NHKニュースTODAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NHKニュースTODAY
ジャンル 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会 (NHK)
出演者 平野次郎
国谷裕子
藤田太寅
橋本大二郎
福島敦子
佐藤淳
目加田頼子
堀江さゆみ
オープニング 作曲:細野晴臣
エンディング 作曲:大野雄二
放送開始から1988年9月まで
放送時間 平日 21:00 - 22:20(80分)
放送期間 1988年4月4日 - 1988年9月30日
1988年10月から放送終了まで
放送時間 平日 21:00 - 22:00(60分)
放送期間 1988年10月3日 - 1990年3月30日
テンプレートを表示

NHKニュースTODAY』(エヌエイチケイ ニュース・トゥデイ)は、日本放送協会(NHK)で、1988年4月4日から1990年3月30日まで放送された大型報道番組である。

概要[編集]

14年にわたって放送された『ニュースセンター9時』の跡を継いで放送開始された。当初はニュース番組としては異例の試みとして一時間枠を超え21:00 - 22:20 (JST) までの放送とした。スポーツ報道に重点を置き安定した視聴率をあげていたテレビ朝日の『ニュースステーション』に対抗し、スポーツコーナーをその開始時刻である22:00からセッティングしたが、番組自体が間延びする格好となり、当初の目論見は果たせなかった。特にプロ野球ナイター速報では、試合が長引けばその時間内に結果を伝えきれず、23:40から放送されていた最終版ニュース「ニュースと解説(放送上の字幕は「NHKニュース・コメンタリー」)」では、簡単に結果を伝える程度で終わる試合もあった。

従って番組のコンパクト化を図り、1988年10月3日からは22:00までの放送とした。この際、23:40からの「ニュースと解説」をその前23:35からのローカルニュースと枠を統合、スポーツニュースを充実化させた『NHKナイトニュース』として時間枠を拡大して対応した。

メインキャスターは平野次郎解説委員。2年目はリポーターだった大村朋子記者がサブキャスターとして加わる。他にスポーツ担当で福島敦子(元中部日本放送アナウンサー)、国際担当で国谷裕子が務めた。橋本大二郎(元高知県知事)が社会担当を務めたこともある(なお、橋本は2014年にテレビ朝日系で放送されている情報番組『ワイド!スクランブル』でキャスターに復帰している)。

1990年4月より、高島肇久がメインキャスターを務める『NHKニュース21』に後を譲った。

開始からの半年間(80分時代)のキャッチフレーズは、ジュール・ヴェルヌによる1872年に発表されたフランスの小説『80日間世界一周』に喩えた「80分世界一周」だった。

また、最末期にはクリアビジョン放送を実施していた(ただし、『クリアビジョン』テロップは月曜以外の曜日は表示されなかった)。

キャスター一覧[編集]

担当 1988年度 1989年度
メインキャスター 平野次郎
サブキャスター 不在 大村朋子
国際 国谷裕子 平野次郎
政治 清水善郎
経済 藤田太寅
社会 橋本大二郎
スポーツ 福島敦子
リポート 大村朋子 佐藤淳
気象情報 目加田頼子 堀江さゆみ
  • 特記なしはNHK記者
  • ☆-外部登用(フリージャーナリスト)
  • ◎-NHKアナウンサー(福島は局契約
  • 福島は『NHKニュース21』も続投。

テーマ曲[編集]

備考[編集]

  • テレビ東京系で当時放送されていた『メガTONニュースTODAY』とタイトルが酷似していると同社から抗議された[要出典]。この際NHK側は「NHK・ニュースTODAY」ではなく「NHKニュース・TODAY」(NHKニュースが実質的な冠題名で、番組のメインタイトルは「TODAY」だけという解釈)であると返答した。
  • 新聞ラジオ・テレビ欄の番組表では「ニュース・トゥデー」と表記されていた。
  • 政治関連、事件、事故、災害等の重大ニュースがあった日には、19:00から放送の『NHKニュース』終了後または20:00から「NHKニュースTODAY特集」のタイトルを出して放送された。
  • 当番組の直前に放送されていた各放送局のローカルニュース(『ニュースセンター845』など)では、エンディングで「つづいてTODAYをどうぞ」のテロップが表示された。
  • 番組セットは、それまでの「ニュースセンター9時」が長らく使い続けてきた「ワーキング・スタジオ」の考え方を形にしたセットとは打って変わり、背景に大きな窓を配し(窓の外には高層ビルなど都会の夜景の写真パネルが配された。ちなみに同じセットを使用していた朝の「NHKモーニングワイド」では、窓にブラインドが下ろされていた。)リビングのようなくつろいだ雰囲気のものへ変わった。番組構成だけではなく、スタジオセットも先述のように「ニュースステーション」を多分に意識したものであった。また、スタジオ(CT-510スタジオ。NC9などワイドニュース用)にそれまでなかったミニクレーンなどの設備も導入している。
  • 初年度には社会部記者の1人に当時から「テレビの天才」と後輩たちから呼ばれていた池上彰(シティーウォッチング専属デスク)がいた。池上は当番組終了後の1990年4月から『ニュースセンター845』を担当した。『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で、池上が番組宣伝として司会の橋本大二郎と共演する時は「司会者としての立場が変わった」と話題にする。
NHK総合テレビ 平日午後9時のニュース
前番組 番組名 次番組
NHKニュースTODAY
NHKニュース21
※21:00 - 22:00