NGT48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NGT48
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年8月21日 -
レーベル アリオラジャパン
(2017年 - )
事務所 AKS
共同作業者 秋元康
公式サイト ngt48.jp
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照

NGT48(エヌジーティー フォーティエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本女性アイドルグループ

概要[編集]

AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の7組目(日本国内5組目)[注 1]として2015年に結成され[1]、同年8月21日新潟市歴史博物館(みなとぴあ)でお披露目された[2][3]新潟市中央区万代にある『ラブラ2』4階に、専用劇場『NGT48劇場』が2016年1月10日にオープンした[4]2017年4月12日に、ソニー・ミュージックレーベルズアリオラジャパンレーベルよりシングル「青春時計」でメジャーデビューし[5]Billboard JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート[6]オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している[7]

グループ名の「NGT」は、劇場所在地である新潟市および新潟県の「新潟」(NIIGATA)に由来する[8]

世間では札幌沖縄に新グループが誕生するのではないかとの噂があり、プロデューサーである秋元康すら最初にスタッフから新潟の新グループ発足について聞いたときには驚いたという[9]。関係者によれば、新潟にAKB48グループの誘致を働きかけたのは、NGT48劇場が入居するラブラ2を運営する三井不動産と地元のバス事業者である新潟交通だという[10]。物販だけでは地域活性化に限界があり、「体験型」活性化策が必要だとして若者や30 - 40代の客層が見込め、新潟への経済効果が期待できるNGT48劇場の誘致が進められたという[10]

グループ立ち上げ時のメンバー26名のうち、平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった[2][11][注 2]

他の姉妹グループと同様に、グループ名から1文字ずつ取ったチーム制を導入しており、2017年5月時点で「チームNIII[注 3]の1チームとチームに所属していない研究生により構成されている。メンバーは2017年5月時点で、チームNIII 16名、研究生 9名の計25名で、そのうち1名がAKB48との兼任である[15]

グループのロゴマークは、県鳥の朱鷺をイメージしており、 の背景に の「NGT48」の文字と背景の右と下に赤いエッジを配したものが使用されている[16]。今村によると、新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象からこのカラーに決定した[16]。白は新潟の雪景色、赤は情熱もイメージしている[16]

特徴[編集]

地域性[編集]

NGT48は「地域密着・地元貢献」をテーマに掲げており[17]、新潟県のイベントに積極的に参加したり、地元企業とのタイアップや、地元メディアでの露出などを活発に行っている[18]。例として新潟市の移住促進動画や県産米のPR活動、地元企業とコラボしたメンバー考案商品の発売が挙げられ、こういった活動を通して地域活性化に積極的に参画している[19]。結成から1年たたずに県や新潟市、地元大手企業等が相次ぎNGT48を広告に起用しており、上武大学教授の田中秀臣は「グループが拠点とする他の都市と比べても、新潟ほどAKBグループに力を注いでいる地域はない。異例だ」と指摘し、このような背景には「人口減が進む中で、地元の活性化につながるという期待感の表れだ」と分析した[20]。これまでの姉妹グループと異なり、(大都市圏ではない)地方都市を拠点としているNGT48は「地方創生」の点に重きが置かれ[21]、同じく地方都市を拠点とする姉妹グループ・STU48にも同様の効果が期待されているという[19]

NGT48は結成からデビューまでの期間が1年8か月で、AKB48グループの中で最も長い時間を要した[22]。そこには従来のAKB48グループとは異なる課題があった[23]。最大の障壁となったのは「人口」で、NGT48の活動拠点である新潟市の人口は約80万人で、AKB48グループが人口100万人未満の都市に設立されたのは初めてであった[23]。そのため、どれだけの基礎票を獲得できるのかが未知数であったという[23]。新潟は芸能活動を行うための環境も整備されておらず、地域的に芸能学校もないため[23]、劇場支配人・今村悦朗は劇場開設の準備をするかたわらで、特に新潟県外出身メンバーを受け入れてくれる学校を探すところから始めたという[24]。このような課題の中で打ち出されたのが「地元密着」という方針だった[23]。現地企業や行政などと、他の姉妹グループ以上に地域との濃い関係性を築き、新潟全体を応援団にしようと考え、今村は「AKB48グループとは何か、自分たちが協力することで何ができるかを関係各所へゼロから説明して歩いた」といい[23]、結果的には50の企業や団体がNGT48への協力に声を上げた[25]。さらには、スタッフも地元出身者で固めたという[23]

秋元康は、姉妹グループの増加によりグループの1期生に人気が集まるという傾向が表立ったため、NGT48には新しいタイプの応募者が多く現れ、全国から応募者が集まると予想していて[9]、実際に新潟県外からの応募が7割を超え[12]、結果的にメンバーとなった新潟県出身者は半数以下の12名で、地元出身者の比率は低かった[26]。なお、新潟県出身のメンバーは“自分が住む町の出身メンバーに共感を抱かせる”という目的で、出身市町村名まで公表している[12]。第1期生オーディションの選考においては東北北陸など意識的に東日本の出身者を中心に構成しており[注 4]、今村によれば「『東日本』のグループとして幅広い地域から共感を得ることを期待している」[12]

AKB48や他の姉妹グループとの比較[編集]

  • 他の姉妹グループは、各劇場が所在する地域名[注 5]がグループ名の由来になっているが、NGT48は県名・市名が由来となっている[8]
  • 姉妹グループからの移籍・兼任メンバーですでに他事務所に所属していた場合[注 6]を除き、メンバー全員がAKSに所属している[27]
  • 当初より「AKB48 Now on Google+」のプロジェクトに参加していない。

略歴[編集]

2015年[編集]

  • 1月25日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト1035 2015』において、NGT(NiiGaTa)48の結成とNGT48劇場支配人としてSKE48劇場支配人の今村悦朗が異動し、就任することが発表される[1]
  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、北原里英がNGT48のキャプテンとして移籍することと柏木由紀が兼任することが発表される[28]
  • 4月10日、1期生の募集を開始[16]
  • 5月10日、有明コロシアムで行われた『第2回AKB48グループドラフト会議』において、ともにバイトAKB出身である西潟茉莉奈と荻野由佳の2名を指名[29]
  • 5月24日、専用劇場が新潟市中央区万代にある商業施設『ラブラ2』4階内にオープンすることが発表される[30]
  • 7月25日、1期生オーディションの最終審査が行われ、22人が合格[31]
  • 7月30日、新潟ふるさと名物商品PR大使に就任[32]
  • 8月21日、1期生お披露目イベントが新潟市歴史博物館(みなとぴあ)で開催される[2][3]
  • 10月2日、初の冠ラジオ番組『NGT48のみんな神対応!! ラジオあくしゅ会!!』(FM-NIIGATA)が放送開始[33]
  • 10月8日、栗山米菓グループの商品「ばかうけ」PR大使に就任[34]
  • 10月11日、韓国釜山で行われる第12回アジア・ソング・フェスティバルに、日本の代表として参加[35]
  • 12月1日、初の冠テレビ番組『ココだけNGT48』(NCV ニコニコケーブルテレビ)が放送開始[36]
  • 12月28日、2016年1月10日の専用劇場開業を記念し、劇場支配人の今村が東京・秋葉原のAKB48劇場から徒歩と自転車のみで354 km離れたNGT48劇場を目指すプロジェクト『繋げ!AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!』を行うことを発表[37][38]。12月30日にスタートし、劇場オープン前日の1月9日に到着[37][39]

2016年[編集]

2017年[編集]

  • 1月17日、NGT48単独としては初となる地上波冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(テレビ新潟)が放送開始[54]
  • 1月20日、TOKYO DOME CITY HALLで初めての単独コンサート『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜』を開催[55]
  • 1月21日・22日に開催された、AKB48グループの楽曲からファン投票によるセットリストで構成されるライブイベント『AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2017』でNGT48初のオリジナル曲である「Maxとき315号」が第1位となった[56]
  • 3月14日、国立代々木競技場第一体育館で行われた『COUNT DOWN TV GIRLS FES supported by dヒッツ / dポイント』において、メジャーデビューシングル表題曲「青春時計」が初披露された[57]
  • 4月12日、アリオラジャパンよりメジャーデビューシングル「青春時計」を発売[55]。楽曲のセンターポジションは中井りかが務めた[5]

メンバー[編集]

チームNIII[編集]

名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
荻野由佳 おぎの ゆか (1999-02-16) 1999年2月16日(18歳) 00ドラフト2期 2016年01月10日 AKS チームNIII副キャプテン
第2回ドラフト会議2位指名
バイトAKB
95位
小熊倫実 おぐま つぐみ (2002-12-15) 2002年12月15日(14歳) 01期 2016年01月10日 AKS NGT48最年少 -
柏木由紀 かしわぎ ゆき (1991-07-15) 1991年7月15日(25歳) - - ワタナベエンターテインメント AKB48チームB兼任
元AKB48チームBキャプテン
元NMB48チームN兼任
02位
加藤美南 かとう みなみ (1999-01-15) 1999年1月15日(18歳) 01期 2016年01月10日 AKS 76位
北原里英 きたはら りえ (1991-06-24) 1991年6月24日(25歳) - - 太田プロダクション NGT48最年長
チームNIIIキャプテン
NGT48キャプテン
元AKB48チームA(初代)
元AKB48チームB(柏木)
元AKB48チームK(大島・横山)
元SKE48チームS兼任
前AKB48チームK副キャプテン
11位
佐藤杏樹 さとう あんじゅ (2001-11-05) 2001年11月5日(15歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
菅原りこ すがはら りこ (2000-11-23) 2000年11月23日(16歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
高倉萌香 たかくら もえか (2001-04-23) 2001年4月23日(16歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
太野彩香 たの あやか (1997-07-20) 1997年7月20日(19歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
中井りか なかい りか (1997-08-23) 1997年8月23日(19歳) 01期 2016年01月10日 AKS 96位
西潟茉莉奈 にしがた まりな (1995-10-16) 1995年10月16日(21歳) 00ドラフト2期 2016年01月10日 AKS 第2回ドラフト会議1位指名
元バイトAKB
-
長谷川玲奈 はせがわ れな (2001-03-15) 2001年3月15日(16歳) 01期 2016年01月10日 AKS [注 9] -
本間日陽 ほんま ひなた (1999-11-10) 1999年11月10日(17歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
村雲颯香 むらくも ふうか (1997-07-05) 1997年7月5日(19歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
山口真帆 やまぐち まほ (1995-09-17) 1995年9月17日(21歳) 01期 2016年01月10日 AKS -
山田野絵 やまだ のえ (1999-10-07) 1999年10月7日(17歳) 01期 2016年01月10日 AKS -

