Mi-Ke

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Mi-Ke
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1991年 - 1993年
レーベル BMGビクター
BMGルームス
共同作業者 織田哲郎(作曲)
池田大介(編曲・キーボード)
葉山たけし(編曲・ギター)
栗林誠一郎(作曲・編曲)
長戸大幸(作詞・プロデュース)
メンバー 宇徳敬子
村上遥
渡辺真美

Mi-Ke(ミケ)は、宇徳敬子村上遙渡辺真美の3人のB.B.クィーンズの音楽コーラス隊であり、後にアイドルグループとしてデビューした。ビーイング所属。オリジナルロゴには「Presented by B.B.クィーンズ」と書かれる。

概要[編集]

アイドルグループとしては1991年にデビュー。振り付けを意識した当時のアイドルグループの形態をとりながらも、アルバムごとにテーマを定めたリバイバルカバープロジェクトであった。グループ名の由来は当時ヒットした「たま」をもじり、メンバー3名の個性を活かして三毛猫から取っており、白が宇徳、茶色が村上、黒が渡辺というように色が分けられていた。

ビーイングのサウンド、アレンジ、パロディを含めたプロデュースが光り、日本レコード大賞日本有線大賞全日本有線放送大賞(現・ベストヒット歌謡大賞)、日本ゴールドディスク大賞と各音楽賞の最優秀新人賞を総ナメにし、『第42回NHK紅白歌合戦』(「想い出の九十九里浜」)にも出場。

1992年4月、同月から放送が開始された『NHKヒットステージ』にてアシスタントとしてレギュラー出演。翌年3月の放送終了まで出演した。

ボーカルを務める宇徳敬子は、1993年にシングルCD「あなたの夢の中 そっと忍び込みたい」でソロデビューし、Mi-Keとしては同年にシングル「Please Please Me, LOVE」をリリース後、CD発売や音楽活動は自然に停止している状態である。

メンバー[編集]

宇徳敬子
メインボーカル。ほとんどのコーラスも宇徳の単独コーラスであり、Mi-Keの音源では彼女の声が9割を占める。ソロ転向後にはアルバムオリコン1位を獲得するなどヒットを出している。
村上遙
コーラス。立ち位置左。単独コーラスはほとんど宇徳が行っていたため、TV出演時以外はサビのコーラスパートのみであった。
渡辺真美
コーラス。立ち位置右。村上と同じくコーラスだが、「想い出の九十九里浜」のカップリング曲「あっぷる・らぶ」では、自ら作詞して歌っている。Mi-Keの楽曲ではないが、YouTubeで渡辺のライブ映像を見ることができる。2008年2月より、ブログおよび定期ライブを開始した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 楽曲制作 最高位
1st 1991年2月14日 想い出の九十九里浜 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:織田哲郎
5位
2nd 1991年5月3日 好きさ好きさ好きさ 作詞:クリス・ホワイト
作曲:クリス・ホワイト
編曲:池田大介
9位
3rd 1991年6月13日 ブルーライト ヨコスカ 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:明石昌夫
13位
4th 1991年7月11日 む〜んな気持ちはおセンチ 作詞:川島だりあ
作曲:織田哲郎
編曲:織田哲郎
50位
5th 1991年12月4日 白い2白いサンゴ礁 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:織田哲郎
19位
6th 1992年4月8日 悲しきテディ・ボーイ 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:池田大介&Mi-Ke Project
10位
7th 1992年6月10日 サーフィン・JAPAN 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:池田大介&Mi-Ke Project
10位
8th 1992年7月22日 朝まで踊ろう 作詞:たちひろし
作曲:長戸大幸
編曲:池田大介&Mi-Ke Project
15位
9th 1992年11月6日 Pink Christmas 作詞:長戸大幸
作曲:春畑道哉
編曲:葉山たけし
22位
10th 1992年12月31日 涙のバケーション 作詞:長戸大幸
作曲:織田哲郎
編曲:池田大介&Mi-Ke Project
19位
11th 1993年5月12日 Please Please Me, LOVE 作詞:上杉昇
作曲:栗林誠一郎
編曲:栗林誠一郎
15位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 1991年4月13日 想い出のG・S・九十九里浜 19位
2nd 1991年12月16日 懐かしのブルーライト ヨコハマ ヨコスカ 15位
3rd 1992年4月8日 忘れじのフォーク・白い2白いサンゴ礁 8位
4th 1992年7月22日 太陽の下のサーフィン・JAPAN 10位
5th 1992年10月14日 朝まで踊ろう 悲しきテディ・ボーイ 9位
  1992年12月?日 タイトル未定(クリスマスアルバム) 発売中止
6th 1993年6月2日 甦る60's 涙のバケーション 27位
7th 1993年12月8日 永遠のリバプールサウンド〜Please Please Me, LOVE. 65位
8th 2002年12月20日 complete of Mi-Ke at the BEING studio 110位
9th 2007年12月12日 BEST OF BEST 1000 Mi-Ke 201位
10th 2010年 Mi-Ke BEST HITS 圏外
11th 2011年7月20日 Mi-Ke Golden Hits 〜20th Anniversary〜 121位

映像作品[編集]

  1. 想い出のG・S・九十九里浜 - VHS(1991年6月21日
  2. 白い2白いサンゴ礁 - VHS(1991年12月16日
  3. Mi-Ke CLIPS - DVD (2002年12月20日

オムニバス[編集]

  1. ナースステーション〜オリジナル・サウンドトラック(1991年3月21日)
    • 「想い出の九十九里浜」収録
  2. It's TV SHOW!!〜TBSテレビ&フジテレビ 主題歌&テーマ曲BEST〜(2004年10月27日)
    • 「想い出の九十九里浜」収録
  3. COUNTDOWN BEING(2005年11月)
    • 「想い出の九十九里浜」、「ブルーライト ヨコスカ」収録
  4. FUN Greatest Hits of 90's(2006年3月1日)
    • 「想い出の九十九里浜」収録

出演[編集]

NHK紅白歌合戦[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1991年(平成3年)/第42回 想い出の九十九里浜 12/28 美川憲一
1992年(平成4年)/第43回 2 涙のバケーション 5/28 光GENJI

テレビ番組[編集]

CM[編集]

エピソード[編集]

  • 日本テレビ系列の期首特番『ザッツ・宴会テイメント』へレギュラー出演しており、毎回出演しては新曲を披露していた。これに異論を唱えたのが同じくレギュラー出演者の堺正章であったが、宇徳敬子が堺の大ファンであることを告げると対応が一転。Mi-keの応援(実際にはほぼ宇徳の応援)をするようになる。
  • ドラマ『ナースステーション』の主題歌クレジットにはB.B.クィーンズ・シスターズの表記が確認できる。
  • 後にZARDのボーカルとしてデビューする坂井泉水はMi-keの前身にあたるB.B.クィーンズの音楽コーラス隊のオーディションを受けて落選している。

関連項目[編集]