JR東日本の車両形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東日本旅客鉄道(JR東日本) > JR東日本の車両形式

JR東日本の車両形式は、東日本旅客鉄道(JR東日本)に在籍する、あるいは在籍した鉄道車両の一覧である。

現行車両[編集]

蒸気機関車[編集]

電気機関車[編集]

ディーゼル機関車[編集]

電車[編集]

新幹線[編集]

在来線[編集]

気動車[編集]

客車[編集]

貨車[編集]

導入予定車両[編集]

電車[編集]

  • 特急形
    • 交直流用(非電化対応形)
      • E001系
        東日本エリアを中心に走行するクルーズトレイン向けとして導入される10両編成のハイブリッド寝台電車。2013年6月3日に新造が発表された[6]
        電化区間は架線集電によりモーターを直接駆動させ、非電化区間は大出力のエンジン発電機により生じた電力でモーターを駆動させる新開発の動力方式「EDC方式」を採用。プライベートスペースは、1両当たり2-3室の客室とし、2クラスのスイートルームを提供する予定。車両のプロデュースには奥山清行を起用した。
        その後、この車両を使用する列車名として「TRAIN SUITE 四季島」の名称が与えられた。2017年春運転開始予定。詳細は同項目を参照のこと。
  • 一般形
    • 交流用蓄電池式
      • EV-E801系
        2017年春から奥羽本線男鹿線(秋田 - 男鹿間)に投入予定の交流架線式蓄電池電車。2015年11月20日に秋田支社から導入が発表された[7]
        自社開発したEV-E301系とは異なり、九州旅客鉄道(JR九州)が2016年(平成28年)10月に若松線(若松 - 折尾間)に投入されたBEC819系電車をベースに耐寒耐雪対応等のカスタマイズを行ったものとなる[8]。気動車からの置き換えにより二酸化炭素 (CO2) の排出量を半分に程度抑えられるという。
        制御電動車の「EV-E801」と制御車の「EV-E800」の2両編成 (1M1T) で編成され、EV-E800にリチウムイオン電池を搭載する。編成あたりの定員は256人(うち着席定員80人)で、最高速度は電化区間が110km/h、非電化区間が85km/h。当面1編成2両が投入される予定。

気動車[編集]

  • 一般形
    • 形式未定
      2017年度に八戸線で運用されているキハ40形の更新を目的として投入される予定の一般形液体式気動車。2014年11月28日に調達予定が公表され、予定されている仕様が公開された[9][10][11]
      今回の車輌調達に当たっては、試行的措置として、特定のメーカーに製造を直接依頼するのではなく、車両そのものが国内外のメーカーを対象にした公募により調達が行われる[10]。JR東日本は2014年10月に世界貿易機関 (WTO) の政府調達に関する協定の実施対象から外れているが、同社は「今後も国内外を問わず優れた技術・製品を導入していくという方針に変わりはありません。引き続き透明で内外無差別な調達に向けた取組みを進め、鉄道のさらなる進化をめざしてまいります」とのコメントを出しており[11]、この趣旨に則って実施される。
      調達時に示された仕様は「長さ19,500mm(台車中心間距離13,800mm)、幅2,920、高さ3,062mm、床面高1,130mm(ステップ高970mm)の軽量ステンレス車体」「直噴式直列6気筒横型ディーゼルエンジン(出力331kW(450PS)/2100rpm)」「最高運転速度100km/h」となっている。
      18両が投入される予定。公表当日から公募が始まっており、2015年2月27日18時(日本時間)までの参加を受け付けていたが、結果については明らかになっていない。
    • 形式未定
      2017年度以降に投入予定の一般形電気式気動車。 2015年5月19日に調達・投入予定が発表された[12][13]。ハイブリッド式ではない純然たる電気式気動車は国鉄・JRでは試作車的に製造されたキハ44100形・キハ44200形以来64年ぶりとなるという[14]が、JR東日本は「(電気式の採用により)電車等で培ってきた技術の採用、共通化により、安全安定輸送と質の高いサービスを提供」するとしている[12]
      キハ40・47・48形の運用が残る[13]新潟・秋田地区の羽越本線(新津 - 酒田)・信越本線(新津 - 新潟)・米坂線磐越西線(会津若松 - 新津)・津軽線五能線奥羽本線(秋田 - 東能代、弘前 - 青森)向けに単行車両を19両、2両編成を22編成44両の計63両を製作し、2017年から2019年にかけて新潟地区へ、2020年に秋田地区に投入予定としている。電気式気動車としてはその後も合計で150 - 250両程度を投入予定であるとしている。またJR北海道も基本的な仕様が同一の車両を2019年より投入する予定である[15]。製造に当たっては上述の八戸線向け気動車に続き、メーカーを国内に限定しない公募調達が行われる。