研究生[編集]

名前 よみ 生年月日 加入期 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
大滝友梨亜 おおたき ゆりあ (1995-04-21) 1995年4月21日(22歳) 1期 AKS -
角ゆりあ かど ゆりあ (2000-06-22) 2000年6月22日(16歳) 1期 AKS -
日下部愛菜 くさかべ あいな (2002-02-06) 2002年2月6日(15歳) 1期 AKS 元バイトAKB -
清司麗菜 せいじ れいな (2001-04-19) 2001年4月19日(16歳) 1期 AKS 元バイトAKB -
髙橋真生 たかはし まう (2001-06-03) 2001年6月3日(15歳) 1期 AKS -
中村歩加 なかむら あゆか (1998-07-28) 1998年7月28日(18歳) 1期 AKS インセントイデア)所属[59] -
奈良未遥 なら みはる (1998-03-20) 1998年3月20日(19歳) 1期 AKS -
西村菜那子 にしむら ななこ (1997-08-11) 1997年8月11日(19歳) 1期 AKS -
宮島亜弥 みやじま あや (1997-11-27) 1997年11月27日(19歳) 1期 AKS -

元メンバー[編集]

元研究生[編集]

名前 よみ 生年月日 加入期 最終在籍日 現所属事務所 備考
水澤彩佳 みずさわ あやか (1994-11-05) 1994年11月5日(22歳) 1期 2017年3月31日[60] - 保育士資格・幼稚園教諭免許保有[61]

グループ編成[編集]

メンバー構成推移[編集]

これまで1度のメンバーオーディションを実施し、ドラフト生を除く全てのメンバー(AKB48との兼任・移籍メンバーを除く)がこのオーディションを経て加入している。

メンバー構成推移年表
日時 出来事 増減 合計 加入期別
人数変動
2015年
3月26日 AKB48チームK北原里英の移籍(暫定兼任)
およびAKB48チームB柏木由紀の兼任発表
+2 2
5月24日 第2回AKB48グループドラフト会議ドラフト生加入発表 +2 4 ドラフト2期生2人
8月21日 第1期生お披露目 +22 26 1期生22人
8月27日 北原里英AKB48から完全移籍(暫定兼任解消) 26
2016年 合計 チーム別 加入期別
人数変動
NIII
1月10日 劇場オープン、同時にチームNIII結成 26 16 16 10
2017年
3月31日 研究生水澤彩佳卒業 -1 25 16 16 9 1期生22人→21人

作品[編集]

以下における「最高位」の記述はオリコン週間チャート最高位[62]

シングル[編集]

リリース タイトル 最高位 販売形態 規格品番 形態
アリオラジャパンレーベル
1 2017年4月12日 青春時計 1位 CD+DVD BVCL-796/7 Type-A
CD+DVD BVCL-798/9 Type-B
CD+DVD BVCL-800/1 Type-C
CD BVCL-802 NGT48 CD盤

オリジナル楽曲[編集]

NGT48名義でない作品の収録曲。

リリース タイトル 収録作品
1 2016年3月9日 Maxとき315号 AKB48「君はメロディー
2 2016年6月1日 君はどこにいる? AKB48「翼はいらない
3 2017年3月15日 みどりと森の運動公園 AKB48「シュートサイン

映像作品[編集]

コンサート[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 販売形態・備考
AKSレーベル
1 2017年夏 NGT48 1st Anniversary NGT-D0005 DVD
NGT-D0006 Blu-ray

劇場公演[編集]

リリース日 タイトル 規格品番 販売形態・備考
AKSレーベル
1 2016年6月18日 NGT48 TeamNIII 1st 「PARTYが始まるよ」
NGT48劇場グランドオープン初日公演
NGT-D0001 DVD
NGT-D0002 Blu-ray
NGT-D0003 新潟限定パッケージDVD
NGT-D0004 新潟限定パッケージBlu-ray

バラエティ[編集]

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 販売形態・備考
1 2016年12月2日 HKT48 vs NGT48 さしきた合戦 バップ VPBF-14532 DVD-BOX
VPXF-71467 Blu-ray BOX

ドラマ[編集]

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 販売形態・備考
1 2017年6月23日 ひぐらしのなく頃に カルチュア・パブリッシャーズ TCED-3594 DVD-BOX

ミュージック・ビデオ[編集]

タイトル 監督 収録作品
2016 「Maxとき315号」 中村太洸 AKB48 43rdシングル「君はメロディー
2017 「みどりと森の運動公園」 中村太洸 AKB48 47thシングル「シュートサイン
青春時計 中村太洸 1stシングル「青春時計」
「出陣」 狩野比呂
「純情よろしく」 大喜多正毅
「暗闇求む」 井上哲央

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品・出自
NGT48 CM:一正蒲鉾 『おせち2015年度』「一正のおせち2016 かまぼこ900年」篇[63][64] NGT48 チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」
Maxとき315号 CM:東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社『TYO』「ときめき、TYO」篇[42][65]
CM:一正蒲鉾 『減塩商品』[63]
AKB48 43rdシングル「君はメロディー
君はどこにいる? BSスカパー!ドラマ『ひぐらしのなく頃に』主題歌[66]
BSスカパー!ドラマ『ひぐらしのなく頃に 解』主題歌[67]
AKB48 44thシングル「翼はいらない
青春時計 TBS系『COUNT DOWN TV』2017年4・5月度オープニングテーマ[68] 1stシングル「青春時計

オーディション[編集]

  • 合格者のうち太字となっているのは2017年5月現在、在籍しているメンバー。

第1期生オーディション[編集]

募集要項
  • 応募資格:合格後日常的にNGT48劇場に通うことが出来る、2015年5月18日時点で11歳から23歳位までのプロダクションに所属していない女性[69][70]
  • 応募期間:2015年4月10日 - 5月18日[16]
  • 一次審査 - 書類選考:応募総数5850名[71]
  • 二次審査 - 面接(2015年7月11日):参加者181名[71]
  • 三次最終審査 - 実技(ダンス・歌唱)(2015年7月25日):参加者74名→合格者22名[72]

三次最終審査には二次審査通過者に加え、過去の48グループオーディション最終審査落選者や元バイトAKBメンバーなど、最終審査参加資格保有者も参加した[73]

最終合格者
大滝友梨亜小熊倫実加藤美南角ゆりあ日下部愛菜佐藤杏樹菅原りこ清司麗菜高倉萌香髙橋真生太野彩香中井りか中村歩加奈良未遥西村菜那子長谷川玲奈本間日陽、水澤彩佳、宮島亜弥村雲颯香山口真帆山田野絵
合格倍率
約266倍[26]

AKB48グループ ドラフト会議[編集]

第2回[編集]

当初NGT48はドラフト会議に参加する予定はなかったが、第1期生オーディション期間中に参加が緊急決定した[74]。2015年5月10日第2回ドラフト会議開催[75]。最終候補者47名中被指名者24名、うちNGT48から2名指名[75]。2015年5月24日加入発表[76]

指名を受けた候補者(数字は指名順位)[75]
NGT48:西潟茉莉奈(1)・荻野由佳(2)

公演[編集]

NGT48劇場[編集]

NGT48劇場
NGT48 THEATER
情報
正式名称 NGT48劇場
完成 2016年1月
開館 2016年1月10日
開館公演 NGT48公演『PARTYが始まるよ
収容人員 295人
用途 NGT48の公演
運営 AKS
所在地 950-0088
新潟県新潟市中央区万代1丁目4-8 ラブラ2 4階
位置 北緯37度55分0.5秒 東経139度3分24.6秒 / 北緯37.916806度 東経139.056833度 / 37.916806; 139.056833座標: 北緯37度55分0.5秒 東経139度3分24.6秒 / 北緯37.916806度 東経139.056833度 / 37.916806; 139.056833
アクセス 新潟駅前より車で約2分
新潟駅万代口より徒歩約10分
新潟交通 万代シテイバス停下車、徒歩1分
公式サイト NGT48 Official Site | THEATER

新潟市中央区万代・LoveLa 2 4階に2016年1月10日オープン[77]

収容人数は295名[77]AKB48劇場と同様に劇場内前方に大きな柱が2本あり、前方の座席以外はステージ全体を見通すことができないが、柱後方(客席側)に液晶モニタが設置されており、ステージを撮影しているカメラ映像がリアルタイムに表示されている[78][注 10]。ステージ後方には中央から左右に分割するスライド式とびらが設置されており、全面がLEDパネルになっている[79]。パネルは公演中の演出映像などに使用される[78]

劇場ロビーはイメージカラーの白と赤を基調とし[80]、「女学園」をイメージしたデザインになっている[81]校門のような出入口、黒板教科書上履きの絵が描かれた下駄箱をイメージしたロッカーが設置されるなど[82]、学校らしい雰囲気が広がっている[81]。メンバーのこれまでの活動やオフショットが壁面に掲示されているほか、エントランス横に、公演への来場者が⾚いボールを⼊れ約25000個がたまると「NGT48劇場」の文字が浮き上がる仕組みが設けられている[82]。また、NGT48のグッズ販売ブースも設置しており、随時営業されている[83]

当劇場は、乃村工藝社清水建設との共同プランニングによってデザインおよび環境演出装置、設計、施工を手がけた[84]デザイナーは山田健太郎[84]。「日本空間デザイン賞2016」および「第35回ディスプレイ産業賞2016」で、ともに入選している[85]

