この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

SAICO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
SAICO
出生名 鈴木彩子
別名 サボ(SAVO)
生誕 日本の旗 日本宮城県
(1972-03-29) 1972年3月29日(44歳)
出身地 宮城県岩沼市
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギタータンバリン
活動期間 1990年5月 -
レーベル ビクター音楽産業
1990年 - 1997年
DAIPRO-X
(1997年 - 2000年
MOMINEKO RECORDS
2001年 - 2003年
DEAD GIRLS
2005年 - )
arights records
2007年 - )
公式サイト ☆SAICO☆WEBSITE315
レディオヘッドエニグマなど

SAICO(さいこ、1972年3月29日 - )は、日本のミュージシャンシンガーソングライター

旧芸名及び本名は鈴木 彩子すずき さいこ)。1990年代後半ではサイコ名義で活動していた。

来歴

宮城県岩沼市出身。学生時代は地元の名門校[1]バドミントンの選手として活躍し、全国大会の常連でトップクラスの選手だった。周囲は誰もがその道に進むと思っていたと言われている。

友達に強引に連れて行かれたロックバンドのコンサートで聞いた曲(後にリリースするアルバム「けがれなき大人への道」9曲目「VOICE〜明日への滑走路」)に衝撃を受け高校を中退し地元でモデル活動をしていたが、音楽をやりたいという気持ちが日に日に増しその事を周囲に相談したところ、新田一郎を紹介される(面接場所はフジテレビの食堂)[2]。その後上京し代官山プロダクションと契約する。当初の予定ではモデルと並行しアイドルとしてデビューする手はずだったが本人の強い意向により「唄うたい」所謂、アーティストとして1990年にビクター音楽産業(当時)から新田のプロデュースによりメジャーデビューを果たす。