廃止車両[編集]

蒸気機関車[編集]

電気機関車[編集]

ディーゼル機関車[編集]

電車[編集]

新幹線[編集]

在来線[編集]

気動車[編集]

客車[編集]

  • 特急形
  • 一般形
  • 旧形
  • オリエント急行'88
    オリエント・エクスプレス '88の日本運行時、7形式11両の客車がJR東日本へ一時的に車籍編入された。
    • LX16(個室寝台車) - 3472A・3480A・3487A・3542A・3573A
    • LX20(個室寝台車) - 3551A
    • YU(スタッフ用寝台車) - 3909A
    • WR(食堂車・プレジデンシャル) - 3354D
    • WSR(プルマン・カー/食堂車) - 4158DE
    • ARP(バー・サロン車) - 4164E
    • D(荷物車) - 1286M
  • 事業用

貨車[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ JR東日本の通勤電車の開発経緯 (PDF) - 東日本旅客鉄道
  2. ^ ネコ・パブリッシング「レイル・マガジン」No.282 p.50:JR東日本運輸車両部(車両開発)在来線車両グループの畑弘敏が「一般形直流電車」と記載。
  3. ^ 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』No.492 p. 38:JR東日本運輸車両部の菊池隆寛が「E233系一般形直流電車」と記載。
  4. ^ ただしJR東日本会社要覧2012-2013 (PDF) では通勤形電車近郊形電車と記載。
  5. ^ ただしJR東日本会社要覧2012-2013 (PDF) では近郊形電車と記載。
  6. ^ “「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。〜クルーズトレインの新造について〜” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年6月3日), http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130603.pdf 2015年4月22日閲覧。 
  7. ^ “新たな「蓄電池電車」を男鹿線に導入します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道秋田支社, (2015年11月20日), https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151120-1.pdf 2015年11月30日閲覧。 
  8. ^ “JR男鹿線に蓄電池電車 17年に導入、CO2を抑制”. 日本経済新聞. (2015年11月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94405180V21C15A1L01000/ 2015年11月30日閲覧。 
  9. ^ “八戸線用気動車の公募調達の実施について” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2014年11月28日), https://www.jreast.co.jp/press/2014/20141123.pdf 2016年7月31日閲覧。 
  10. ^ a b “JR東日本、八戸線用の新型気動車を公募調達”. Response.. (2014年11月28日). http://response.jp/article/2014/11/28/238491.html 2016年7月31日閲覧。 
  11. ^ a b “JR東日本、八戸線用気動車18両を公募調達 - 国内外から企業の参加を求める”. マイナビニュース. (2014年11月28日). http://news.mynavi.jp/news/2014/11/28/375/ 2016年7月31日閲覧。 
  12. ^ a b “新潟・秋田地区への新型電気式気動車の投入について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年5月19日), https://www.jreast.co.jp/press/2015/20150510.pdf 2016年7月31日閲覧。 
  13. ^ a b “JR東日本、新型電気式気動車を新潟・秋田地区に63両 - 既存気動車置換えへ”. マイナビニュース. (2015年5月19日). http://news.mynavi.jp/news/2015/05/19/418/ 2016年7月31日閲覧。 
  14. ^ JR東日本 新型電気式気動車を大量投入へ。”. 鉄道ホビダス (2015年5月20日). 2016年7月31日閲覧。
  15. ^ JR北海道も電気式気動車導入へ。”. 鉄道ホビダス (2015年6月11日). 2016年7月31日閲覧。