NGT48劇場での公演[編集]

2016年1月10日より、NGT48劇場において公演を実施している[78]

チームNIII[編集]

  1. PARTYが始まるよ:2016年1月10日 - 5月15日[86]
  2. パジャマドライブ:2016年5月28日[46] - 2017年6月5日(予定)[87]
  3. (演目未発表):2017年7月2日(予定)[87] -

研究生[編集]

  1. 夏の二次会PARTY → PARTYが始まるよ・ガルベストン通り[注 11]:2016年8月9日[52][89] -

特別公演[編集]

  1. 東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト2016〜:2016年3月11日[90]
  2. 新潟県内女性学生限定特別公演(チームNIII「PARTYが始まるよ」公演):2016年5月22日[91]
  3. NGT48劇場100回記念公演:2016年8月21日[53]
  4. NGT48初お披露目1周年記念特別公演:2016年8月21日[53]
  5. NGT48「クリスマス」公演:2016年12月25日[92][93]
  6. NGT48「劇場新春公演」:2017年1月2日[94]
  7. NGT48劇場オープン1周年特別記念公演:2017年1月10日 - 特別イベント『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』[95][96]
  8. チームNIII「パジャマドライブ」東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜:2017年3月11日[97]

NGT48劇場以外での公演[編集]

  • NGT48チームNIII「パジャマドライブ」
  1. 2016年11月5日 - 6日、SKE48劇場[98][99]
  2. 2016年11月19日 - 20日、AKB48劇場[98][100]
  3. 2017年2月26日、NMB48劇場[101]
  • NGT48研究生「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」
  1. 2017年2月25日、NMB48劇場[101]

出演[編集]

NGT48がグループとして出演するメディア作品を挙げる。メンバー個人での出演については各メンバーの記事を参照。

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

現在のレギュラー番組

過去のレギュラー番組

特別番組[編集]

  • NGT48-新潟を変える少女たち〜“1期生”の夏独占密着〜(2015年9月5日、テレビ新潟)[115]
  • NGT48 北原・柏木・西潟・荻野が行く 新潟・佐渡の旅(2015年9月12日、新潟テレビ21) - 荻野・柏木・北原・西潟[116]
  • NGT48劇場こけら落とし 完全生中継(2016年1月10日、ファミリー劇場)[117]
  • 第67回NHK紅白歌合戦(2016年12月31日、NHK総合) - 柏木・加藤・北原・中井(「AKB48 夢の紅白選抜」として)[118]

ラジオ[編集]

現在のレギュラー番組

過去のレギュラー番組

  • NGT48のガチ!ガチ?総選挙(2016年2月1日 - 3月21日、BSNラジオ)[125][126]

朗読劇[編集]

  • リーディングシアター「恋工場」(2016年9月25日、ベルサール渋谷ガーデンCホール) - 15:00公演:荻野・北原・高倉・中井・西潟、19:30公演:加藤・山口[127]

コンサート[編集]

単独[編集]

2017年

  • NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜(2017年1月20日、TOKYO DOME CITY HALL[55]

AKB48・AKB48グループ名義[編集]

2015年

  • 第5回 AKB48紅白対抗歌合戦(2015年12月15日、TOKYO DOME CITY HALL)[128] - 荻野・柏木・加藤・北原・高倉・太野・西潟・長谷川・本間[129]

2016年

  • AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2016(2016年1月22日 - 24日、TOKYO DOME CITY HALL)[130]
  • 祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム(2016年3月27日、横浜スタジアム[131]
    • 第1回AKB48グループ 東西対抗歌合戦[132]
    • AKB48グループ 高橋みなみ卒業コンサート[133]
  • AKB48グループ同時開催コンサートin横浜(2016年9月15日)[134]
  • 第6回 AKB48紅白対抗歌合戦(2016年12月15日、TOKYO DOME CITY HALL)[137]

2017年

  • AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2017(2017年1月21日 - 22日、TOKYO DOME CITY HALL)[56]
  • こじまつり(国立代々木競技場第一体育館
    • 〜前夜祭〜(2月21日)[138]
    • 〜小嶋陽菜感謝祭〜(2月22日)[139]

ライブイベント[編集]

  • 第12回アジア・ソング・フェスティバル(2015年10月11日、韓国釜山アシアードメインスタジアム)[35]
  • ふくしまおおぞらフェスタ2016 AIR LIVE(2016年5月14日、福島空港エプロンサイドステージ)[140]
  • SENDAI OTO Festival 2016(2016年7月23日、ゼビオアリーナ仙台[141]
  • AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマー」at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN®[142][143]
    • AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマーシアター」 at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN®(2016年7月26日 - 7月29日・8月24 - 8月26日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ステージ14シアター)[142][144]
    • AKB48グループ選抜「やり過ぎ!サマーLIVE」at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN®(2016年8月24日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設会場) - SKE48と合同[142]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2016(2016年8月7日、Zepp DiverCity[145][146]
  • NGT48ライブinつばめ(2016年9月10日、燕市文化会館)[147]
  • にいがた☆MINATOPIKA 2016(2016年9月19日、新潟市歴史博物館・みなとぴあ)[148]
  • NGT48劇場一周年記念 フライングLIVE〜ありがとう一年!飛び出せ劇場!あなたに見てほしい!今、NGTSP〜(2017年1月9日、万代シテイパーク) - 特別イベント『NGT48劇場1周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!』[93][95][96]
  • AKB48 8thアルバム「サムネイル」発売記念 特別LIVEイベント(3月1日・2日、豊洲PIT) - 加藤・北原・高倉・中井、3月2日のみ:荻野[149]
  • COUNT DOWN TV GIRLS FES supported by dヒッツ / dポイント(2017年3月14日、国立代々木競技場第一体育館)[57]
  • 祝・メジャーデビュー! NGT48ここからプレーボール!@HARD OFF ECOスタジアム新潟(2017年3月18日、HARD OFF ECOスタジアム新潟[150]
  • スカパー! サマーフェス 2017 powered by FULL CHORUS(2017年7月28日、日本武道館[151]

イベント[編集]

  • NSTまつり2015(2015年9月26日、NST本社・万代シテイ) - 大滝・小熊・髙橋・中村・水澤[152]
  • 君に会いたかったから! NGT48全員揃えちゃいましたLIVE〜まだまだNSTまつりは終わらない〜(2015年10月3日、NST特設ステージ)[153]
  • TeNY開局35周年 てとフェス おかげさまで新潟一番20年(2015年10月11日、朱鷺メッセ) - 角・佐藤・菅原・太野・中村・西村・村雲[154]
  • UX ほっとほっとフェスタ(2015年11月1日、新潟市産業振興センター) - 高倉・北原・奈良・西潟・本間[155]
  • WJBLオールスター2016 in 新潟 ハーフタイムショー(2016年1月16日、長岡市シティホールプラザアオーレ長岡) - 大滝・角・日下部・清司・西村・水澤・宮島[156]
  • 北陸新幹線糸魚川駅開業1周年記念イベント(2016年3月20日、糸魚川駅アルプス口特設ステージ) - 高倉・中井・角・髙橋・宮島[157]
  • 白根大凧合戦関連イベント(2016年6月2日) - 西潟・水澤[158]
  • 食King Agakita+2016(2016年6月25日、新発田市・アイネスしばた) - 菅原・日下部・中村・奈良・宮島[159]
  • 第2回新潟競馬開催日イベント Summer馬フェス。(2016年7月30日、新潟競馬場) - 荻野・村雲・山口・中村・西村[160][161][162]
  • NSTまつり2016(2016年9月24日、NST本社・万代シテイ) - 小熊・北原・長谷川・角・中村[163][164]
  • NGT48劇場1周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!(2017年1月9日 - 10日)[注 12][93][95]
    • 劇場オープン1周年記念特別セレモニー(1月9日、万代シテイパーク)
    • NGT48劇場オープン1周年特別イベント(1月10日、NGT48劇場)
  • 南魚沼市雪まつり(2017年2月11日、南魚沼市・六日町大橋下 魚野川河川敷特設会場)加藤・佐藤・髙橋・西潟・宮島[165]
  • 第68回十日町雪まつり 雪上カーニバル(2017年2月18日、十日町市・城ケ丘ピュアランド特設会場)[166]
  • 現美新幹線運行開始1周年記念 出発イベント(2017年4月29日、新潟駅) - 佐藤・奈良[167]
  • 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ「コメリサンクスデー」(2017年4月29日、HARD OFF ECOスタジアム新潟) - 北原・長谷川・髙橋・中村・西村[168]

ネット配信[編集]

  • NGT48の劇場OPEN直前大晦日生放送! 来年、新潟から日本全国へと駆け抜けちゃうぞSP!(2015年12月31日、ニコニコ生放送[169]
  • NGT48 LIVE!! ON DEMAND(2016年1月10日 - 、DMM.com) - NGT48劇場での劇場公演をライブおよびアーカイブ配信[170]
  • HKT48×NGT48 食少女(2016年1月12日 - 3月29日、Hulu[171]

Web連載[編集]

  • STREET JACK デビューシングル「青春時計」発売記念!特別インタビュー(2017年4月4日 - 、BEST TIMES[172]

CM・広告[編集]

