

ハイパーエレキテル連合名義[編集]

マキシシングル[編集]

タイトル 発売日 備考
ぶくぶく/×YO×× 2014年04月23日 日本エレキテル連合の中野聡子が作詞を担当

主なメディア出演[編集]

公式サイトで確認可能[14]

TV[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

ウェブ[編集]

  • SUPER J-CUP 2016 優勝予想大アンケート(2016年8月6日、SUPER J-CUP 2016公式サイト)[15]

タイアップ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ hy4_4yhの記事まとめ - 音楽ナタリー 2015年3月20日閲覧
  2. ^ a b メッツ情報局”. ガールズミージカルチーム「東京メッツ」オフィシャルサイト. ケイダッシュステージ (2005年). 2008年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月21日閲覧。
  3. ^ Milano(神岡実羅乃)脱退のお知らせ”. hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE. ザ・レーベル (2008年10月17日). 2010年3月21日閲覧。
  4. ^ a b c 橋本尚平 (2014年1月30日). “hy4_4yh「STAR☆TING」インタビュー”. ナタリー (ナターシャ): p. 3. http://natalie.mu/music/pp/hy4_4yh/page/3 2014年11月16日閲覧。 
  5. ^ ふくりゅう (2013年8月4日). “日本代表YAVAY(ヤバイ)文化を牽引する、hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)によるアイドル革命!”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). http://bylines.news.yahoo.co.jp/fukuryu/20130804-00026990/ 2014年11月16日閲覧。 
  6. ^ hy4_4yh”. タワーレコード (2013年12月4日). 2014年11月16日閲覧。
  7. ^ a b hy4_4yh「STAR☆TING」インタビュー (1/4) - 音楽ナタリー Power Push 2015年3月20日閲覧
  8. ^ hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE - ニューヨーカーになります。 2015年3月20日閲覧
  9. ^ 【インタビュー】 hy4_4yh(ハイパーヨーヨ) 公開インタビューGIG
    2014/1/30 @HMVルミネ池袋|HMV ONLINE
     2015年3月24日閲覧
  10. ^ hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE - hy4_4yhクリスマス会&KAMINOGEファミリー忘年会!!のお知らせ。 2015年3月24日閲覧
  11. ^ hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE 2015年3月20日閲覧
  12. ^ hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE 2015年3月20日閲覧
  13. ^ 「hy4_4yh」のCD検索結果 | ORICON STYLE 2015年3月20日閲覧
  14. ^ hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)OFFICIAL WEBSITE 2015年3月20日閲覧
  15. ^ 【各界の著名人&関係者に直撃!】『SUPER J-CUP』優勝予想大アンケート!(ミュージシャン編その1)【SJ16】”. 新日本プロレス SUPER J-CUP 2016. 2016-8-5 (2016年8月6日). 2016年8月20日閲覧。