Ryo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

RYO(りょう、本名:田中 亮 1972年11月26日 - )は日本のヒップホップグループケツメイシのメンバーでMCを担当。東京都港区白金生まれ。身長162cm、血液型はA型。現在は解散したタサツのメンバーだった。

来歴[編集]

獨協高校東京薬科大学出身。

父親は順天堂大学名誉教授、心臓血管外科学医の田中淳。

1993年、Ryoji、大蔵、DJ KOHNOらとケツメイシを結成する。

ディスコグラフィ[編集]

ケツメイシ、タサツの作品を除く

客演[編集]

  • アルファ「SUSHI BOMBER」(2004.2.18)
    3.PULSAR feat.RYO from ケツメイシ
  • the nanapremes featuring 田中亮「STAY WITH MY HEART~気づいてKIMOCHI~」(2005.1.19)
  • 山下達郎SONORITE」(2005.9.14)
    2.Kissから始まるミステリー feat.RYO(fromケツメイシ)(元来は1997年にKinKi Kidsに提供されたもののセルフカヴァー曲)、Rap詞の作者としてもクレジットされている。

参加作品[編集]

  • RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~ (2007.11.28)
    世界エイズデー・プロジェクト2007 チャリティー・シングル

著作[編集]

  • 『涙でリールが見えない』(2007年、双葉社
  • 『涙でリールが見えない Vol.2』(2010年、双葉社)
  • 『涙でリールが見えない Vol.3』(2010年、双葉社)

エピソード[編集]

  • ライブ会場に入場の際、警備員に止められ「ダンサーの方ですか?」と言われたことがある。
  • ツアー中、排便後ケツを拭く際にケツTを巻き込んだことがある。
  • サミーの「777town.net」のケータイサイトで毎週火曜日更新のコラム『涙でリールが見えない』を書いている。
  • 学校行事には協力的で、2008年からの「夏休み」中に長女が通っている小学校の『親父の会』のメンバーになる。
  • 下ネタに関して造詣が深く、2010年5月1日放送の『タモリ倶楽部』(「スポーツ紙の性域を守れ!ピンク面の未来を考える」)にゲスト出演。ピンク面のエロ記事について熱く語り、アーティストとしてのイメージを共演の水道橋博士に心配された。以降同番組の下ネタ関連特集に不定期に登場している。タモリ倶楽部オープニングの特徴である女性がお尻を振るオープニングの変更に伴い、「お尻だけオーディション」に出演した際に、共演者に心配されるも、自ら「ケツメイシのケツ(尻)担当」という名言を残した。
  • 2011年 神戸でのコンサートで、神戸市長田区出身と話していた。