  • レジーナリュクシー
    • REGINA×NGT48 スペシャルコラボムービー(2015年10月9日 - ) - 高倉・太野・中井・西潟・山口[注 13]・大滝・小熊・角・日下部・佐藤・菅原・清司・髙橋・中村・長谷川・水澤[173]
    • REGINA×NGT48 劇場オープン直前記念! ホッとREGINAキャンペーン(2016年1月4日 - 2月21日) - 高倉・太野・中井・西潟・山口[174]
  • 一正蒲鉾
    • おせち2015年度「一正のおせち2016 かまぼこ900年」篇(2015年11月21日 - 終了、新潟・北海道地区限定) - 荻野・加藤・角・北原・日下部・高倉・西潟[63][64][175]
    • 減塩商品シリーズ(2016年7月15日 - )[63]
      • 「サラダスティック×かとみな」篇 - 加藤・北原
      • 「まめかま×おかっぱ」篇 - 高倉・北原
      • 「さつま揚×ひなたん」篇 - 本間・北原[176]
  • ローソン
    • NGT48いくぞ! ローソンキャンペーン(2015年11月24日 - 11月30日、新潟県限定) - 北原・中井・奈良・西潟・山田[177]
    • NGT48×ローソン お米ふっくら炊き隊キャンペーン(2016年8月23日 - 9月5日、関東・甲信越地区限定) - 北原・佐藤・太野・村雲[178]
  • 日本マクドナルド「NGT48×マクドナルドコラボレーションキャンペーン」(2015年12月1日 - 、新潟県限定でスタートし、東北関東甲信静岡に拡大)[179]
  • 栗山米菓ばかうけ』(2015年10月8日 - ) - 荻野・加藤・北原・西潟・山口(ばかうけPR大使)[34][180]
    • コラボパッケージ
      • トキめきみるくソフト風味・ピリ辛イカちゃんマヨネーズ風味(2015年12月24日 - 、新潟エリア限定)[180]
      • NGT48プロデュースばかうけ(2016年7月16日 - 、新潟エリア限定)[181]
    • コラボCM
      • 「ばかうけの聖地 ばかうけ稲荷」篇(2016年6月17日 - )[182][183]
      • 「せんべい王国」篇(2016年7月15日 - )[181]
  • 第四銀行
    • 「だいしでいこう!」篇(2016年1月4日 - )「だいしでいこう!」デビューキャンペーン篇(2016年1月12日 - 6月30日) - 小熊・加藤・北原・高倉[184]
    • だいしWillink「おトクなカード」篇(2016年3月31日 - ) - 中井・西潟・村雲・山口[185]
  • コバック 車検のコバック(2016年1月5日 - ) - 北原・水澤・山口[186][187]
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ「にっぽん烏龍500mlPET NGT48コラボラベル」「玉露入りお茶600mlPET NGT48コラボラベル」(2016年6月6日 - 7月、新潟県限定)[192]
  • 菊水酒造『菊水×NGT48』(2016年6月17日 - )[193]
    • グラフィックギャラリー(2016年6月17日 - ) - 北原・山口・西潟・水澤・大滝[194]
    • 「日本酒のモノ・コト」篇(2016年11月19日 - ) - 北原[195]
  • イオンリテール 北関東・新潟カンパニーイオン×NGT48』
    • ハッピーイオンフェスティバル(2016年7月) - 西潟・山口・奈良・宮島[196]
    • イオンの火曜市(2016年8月 - 2017年3月) - 中井・中村・西村・水澤
  • TSUTAYA「NGT48×新潟TSUTAYA 夏のトキめきキャンペーン」(2016年7月15日 - 8月31日、新潟エリア限定)[197][198]
  • AKS『第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会』DVD&BD(2016年9月) - チームNIII[199]
  • グロービートジャパン らあめん花月嵐『燕三条系ラーメン旬香』(2016年10月5日 - ) - 北原・村雲[200][201]
  • タカラッシュ リアル宝探し NGT48×ラブラ万代/ラブラ2『NGT48からの挑戦!クリスマスプレゼントを探し出せ!』(2016年11月11日 - 12月18日) - 荻野・加藤・佐藤・宮島[202]
  • ニューメディア NCV新潟センター『NCVスマートテレビ』(2017年2月 - ) - 加藤・本間[203]
  • ロート製薬 DEOBALL(デオボール) (R) 『いい汗かこうプロジェクト』(2017年4月27日 - )[204]

広報[編集]

  • 新潟県JA全農にいがた 「新潟米コシヒカリ×NGT48」スペシャルムービー(2015年10月19日 - )[205][206][207]
  • 新潟市
    • 新潟暮らしプロモーションムービー(2015年11月19日) - 主演:太野[208]
    • 新潟市消防団入団募集(2017年2月 - ) - 本間・西村・日下部・清司[209]
  • 新潟商工会議所『NGT48×新潟商工会議所』
    • NIIGATA(ここ)から始まるミライがある(2015年11月24日) - 荻野・北原・西潟[210]
    • 古町フルスマイル!(2016年6月14日) - 小熊・加藤・佐藤[211]
  • 新潟市南区 PR大使
    • 2016年2月25日 - 2017年3月11日 - 加藤・水澤[212][213]
    • 2017年3月11日 - 2018年3月(予定) - 加藤・中村[213]
  • 新潟県選挙管理委員会 第24回参議院議員通常選挙 啓発CM「なかよくゴー!投票へ!」(2016年6月22日 - 7月10日) - 太野・奈良[214][注 14]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 2016 NGT48 カレンダー(2015年12月、AKS JAN 4573310553833)
  • NGT48 カレンダー 2017(2016年12月、AKS JAN 4573458798882)

雑誌連載[編集]

  • 月刊エンタメ(2015年10月30日 - 、徳間書店)
    • NGT48のばっか好き!(2015年10月30日[216] - 2016年11月30日)
    • NGT48の部活動勧誘会(2017年4月28日 - )
  • 日経エンタテインメント!(2015年11月4日 - 、日経BP) - 「新潟発NGT48の作り方」[217]
  • THE21(2016年1月9日 - 6月10日、PHP研究所) - 「NGT48の『お仕事で大切なこと教えてください!』」[218]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 発表当時、すでに活動休止していたSDN48は除き、公式にAKB48グループのひとつとして数えられていたSNH48は含む。
  2. ^ SKE48・15.6歳[12]NMB48・14.7歳[13]HKT48・13.8歳[14]など。
  3. ^ 単に「N」ではNMB48の「チームN」と区別ができない上、当時正式にAKB48グループの一つであったSNH48に「チームNII」がすでに結成されていたため、「III」が追加されている。「III」はローマ数字の3。読みは「チーム エヌスリー」。
  4. ^ 西日本出身者は兼任の柏木を除けば兵庫県に1名(太野)のみである[12]
  5. ^ AKB48の「秋葉原」、SKE48の「」、NMB48の「難波」、HKT48の「博多」。かつて存在したコンセプトの異なるSDN48(サタデーナイト。土曜夜公演から)、日本国外の姉妹グループであるJKT48ジャカルタ)、SNH48上海。現在はAKB48グループから独立)は除く。
  6. ^ 太田プロダクションに所属している北原里英ワタナベエンターテインメントに所属している柏木由紀
  7. ^ 姉妹グループ・HKT48と合同の冠番組。
  8. ^ 昼は劇場公演100回記念としてチームNIII公演、夜はお披露目1周年記念として全員参加公演が行われた。なお柏木はいずれにも出演しなかった。
  9. ^
    出演(長谷川玲奈)
    映画
    • ミッドナイト・バス(2018年春公開予定、アークエンタテインメント)[58]
  10. ^ 2本の柱に関してはAKB48劇場を踏襲したわけではなく、構造上の偶然である[78]
  11. ^ 2016年8月9日から10月6日までの公演名は「夏の二次会PARTY」で、10月13日より「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」に変更[88]
  12. ^ 特別公演ライブイベントの節も参照。
  13. ^ 以上のメンバーは屋外広告や公式HP等にも出演。
  14. ^ 国政選挙では初めて18・19歳にも投票権が与えられた選挙だったため、これを周知するため当時18歳だった2名の起用となった。

出典[編集]

