JR四国の車両形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
四国旅客鉄道(JR四国) > JR四国の車両形式

JR四国の車両形式は、四国旅客鉄道(JR四国)に在籍する、あるいは在籍した鉄道車両の一覧である。

他のJRグループ各社が基本的に日本国有鉄道(国鉄)時代の形式称号を踏襲したのに対し、JR四国は8000系電車2000系気動車などのように、民営化後に自社で開発した車両は、大手私鉄の車両のような4桁の数字のみ(キハ、クハ、サハなどの記号もつかない)で形式番号を表示している。

1000 - 3000代が気動車、5000 - 8000代が電車に割り当てられている[1][2]。車種100の位で、車両番号は10の位で区別されている[1]

例:6000系電車

  • (クモハ)6000形 - (サハ)6200形 - (クハ)6100形

現在の所属車両[編集]

ディーゼル機関車[編集]

電車[編集]

特急形

近郊形

気動車[編集]

特急形

一般形

貨車[編集]

導入予定の車両[編集]

気動車[編集]

特急形

過去の所属車両[編集]

電車[編集]

近郊形

気動車[編集]

特急形

急行形

一般形

客車[編集]

特急形

急行形

一般形

事業用

貨車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『レイルマガジン』通巻153号、p.99
  2. ^ 出典(1996年当時)では電車は6000 - 8000台とされていたが、2003年に登場した5000系が電車であることを鑑み、修正。
  3. ^ JR四国,2600系特急形気動車を導入 - railf.jp鉄道ニュース 2017年1月31日

参考文献[編集]