  1. ^ a b “新潟にNGT48誕生 10・1新劇場オープン”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2047717/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  2. ^ a b c “NGT48、初代26人が船で登場 1000人が沸く”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2057927/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  3. ^ a b “北原里英らNGT48初ステージ 新曲など2曲披露”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年8月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1526394.html 2015年8月22日閲覧。 
  4. ^ a b “NGT48、劇場オープン3ヶ月延期 来年1月10日に”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年9月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2059269/full/ 2015年9月17日閲覧。 
  5. ^ a b “ファン1000人と手つなぎダンス!NGT48、メジャーデビュー曲MV公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月17日). http://natalie.mu/music/news/224974 2017年3月18日閲覧。 
  6. ^ “NGT48メジャー曲で1位デビュー、浅田真央ALが急上昇、ワンオクがリンキン公演に出演決定:今週の邦楽まとめニュース”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年4月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50212/2 2017年4月23日閲覧。 
  7. ^ “NGT48デビュー曲「青春時計」オリコンチャート初登場1位”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年4月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/18/kiji/20170417s00041000389000c.html 2017年4月23日閲覧。 
  8. ^ a b “高橋みなみ&横山由依「NGT48」誕生の新潟を表敬訪問”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/12/kiji/K20150312009969360.html 2016年1月17日閲覧。 
  9. ^ a b 新潟県知事・泉田裕彦氏×作詞家・秋元康「地方創世もエンタメだ」”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2015年4月17日). 2017年3月11日閲覧。
  10. ^ a b “ファンの地元消費期待 NGT48劇場、「ラブラ2」に決定 新潟”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年5月26日). http://www.sankei.com/region/news/150526/rgn1505260044-n1.html 2017年1月29日閲覧。 
  11. ^ “【ついに】NGT48 第1期オーディション最終合格者22名が決定!”. T-SITEニュース (TSUTAYA). (2015年7月26日). http://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/24746385/ 2016年6月12日閲覧。 
  12. ^ a b c d e 伊藤哲郎,高倉文紀 (2015年11月12日). “人口100万未満の新潟で軌道に乗れるか NGT48”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社,日経BP. 2017年1月29日閲覧。
  13. ^ “AKB48の姉妹グループ、NMB48のメンバー26人が初お披露目 - 平均年齢14.7歳”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年10月10日). http://news.mynavi.jp/news/2010/10/10/006/ 2016年6月12日閲覧。 
  14. ^ “平均年齢13.8歳! AKBプロジェクト最年少グループ「HKT48」AKBファン1万5千人の前で堂々デビュー!”. エンタメOVO (共同通信社). (2011年10月24日). http://tvfan.kyodo.co.jp/music/news-music/134890 2016年6月12日閲覧。 
  15. ^ PROFILE”. NGT48 Official Site. AKS. 2017年5月4日閲覧。
    PROFILE”. NGT48 Mobile. AKS. 2017年5月4日閲覧。
  16. ^ a b c d e “NGT48が1期生募集開始 キャプテン北原「新潟を盛り上げられるグループに」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年4月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2051441/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  17. ^ ご案内”. NGT48オフィシャルブログ. LINE (2015年12月19日). 2016年8月9日閲覧。
  18. ^ NGT48とは?”. NGT48 Mobile. AKS. 2016年8月9日閲覧。
  19. ^ a b 佐藤亜美 (2017年3月8日). “STU48に瀬戸内期待 広島や香川など拠点、今夏始動”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13782860X00C17A3LC0000/ 2017年3月11日閲覧。 
  20. ^ “NGT48劇場開設3カ月 上武大・田中秀臣教授が分析 市場大規模化の可能性も 飲食業や観光にも好影響 「アイドルに会える県」 イメージ戦略に活用提案”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年4月8日). http://www.niigata-nippo.co.jp/entame/kennai/ngt48/20160408258393.html 2017年1月29日閲覧。 
  21. ^ アイドルたちの「地方創生」”. GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン (2016年5月9日). 2017年3月11日閲覧。
  22. ^ 渡辺彰浩 (2017年5月9日). “NGT48はAKB48グループにおける特異点? デビュー作の特典映像全メンバー分から紐解く”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2017/05/post-12281.html 2017年5月26日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g NGT48、最強の1期生にこだわる 新潟全体が応援”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社,日経BP (2017年5月25日). 2017年5月26日閲覧。
  24. ^ 「NGT48 この街で、アイドル」、『Quick Japan vol.127』、太田出版2016年9月1日、 61頁、 ISBN 978-4778315405。
  25. ^ 「NGT48 この街で、アイドル」、『Quick Japan vol.127』、太田出版、2016年9月1日、 60頁、 ISBN 978-4778315405。
  26. ^ a b 永田篤史 (2016年1月9日). “新潟アイドル戦争、ますます熱く NGT48が常設劇場”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ1851J9J18UOHB00K.html 2016年11月23日閲覧。 
  27. ^ [メンバー一覧]”. DMM.com NGT48 LIVE!! ON DEMAND. DMM.com. 2016年8月9日閲覧。 - 各メンバーページを参照。
  28. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  29. ^ “【AKBドラフト】ぱるる、強運発揮にAKB総立ち NGTはバイトAKBを指名”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2052654/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  30. ^ “NGT48専用劇場 新潟市内「ラブラ2」内に決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2053241/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  31. ^ “NGT48、1期生オーディション22人合格 秋元康氏「かなりの激戦」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年7月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2056686/full/ 2015年8月22日閲覧。 
  32. ^ “「NGT48」が「新潟ふるさと名物商品PR大使」に就任”. THE PAGE (ワードリーフ). (2015年7月30日). http://thepage.jp/detail/20150730-00000007-wordleaf 2015年8月22日閲覧。 
  33. ^ a b 永田篤史 (2015年10月2日). “新潟)ねぎっこの次の時間帯にNGT48番組 FM新潟”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASHB14HSNHB1UOHB00D.html 2015年10月5日閲覧。 
  34. ^ a b “NGT48が「ばかうけ」PR大使に、新味開発も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月9日). http://natalie.mu/music/news/162419 2016年7月15日閲覧。 
  35. ^ a b “「Red Velvet」、「GOT7」、「EXO」、「防弾少年団」、「B1A4」など、釜山でアジア・ソング・フェスティバル”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2015年10月11日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/1011/10153516.html 2015年10月11日閲覧。 
  36. ^ a b 「ココだけNGT48」NCVで放送!”. NCV新潟センター. ニューメディア. 2015年11月25日閲覧。
  37. ^ a b “NGT48劇場支配人、秋葉原→新潟354キロ行脚 11日間で到着なるか!?”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2064530/full/ 2015年12月29日閲覧。 
  38. ^ “「繋げ!AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!」プロジェクト発足のお知らせ”. NGT Official Site (AKS). (2015年12月28日). https://ngt48.jp/news/44472 2015年12月29日閲覧。 
  39. ^ “男泣き!NGT48劇場・今村支配人、自転車で東京から11日間でゴール”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年1月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160110/akb16011005010001-n1.html 2016年1月10日閲覧。 
  40. ^ a b “NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590455.html 2016年1月11日閲覧。 
  41. ^ a b 大友陽平 (2016年1月6日). “HKT対NGT「さしきた合戦」11日から放送開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1588342.html 2016年1月7日閲覧。 
  42. ^ a b c “NGT48が春の上越新幹線CMに!東京へ旅立つ「ときめき感」瑞々しく演じる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年3月4日). http://news.dwango.jp/2016/03/04/79971/idol/ 2016年3月4日閲覧。 
  43. ^ official_NGT48のツイート (731729938340929536)
  44. ^ “NGT初公演、涙の千秋楽 荻野が副キャプテン就任”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年5月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1647962.html 2016年5月19日閲覧。 
  45. ^ a b “稲葉友・NGT48(加藤・中井・清司・本間)ダブル主演 5/20(金)放送開始、BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「ひぐらしのなく頃に」5/14(土)より新潟限定でTVCM放送開始! 更にNGT48メンバーの追加出演が決定!!” (プレスリリース), スカパーJSAT, (2016年5月13日), http://blogs.skyperfectv.co.jp/201605-003226.php 2016年6月16日閲覧。 
  46. ^ a b “NGT48チームNIII、セカンド『パジャマドライブ』公演開幕! 北原里英は新潟で8年越しの「純情主義」”. Deview (oricon ME). (2016年5月28日). https://deview.co.jp/News?am_news_id=3878 2016年5月29日閲覧。 
  47. ^ “NGT48、地元でCDデビュー発表 北原里英&柏木由紀も感涙「長かった…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2073603/full/ 2016年6月18日閲覧。 
  48. ^ “NGT48 メジャーデビュー決定に寄せて全メンバーからコメント到着!”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年6月21日). http://news.dwango.jp/2016/06/21/94236/idol/2/ 2016年7月9日閲覧。 
  49. ^ “【AKB総選挙】NGTかとみな、グループ初のランク入り!前宙披露「本当にうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160618-OHT1T50132.html 2016年8月10日閲覧。 
  50. ^ 「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2016年6月18日). 2016年6月18日閲覧。
  51. ^ “初出場NGTチームN3が優勝!CM出演権いただき”. 日刊スポーツ. (2016年8月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1690536.html 2016年8月30日閲覧。 
  52. ^ a b “NGT48研究生、涙々の公演初日「夢がかなった」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年8月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1692205.html 2016年8月31日閲覧。 
  53. ^ a b c “「NGT48」が劇場100回公演記念&お披露目1周年記念の公演を開催!!”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2016年8月22日). http://japan-culture-labo.com/3771 2016年8月22日閲覧。 
  54. ^ a b “NGT初冠番組「にいがったフレンド」新潟の街歩く”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1760064.html 2017年1月17日閲覧。 
  55. ^ a b c “NGT48、4・12CDデビュー 北原里英「本当のスタート」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2084820/full/ 2017年1月20日閲覧。 
  56. ^ a b “AKB48G「リクアワ」1位は『Maxとき315号』 NGT48がデビューを前に3曲トップ10入り”. GirlsNews (レゾリューション). (2017年1月22日). http://girlsnews.tv/akb/285593 2017年1月25日閲覧。 
  57. ^ a b “NGT48は新曲初披露!「CDTV FES」でゆきりん、リトグリ、あーりんら豪華7組が熱演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月15日). http://natalie.mu/music/news/224640 2017年3月16日閲覧。 
  58. ^ “エキストラ募集 ライブの観客役に 映画「ミッドナイト・バス」”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年3月6日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170306311291.html 2017年5月4日閲覧。 
  59. ^ MODELS & TALENTS 中村 歩加”. INCENT GROUP Official Site. インセント. 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
    JR新潟駅【新潟市】with 中村あゆか”. みんなの新潟新聞. ダーウィンズ. 2016年6月19日閲覧。
  60. ^ NGT48 研究生 水澤彩佳の今後の活動に関して”. NGT48 Official Site. AKS (2017年3月24日). 2017年3月24日閲覧。
    NGT48 研究生 水澤彩佳の今後の活動に関して”. NGT48 Mobile. AKS (2017年3月24日). 2017年3月24日閲覧。
  61. ^ NGT48公式アカウント 2016年3月14日のツイート
  62. ^ NGT48の作品”. ORICON NEWS. oricon ME. 2017年4月30日閲覧。
  63. ^ a b c d TV CM ギャラリー”. 一正蒲鉾. 2016年7月19日閲覧。
  64. ^ a b “NGT48初撮影TVCM完成!” (プレスリリース), 一正蒲鉾, (2015年11月12日), https://www.ichimasa.co.jp/co_newsrelease_view.asp?ID=480 2016年7月20日閲覧。 
  65. ^ a b “NGT48とJR東日本がコラボレーション 上越新幹線の旅を応援します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2016年3月4日), http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20160304ngt48.pdf 2016年3月30日閲覧。 
  66. ^ “NGT48、新曲の「君はどこにいる?」が出演ドラマ『ひぐらしのなく頃に』主題歌に決定”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2016年4月13日). http://www.musicman-net.com/artist/56335.html 2016年4月13日閲覧。 
  67. ^ “稲葉友・NGT48(加藤・中井・清司・本間)ダブル主演BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『ひぐらしのなく頃に解』BSスカパー! 11月25日(金)午後9時より放送開始 続編の放送に先駆けて10月14日(金)午後9時からドラマ「ひぐらしのなく頃に」の再放送開始” (プレスリリース), スカパーJSAT, (2016年10月13日), p. 3, https://blogs.skyperfectv.co.jp/201610-003753.php?p=3 2016年10月13日閲覧。 
  68. ^ “NGT48デビューシングル「青春時計」が「CDTV」OPテーマに”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年3月31日). https://tokyopopline.com/archives/81313 2017年3月31日閲覧。 
  69. ^ NGT48 - NGT48第一期生オーディション開催”. AKS (2015年). 2015年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月19日閲覧。
  70. ^ “新潟に発足するAKB48姉妹グループ「NGT48」第1期生募集スタート”. Deview (oricon ME). (2015年4月10日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2051393 2015年9月24日閲覧。 
  71. ^ a b “NGT第1期生オーディション2次審査に181人”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1505526.html 2015年9月24日閲覧。 
  72. ^ “NGT48、第1期生オーディション合格者決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月25日). http://mdpr.jp/news/detail/1506040 2015年9月24日閲覧。 
  73. ^ “秋元康氏「粒ぞろい」NGT最終選考で合格者22人”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1512804.html 2016年1月29日閲覧。 
  74. ^ “NGT48「第2回AKB48グループドラフト会議」に緊急参戦 北原里英&柏木由紀が指名へ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1484960 2017年2月23日閲覧。 
  75. ^ a b c “【AKBドラフト】ぱるる、強運発揮にAKB総立ち NGTはバイトAKBを指名”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2052654/full/ 2016年1月29日閲覧。 
  76. ^ “NGT48専用劇場 新潟市内「ラブラ2」内に決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2053241/full/ 2016年1月29日閲覧。 
  77. ^ a b NGT48劇場グランドオープン、及び、NGT48 Mobileリリースに関するお知らせ”. NGT48 Official Site NEWS. AKS (2015年12月18日). 2016年5月30日閲覧。
    NGT48劇場グランドオープン、及び、NGT48 Mobileリリースに関するお知らせ”. NGT48 Mobile NEWS. AKS (2015年12月18日). 2016年5月30日閲覧。
  78. ^ a b c d “NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590453.html 2016年5月30日閲覧。 
  79. ^ “NGT48 劇場グランドオープンで初公演「メンバーの汗でどんどん汚していきます」SDN48「佐渡を渡る」披露も”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年1月12日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/34488/2 2016年10月1日閲覧。 
  80. ^ 新潟発「会いに行けるアイドル」NGT48、劇場公演レポート&アクセス方法”. Plat by NAVITIME. ナビタイムジャパン (2016年5月28日). 2017年1月29日閲覧。
  81. ^ a b 大友陽平 (2016年1月10日). “NGT48劇場今日こけら落とし、女学園をイメージ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590136.html 2017年1月29日閲覧。 
  82. ^ a b “NGT48劇場オープン前日にセレモニー、北原里英「明日が本当のスタート」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年1月9日). https://news.dwango.jp/2016/01/09/71044/idol/ 2017年1月29日閲覧。 
  83. ^ NEWS グッズ”. NGT48 Mobile. AKS. 2017年1月29日閲覧。
  84. ^ a b NGT48劇場”. 乃村工藝社 NOMURA 実績紹介. 乃村工藝社. 2017年1月29日閲覧。
  85. ^ NGT48劇場”. 乃村工藝社 NOMURA 実績紹介. 乃村工藝社. 2017年1月29日閲覧。
    DSA日本空間デザイン入選E 2016”. DSA 日本空間デザイン協会. 日本空間デザイン協会. 2017年1月29日閲覧。
    第35回ディスプレイ産業大賞(2016)入賞作品”. 日本ディスプレイ業団体連合会. 2017年1月29日閲覧。
  86. ^ “NGT北原「思い出深い」パジャマドライブ公演発表”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年4月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1636546.html 2016年4月24日閲覧。 
  87. ^ a b “NGT48が劇場で緊急特報、新公演を発表”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年4月29日). https://news.dwango.jp/2017/04/29/131613/idol/ 2017年4月29日閲覧。 
  88. ^ “NGT48劇場 研究生公演 チケット料金改定のご案内”. NGT48 Official Site (AKS). (2016年10月1日). http://ngt48.jp/news/60848 2016年10月1日閲覧。 
    NGT48劇場 研究生公演 チケット料金改定のご案内”. NGT48 Mobile. AKS (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  89. ^ 【NGT48劇場】研究生「夏の二次会PARTY」公演につきまして”. NGT48 Official Site. AKS (2016年7月23日). 2016年8月9日閲覧。
    【NGT48劇場】研究生「夏の二次会PARTY」公演につきまして”. NGT48 Mobile. AKS (2016年7月23日). 2016年8月9日閲覧。
  90. ^ “心をひとつに…AKB48グループ「誰かのためにプロジェクト」全国5劇場で同時開催”. TV LIFE (学研プラス). (2016-0311). http://www.tvlife.jp/entame/57656 2017年3月6日閲覧。 
  91. ^ “NGT48、初の“県内女子学生限定”公演開催へ 同世代女子にアピール”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2071770/full/ 2016年5月22日閲覧。 
  92. ^ NGT48劇場12月25日(日)の劇場公演出演メンバーのお知らせ”. NGT48 Official Site. AKS (2016年12月20日). 2016年12月30日閲覧。
    NGT48劇場12月25日(日)の劇場公演出演メンバーのお知らせ”. NGT48 Mobile. AKS (2016年12月20日). 2016年12月30日閲覧。
  93. ^ a b c “NGT48クリスマス特別公演で「NGT48劇場一周年記念イベント」開催を発表”. TV LIFE (学研プラス). (2016年12月26日). http://www.tvlife.jp/entame/94897 2016年12月30日閲覧。 
  94. ^ 2017年「NGT48劇場新春公演」ロビーモニター観覧につきまして”. NGT48 Official Site. AKS (2016年12月31日). 2017年1月2日閲覧。
    2017年「NGT48劇場新春公演」ロビーモニター観覧につきまして”. NGT48 Mobile. AKS (2016年12月31日). 2017年1月2日閲覧。
  95. ^ a b c 2017年1月9日、10日『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』イベント詳細のお知らせ”. NGT48 Official Site. AKS (2016年12月25日). 2016年12月30日閲覧。
    2017年1月9日、10日『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』イベント詳細のお知らせ”. NGT48 Mobile. AKS (2016年12月25日). 2016年12月30日閲覧。
  96. ^ a b “NGT48が地元新潟で劇場1周年記念イベントを開催! 県知事、市長も登場してバク宙を披露”. 日刊SPA! (扶桑社). (2017年1月11日). https://nikkan-spa.jp/1271139 2017年1月13日閲覧。 
  97. ^ 『東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜』のご案内”. NGT48 Official Site. AKS (2017年3月1日). 2017年3月6日閲覧。
    『東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜』のご案内”. NGT48 Mobile. AKS (2017年3月1日). 2017年3月6日閲覧。
    “AKB48グループが東日本大震災復興支援特別公演”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2017年3月12日). http://japan-culture-labo.com/6080 2017年3月12日閲覧。 
  98. ^ a b 今村悦朗 (2016年9月30日). “NGT48出張公演日程決定のお知らせ”. NGT48 公式ブログ. LINE. 2016年10月1日閲覧。
  99. ^ “NGT48、初の出張公演をSKE48劇場で開催 新潟コシヒカリのおむすび定食も”. GirlsNews (レゾリューション). (2016年11月6日). http://girlsnews.tv/akb/280445 2016年11月6日閲覧。 
  100. ^ “NGT北原里英が絶叫「秋葉原に帰ってきました!」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年11月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1740489.html 2016年11月20日閲覧。 
  101. ^ a b 【NGT48】NMB48劇場への出張公演ご案内”. NGT48 Official Site. AKS (2017年1月30日). 2017年1月31日閲覧。
    【NGT48】NMB48劇場への出張公演ご案内”. NGT48 Mobile. AKS (2017年1月30日). 2017年1月31日閲覧。
    “NGT中井りか、初NMB劇場で出演100回目記念”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1784667.html 2017年3月3日閲覧。 
  102. ^ “AKB恋愛解禁?連ドラ主演かけて必死に恋する”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月26日). http://natalie.mu/music/news/181209 2016年4月24日閲覧。 
  103. ^ “NGT48、初ドラマの配役決定 『ひぐらしのなく頃に』に北原里英ら6人出演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2067588/full/ 2016年2月28日閲覧。 
  104. ^ “ドラマ『ひぐらしのなく頃に解』、稲葉友やNGT48らキャスト陣は続投”. CINRA.NET (CINRA). (2016年6月24日). http://www.cinra.net/news/20160624-higurashinonakukoroni 2016年6月24日閲覧。 
  105. ^ “「ひぐらしのなく頃に」続編もNGT加藤美南ら出演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1723881.html 2016年10月13日閲覧。 
  106. ^ キャスト”. 豆腐プロレス. テレビ朝日 (2017年). 2017年1月25日閲覧。
  107. ^ NHK BSプレミアム「AKB48 SHOW」”. NGT48 Official Site SCHEDULE. 2015年10月8日閲覧。
  108. ^ これまでの放送 2015.09.05 #85”. NHK「AKB48 SHOW!」. 日本放送協会. 2015年10月8日閲覧。
  109. ^ official_NGT48 (2015年11月7日). “【スマスタ】”. Twitter. 2015年11月14日閲覧。
  110. ^ “NMB48 白間美瑠「キャバクラ経営」を手相でアドバイスされる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年1月13日). http://news.dwango.jp/2016/01/13/71452/idol/ 2016年1月13日閲覧。 
  111. ^ AKB48ネ申テレビ シーズン22 出演メンバー”. AKB48ネ申テレビ. ファミリー劇場. 2016年5月22日閲覧。
  112. ^ “AKBグループ若手がパジャマ姿で禁断?トーク”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1546882.html 2015年10月2日閲覧。 
  113. ^ AKBと××! バックナンバー”. 讀賣テレビ放送. 2015年12月24日閲覧。
  114. ^ NGT48ばかうけ開発プロジェクトTV”. 新潟テレビ21. 2016年6月16日閲覧。
  115. ^ テレビ新潟「NGT48 新潟を変える少女たち〜1期生の夏独占密着〜」”. NGT48 Official Site SCHEDULE. AKS. 2015年9月4日閲覧。
  116. ^ 新潟テレビ21「NGT48 北原・柏木・西潟・荻野が行く 新潟・佐渡の旅」”. NGT48 Official Site SCHEDULE. 2015年9月4日閲覧。
  117. ^ “【緊急速報!】『NGT48劇場こけら落とし 完全生中継』CSファミリー劇場で放送決定!!”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年12月28日). http://www.sankei.com/economy/news/151228/prl1512280013-n1.html 2015年12月29日閲覧。 
  118. ^ “【紅白】AKB48紅白選抜センターは山本彩 一般投票1位に「震えが止まらない」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2083986/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  119. ^ 10/2(金)NGT48番組ホームページOPEN!”. FM-NIIGATA TOPICS. エフエムラジオ新潟. 2015年9月22日閲覧。
  120. ^ FM PORT『PORT DE NGT』スタート”. NGT48 Official Site. 2015年9月22日閲覧。
  121. ^ AKB48の"私たちの物語"”. 日本放送協会. 2015年11月9日閲覧。
  122. ^ BACKNUMBER”. AKB48のオールナイトニッポン. ニッポン放送. 2016年1月29日閲覧。
  123. ^ NGT48のSWEET HOMEROOM”. 楽天. 2016年1月14日閲覧。
  124. ^ 第1回。りかみなさんもずいぶん楽しんでおられました。”. 新潟放送 (2016年3月28日). 2016年3月30日閲覧。
  125. ^ 今夜9時、いよいよスタートです!”. 新潟放送 (2016年2月1日). 2016年3月22日閲覧。
  126. ^ official_NGT48のツイート (687258157714817024)
  127. ^ “AKB48グループ85名、朗読劇に挑戦!「恋工場」スタート”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年9月19日). http://entameclip.com/topics/34469 2016年9月26日閲覧。 
  128. ^ “見どころ満載の「第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦」写真レポ 卒業発表から“掟破り”のカバー曲まで”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年12月17日). http://nikkan-spa.jp/1008596 2015年12月26日閲覧。 
  129. ^ 第5回AKB48紅白対抗歌合戦出演メンバー (PDF)”. AKB48公式サイト. AKS. 2015年12月26日閲覧。
  130. ^ AKB48単独/グループ「リクエストアワー セットリストベスト100 2016」詳細決定!”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月2日). 2015年12月31日閲覧。
  131. ^ 「祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム」/チケット先行発売のご案内”. AKB48オフィシャルブログ (2016年1月9日). 2016年1月28日閲覧。
  132. ^ “AKB東西対抗歌合戦は東軍が大逆転勝利 西軍・指原「チーム8がすごかった」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2069175/full/ 2016年3月27日閲覧。 
  133. ^ “高橋みなみ「AKB48の未来を託します」『卒業コンサート』で全31曲熱唱!”. TV LIFE (学研プラス). (2016年3月28日). http://www.tvlife.jp/2016/03/28/59295 2016年9月7日閲覧。 
  134. ^ “AKBグループ、横浜2会場でライブ同時開催 指原、横山らソロで沸かせる”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2078523/full/ 2016年9月20日閲覧。 
  135. ^ “渡辺麻友イメージ一新、「制服のマネキン」宮脇咲良センター…AKB48グループ“祝賀会”に1万2000人熱狂<ライブレポ/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月16日). http://mdpr.jp/music/detail/1615162 2016年9月20日閲覧。 
  136. ^ “「AKB48選抜総選挙」81位から100位を初発表 ギリギリ圏外に号泣”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月16日). http://mdpr.jp/music/detail/1615179 2016年9月20日閲覧。 
  137. ^ “宮脇咲良がキャバ嬢姿で“生接客”、山本彩&横山由依がギター生演奏対決…AKB48紅白対抗歌合戦に熱狂<ライブレポ/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月16日). https://mdpr.jp/music/detail/1646237 2016年12月30日閲覧。 
  138. ^ ““泣かせない”小嶋陽菜も泣いた!豪華ゲスト・コラボ・復活…卒コン前夜祭から詰め込みまくり<詳細レポ/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月21日). https://mdpr.jp/music/detail/1665332 2017年2月23日閲覧。 
  139. ^ “小嶋陽菜、涙、涙のAKB48卒業コンサート 卒業生10名超集結、最後はそのまま海外へ<小嶋陽菜卒業コンサートレポ/セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月22日). https://mdpr.jp/music/detail/1665471 2017年2月23日閲覧。 
  140. ^ “福島空港、「ふくしま おおぞら フェスタ2016」 5月14日・15日開催”. 遊びに行こうぜ! (リファイド). (2016年5月3日). http://www.asobiniikoze.com/news_b1xpJSxGMe.html 2016年5月19日閲覧。 
  141. ^ “NGT48が「SENDAI OTO Festival 2016」出演へ”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年5月26日). http://news.dwango.jp/2016/05/26/90949/idol/ 2016年6月25日閲覧。 
  142. ^ a b c 15周年の夏、AKB48グループ参戦!【やり過ぎ!サマー】”. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン. ユー・エス・ジェイ. 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月26日閲覧。
  143. ^ “「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにこの夏、AKB48グループが毎日常駐*!」” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年6月2日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000005761.html 2016年7月9日閲覧。 
  144. ^ UNIVERSAL STUDIOS JAPAN®に常駐!?「やり過ぎ!サマーLIVE」のご案内”. AKB48 Official Blog 〜1830mから〜. CyberAgent (2016年6月2日). 2016年7月9日閲覧。
  145. ^ “NGT48“TIF2016”272組目のグループに、出演はHOT STAGE”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年7月21日). http://music-book.jp/music/news/news/121559 2016年7月31日閲覧。 
  146. ^ “NGT48がTIF初参戦で全力パフォーマンス! 加藤美南が得意のアクロバットも”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年8月10日). http://nikkan-spa.jp/1175364 2016年9月7日閲覧。 
  147. ^ “燕市でNGT48ライブ、限定600人を無料招待”. kenoh.com ニュースタンク (ケンオー・ドットコム). (2016年8月10日). http://www.kenoh.com/2016/08/10_ngt48.html 2016年8月10日閲覧。 
  148. ^ “NGT、思い出の地で成長実感 新潟・みなとぴあでライブ”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年9月20日). http://www.niigata-nippo.co.jp/entame/kennai/ngt48/20160920280656.html 2016年9月20日閲覧。 
  149. ^ 2017年3月1日(水) 3月2日(木)AKB48 8th アルバム 発売記念 特別LIVEイベント(仮)参加メンバー追加発表!!”. AKB48 KING RECORDS official website. キングレコード (2017年1月20日). 2017年2月23日閲覧。
  150. ^ “NGT48、3月にHARD OFF ECOスタジアムでメジャーデビュー記念イベント”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年2月23日). https://www.barks.jp/news/?id=1000138685 2017年2月23日閲覧。 
    “「新潟旋風を巻き起こしたい」NGT48、地元エコスタでメジャーデビュー祝う”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月18日). http://natalie.mu/music/news/225173 2017年3月18日閲覧。 
  151. ^ “AKB48 Team8、NGT48、アンジュルムがベッキー音楽番組の武道館 イベント出演”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年5月26日). https://news.dwango.jp/2017/05/26/134689/idol/ 2017年5月26日閲覧。 
  152. ^ NSTまつり2015 スペシャルライブ&トークショー”. 新潟総合テレビ. 2015年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月22日閲覧。
  153. ^ “NGT48、地元で全26人集結ライブ アクロバット・ダンスも披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2060232/full/ 2015年10月5日閲覧。 
  154. ^ てとフェス おかげさまで新潟一番20年”. テレビ新潟放送網. 2015年9月27日閲覧。
  155. ^ UXほっとほっとフェスタ”. 新潟テレビ21. 2015年11月1日閲覧。
  156. ^ Denka presents WJBLオールスター2016 in 新潟 NGT48ハーフタイムショー出演メンバー決定のお知らせ”. 新潟アルビレックスBBラビッツ プロバスケットボール オフィシャルサイト. 2016年1月17日閲覧。
  157. ^ “糸魚川駅で開業1周年イベント”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年3月20日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160320242597.html 2016年3月29日閲覧。 
  158. ^ 南区PR大使の水澤彩佳さん、NGT48メンバーの西潟茉莉奈さんが白根大凧合戦関連イベントに参加しました”. 新潟市南区 (2016年5月23日). 2016年6月25日閲覧。
  159. ^ NGT48の出演メンバーが確定!”. 食King Agakita+. 新発田市観光振興課 (2016年6月21日). 2016年6月25日閲覧。
  160. ^ Summer馬フェス。【第2回新潟競馬開催日イベント】”. JRA. 日本中央競馬会. 2016年7月31日閲覧。
  161. ^ “第 2 回新潟競馬 開催期間中イベントについて” (PDF) (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2016年7月16日), http://company.jra.jp/7403/press/201607/201607161113.pdf 2016年7月31日閲覧。 
  162. ^ “NGT48が新潟競馬場でトークショー 山口真帆のアイビスSDの本命馬は…”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2016年7月31日). http://www.daily.co.jp/horse/2016/07/31/0009339613.shtml 2016年7月31日閲覧。 
  163. ^ “きょうから「NSTまつり」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年9月24日). http://www.sankei.com/region/news/160924/rgn1609240049-n1.html 2016年9月26日閲覧。 
  164. ^ スペシャルライブ&トークショー”. NSTまつり2016. 新潟総合テレビ (2016年). 2016年9月26日閲覧。
  165. ^ “NGT48、寒さ飛ばすライブ披露 南魚沼市雪まつり”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年2月12日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/307111.html 2017年2月19日閲覧。 
    南魚沼市雪まつり”. NGT48 Mobile SCHEDULE. AKS. 2017年2月19日閲覧。
  166. ^ “竜宮城テーマに白銀の舞台 十日町雪まつり 2月17日開幕”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年12月2日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20161202294679.html 2016年12月16日閲覧。 
  167. ^ “NGT佐藤杏樹「大人も楽しめる」現美新幹線をPR”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年4月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1815384.html 2017年4月29日閲覧。 
  168. ^ 4月29日「コメリサンクスデー」開催のお知らせ”. 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ (2017年4月1日). 2017年4月29日閲覧。
  169. ^ ニコ生特番、"萌えキュン"激レアボイスの配信決定!”. NGT48 Official Site News (2015年12月21日). 2015年12月31日閲覧。
  170. ^ “NGT48 LIVE!! ON DEMANDオープン初日公演の模様を期間限定無料配信” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年1月5日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000612.000002581.html 2016年8月10日閲覧。 
  171. ^ “HKT48&NGT48合同冠番組『さしきた合戦』連動「食少女」配信”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2065142/full/ 2016年3月16日閲覧。 
  172. ^ 北原里英 (2017年4月4日). NGT48北原里英「伝えたいこと全部溢れちゃってるって、初めてでした」. (インタビュー). BEST TIMES.. http://best-times.jp/articles/-/5143 2017年4月29日閲覧。 
    荻野由佳 (2017年4月29日). NGT48荻野由佳「他のグループにもいないような子になりたい」. (インタビュー). BEST TIMES.. http://best-times.jp/articles/-/5306 2017年5月4日閲覧。 
  173. ^ REGINA × NGT48スペシャルコラボムービー - YouTube
  174. ^ 劇場オープン直前記念! ホッとREGINAキャンペーン”. REGINA LXC.. 2016年1月18日閲覧。
  175. ^ 【かまぼこ】”. NGT48公式Twitter (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  176. ^ official_NGT48のツイート (753725847132000256)
  177. ^ NGT48が「ローソン」キャラクターに起用される”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年11月16日). 2016年1月5日閲覧。
  178. ^ “昨年に続き、関東・甲信越ローソンが「NGT48」とタイアップキャンペーンを開催!NGT48と一緒に「お米炊き体験イベント」に参加しよう!!” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年8月15日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000020129.html 2016年8月15日閲覧。 
  179. ^ NGT48がチキンマックナゲットボックスを飾る”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  180. ^ a b “「NGT48」と「ばかうけ」のコラボ商品第1弾 新発売!!” (プレスリリース), 共同通信ピー・アール・ワイヤー, (2015年12月24日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201512246708/ 2015年12月25日閲覧。 
  181. ^ a b ばかうけとNGT48のコラボ商品 第2弾 7/16(土)新発売!”. ばかうけスペシャルサイト. 栗山米菓 (2016年7月15日). 2016年7月15日閲覧。
  182. ^ “栗山米菓、「ばかうけ」新CMにNGT48起用”. 日本食糧新聞・電子版 (日本食糧新聞社). (2016年6月24日). https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20160617104404833 2016年7月15日閲覧。 
  183. ^ ばかうけとNGT48のコラボCMが公開!”. ばかうけスペシャルサイト. 栗山米菓 (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  184. ^ NGT48のキャラクター起用について”. 第四銀行 (2015年12月21日). 2016年1月5日閲覧。
  185. ^ 第四銀行 だいしWillink「おトクなカード」篇 15秒 - YouTube
  186. ^ official_NGT48のツイート (679647654767247360)
  187. ^ ✿新春キャンペーン✿ お知らせ②!! - 新潟県上越市の車検ならコバック上越店 スタッフ日記
  188. ^ “NGT48、JR新潟とコラボ「上越新幹線で東京」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1612373.html 2016年3月4日閲覧。 
  189. ^ TYO×NGT48 CMメイキング”. 東日本旅客鉄道・新潟支社 (2016年6月8日). 2016年7月3日閲覧。
  190. ^ “NGT48、JR駅サイネージに登場”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年3月31日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170331315965.html 2017年4月4日閲覧。 
  191. ^ a b c d e f “NGT48のメンバーが駅のサイネージに登場!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2017年3月30日), http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20170330ngt48hp.pdf 2017年4月4日閲覧。 
  192. ^ “〜NGT48とコラボレーション企画〜 「にっぽん烏龍500ml PET NGT48コラボラベル」(12種類) 「玉露入りお茶600ml PET NGT48コラボラベル」(13種類) 2016年6月6日(月)より新潟エリアで限定販売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ, (2016年5月25日), http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/160525_01.html 2016年6月16日閲覧。 
  193. ^ “菊水酒造株式会社がNGT48を起用したプロモーションを開始!6/17(金)に特設サイトをオープン” (プレスリリース), clear, (2016年6月17日), http://jp.sake-times.com/special/press/press_kikusui_ngt48 2016年11月20日閲覧。 
  194. ^ “グラフィックギャラリーが美しい...新潟で活動する「NGT48」と地元の菊水酒造がコラボ”. J-CASTトレンド (ジェイ・キャスト). (2016年6月17日). http://www.j-cast.com/trend/2016/06/17269990.html 2016年6月17日閲覧。 
  195. ^ “NGT48 北原里英が菊水酒造の酒造りに対する思いを感じる”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年11月20日). http://entameclip.com/news/42736 2016年11月20日閲覧。 
  196. ^ official_NGT48のツイート (753722679950053376)
  197. ^ “新潟エリアのTSUTAYA発!新潟を拠点に活動するNGT48とコラボレーション!!「NGT48×Tカード」の発行が決定!” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年6月17日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000018760.html 2016年7月15日閲覧。 
  198. ^ NGT48×Tカード”. Tカード - T-CARD/T-TICKET. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2016年8月31日閲覧。
  199. ^ 「第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会」DVD&BD CM(優勝チームNGT48出演) / AKB48[公式] - YouTube
  200. ^ 「燕三条系ラーメン旬香」発売決定”. らあめん花月嵐. グロービート・ジャパン (2016年9月). 2016年9月7日閲覧。
  201. ^ “NGT48北原里英、WEB動画CMで「監督」デビュー 新潟のご当地ラーメンCM”. GirlsNews (レゾリューション). (2016年9月14日). http://girlsnews.tv/akb/277598 2016年11月6日閲覧。 
  202. ^ NGT48からの挑戦!クリスマスプレゼントを探し出せ!”. リアル宝探しタカラッシュ!. タカラッシュ. 2017年3月3日閲覧。
  203. ^ Ncv新潟センター チャネルヒカリ (2017年2月21日). “NGT48の加藤美南さん・本間日陽さん出演!NCVスマートテレビのCM放送中ピカ!”. Facebook. 2017年3月3日閲覧。
    NGT48 NCVスマートテレビCM30秒 - YouTube
    NGT48 NCVスマートテレビCM15秒 - YouTube
    ココだけNGT48 Vol.16 - YouTube
  204. ^ “NGT48・北原里英&荻野由佳、『いい汗かこうプロジェクト』特設サイトにてアイドルならではの“汗事情”を告白”. M-ON! MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2017年4月27日). https://www.m-on-music.jp/0000200369/ 2017年4月29日閲覧。 
  205. ^ 「新潟コシヒカリ×NGT48」のプロモーションビデオを配信中!”. 新潟県 (2016年2月2日). 2016年6月14日閲覧。
  206. ^ おいしい新米と新米アイドルのコラボ! 新潟ライスガールズ×NGT48『新潟米コシヒカリ プロモーション』取材レポート”. ガジェット通信. 2016年1月18日閲覧。
  207. ^ 新潟米コシヒカリ×NGT48スペシャルムービー EPISODE 01:「オーディション編」 / NGT48[公式] - YouTube
  208. ^ NGT48太野彩香さん主演 新潟暮らしプロモーションムービーについて”. 新潟市 (2015年11月19日). 2016年1月18日閲覧。
  209. ^ 新潟市消防団員を募集”. 新潟市 (2017年2月16日). 2017年2月19日閲覧。
  210. ^ NGT48出演、新潟の魅力PRスペシャルムービー公開中”. 新潟商工会議所. 2016年1月18日閲覧。
  211. ^ NGT48出演、古町フルスマイル”. 新潟商工会議所. 2016年6月14日閲覧。
  212. ^ NGT加藤美南&水沢彩佳、新潟市南区PR大使に”. 日刊スポーツ (2016年2月25日). 2016年2月26日閲覧。
  213. ^ a b “新潟)NGT中村歩加さん、南区PR大使に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年3月11日). http://www.asahi.com/articles/ASK3B3FWRK3BUOHB001.html 2017年3月11日閲覧。 
  214. ^ 第24回 参議院議員通常選挙「なかよくゴー!投票へ!」”. 新潟県選挙管理委員会. 2016年6月25日閲覧。
    【参議院議員選挙 啓発CM】なかよくゴー!投票へ! - YouTube - 新潟県公式チャンネル(2016年6月22日)
  215. ^ “AKB48・加藤玲奈が選抜 かわいいメンバー16人の水着写真集が発売”. JOSHI+ (oricon ME). (2017年2月2日). http://joshiplus.jp/trend/news/2085388/full/ 2017年2月19日閲覧。 
  216. ^ 月刊エンタメ12月号 本日(10/30)発売 充実のグラビア&読み応え十分の特集”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2015年10月30日). 2016年8月31日閲覧。
  217. ^ ENT!バックナンバー 日経エンタテインメント! 2015年12月号”. 日経エンタテインメント!. 日経BP (2015年). 2016年8月31日閲覧。
  218. ^ 北原里英; 栗山敏昭 (2016年1月27日). 北原里英(NGT48)×栗山敏昭(栗山米菓社長)「リーダーシップ」について教わる. インタビュアー:鈴木初日. THE21オンライン.. http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2776 2016年8月31日閲覧。 
    THE21 2016年7月号”. PHP INTERFACE. PHP研究所 (2016年). 2016年8月31日閲覧。

関連項目[編集]