以降の来歴は次節に詳しいが、交通事故に遭い重傷を負ったり活動休止になったりと紆余曲折を経て現在はインディーズシーンで活動をしている。

年譜

  • 1990年
  • 1996年
    • 映画アトランタ・ブギ』で主演を務める。この作品で、毎日映画コンクールの新人賞を受賞する。出演者のほとんどは東南アジア系の外国人で、彼らが母国の貧しさゆえ弁当を残さず食べることに多大なショックを受け、感銘する。
  • 1997年
    • 所属レコード会社をビクターからDAIPRO-Xに移籍。以降、曲のメッセージ色が濃くなる。
    • アルバム「罪深き英雄」発売。その後、10月18日に放送されたFM愛媛の番組「WEEKEND SPECIAL 鈴木彩子の世界」(20:00-20:55)に出演し、同アルバムの放送自粛・放送禁止が水面下で進んでいることを危惧した。厳密には1曲目「罪人」(人を殺しちゃいけないよ!!の連呼)、8曲目の「国民は立ち上がらない!」(愛国心!!の連呼)が槍玉に挙げられていた。[要出典]
  • 1998年
    • 9月
      シングル「心臓」よりデビュー当時からの芸名「鈴木彩子」を「サイコ」に変更する。
    • 12月15日東京品川埠頭において自動車事故に遭う。レスキュー隊によって、大破した車両の中から救助される。本人は、朦朧とした意識の中で「もうダメだ。死んでる」という救急隊員の声を聞いたと述べている。片肺を損失する大怪我を負い、緊急手術の末、意識を取り戻す。医者からは一生車椅子であると宣告され、大きなショックを受ける。[要出典]翌年に予定されていたライヴツアー等は全て中止となる。
  • 2000年
    • 6月頃、一生、歩くことも、歌う事すらも困難であると言われていたが、懸命なリハビリの甲斐があり、シングル「インコ」並びにアルバム「サイコ」リリースで復活を遂げるも、頃にはメジャーシーンを引退。
    • それから神奈川県茅ヶ崎でアルバイトをしながら数年間過ごす。[要出典]心配した友人が茅ヶ崎のイベントに誘う。「自分は必要とされてないんじゃないか」と思いながら、恐る恐るゲストで出演すると、最前列にファンが陣取っており、「おかえり!!」と声援を挙げる。このことに感激し、自分を待っていてくれているファンの存在に改めて気づき、再び歌う事を決意する。
  • 2001年
    • 12月28日
      モミネコレコードより3曲入りマキシシングル「この道の上」をリリース(鈴木彩子名義で)。
      インディーズシーンにて活動再開。このシングルは即完売した。
  • 2002年
    • 頃、東京百歌の全国イベントに参加する。その後も、色々なイベントやジョイントライブに積極的に参加する。
    • 12月28日にリリースされた「東京百歌オムニバスアルバムVOL.1〜色は匂へど散るぬるを〜」に「この道の上」のライブバージョンが収録される。
  • 2003年
    • 8月30日
      シングル「MOTHER」発売(数量限定・通販のみ)。
    • 9月27日、鈴木彩子時代のベストナンバーを集めたワンマンライブをCLUB JUNKBOX東京ベイで敢行。ライブチケットは発売後直ちに売り切れた。(翌年の同時期にもワンマンライブを行っている)このライブの受付は、自身の兄姉そして加藤いづみだった。前所属事務所社長の新田一郎も訪れている。
  • 2005年
    • それまで使っていた芸名「サイコ」を「SAICO」に変更する。
      (正式変更は後述のアルバム「CEREAL」リリース日からと思われる)
    • 7月27日
      インディーズ活動後の初CDアルバム「CEREAL」をリリースする。
    • アルバム発表後、ライブを恵比寿で開催。ライブ前に体調を崩し入院し、ライブは延期となったが無事開催する。
    • この前後、都内各所の富士そばでそばを食べるSAICOが目撃される。元来、富士そばのフリークであり、日記等でも写真をアップするほどのファンである。元所属事務所が恵比寿にあった頃、同じビルの1階が富士そばであり、よく利用していたとラジオで明かしていた。[要出典]
  • 2006年
    • 久々となるTV・ラジオに出演する。[要出典]
    • 4月、念願のワンマンライブツアーを開催(熊本大阪広島名古屋)。しかし、熊本公演終了後に体調を崩し残り3公演が延期になる事態に。急遽日程調整を経て7 - 8月に無事ツアーを再開した。
    • 11月にはイベント出演、又12月31日にはメジャー時代に経験しなかったであろう大晦日ライブを開催。
  • 2007年
    • 6月6日
      インディーズ活動での2枚目のアルバム「Numb」をリリースする。
    • 6月10日付のタワーレコード全店トータルでのJ-POPアルバム総合ウィークリーチャート13位、また国内メジャー・インディーズ楽曲のトータルでの予約ランキングの中で28位となった。その直後6月13日には、渋谷BOXXにて「namb」リリース記念のワンマンライブを開催。久々のバンド編成によるライブであり、会場は超満員となった。「(会場に)入れないほどのお客さんの人数になり、いっぱいつめてもらって、キツキツだった」(saico公式HP 2007.6.15のDiaryより抜粋)
    • 8月26日
      『ch SAICO(チャンネルサイコ)』ライブを開催する。これ以降のワンマンライブの時は「ch SAICO vol.〜」と銘打ちタイトルを恒例化させている。
    • 12月23日
      『Ch SAICO vol.2〜SAICO X'mas Special Live "LOVE"』を開催する。
  • 2008年
    • 3月29日
      『BIRTHDAY CHANNEL』ライブを開催する。久々の誕生日ライブとなるこの日の曲目の一部は、この日に演奏して欲しい曲をファンにリクエストして貰いそのベスト3になった曲を実際に曲目に入れるという企画であった。
  • 2009年
  • 2010年
    • 5月
      デビュー20周年。
    • 10月
      SIONの25周年記念アルバム「燦燦と」制作に参加する(5曲目「早く帰ろう」)。
  • 2015年
    • 5月
      デビュー25周年。

ディスコグラフィ

シングル

名義 発売日 タイトル カップリング 備考
鈴木彩子 1 1990.5.21 独立戦争 I Believe My Babyなんて言えない 「独立戦争」のシングルバージョンはアルバム未収録
2 1990.11.21 黄金時代 O.K.
3 1991.4.21 GOAL 一度だけの昨日
4 1991.10.21 恋ってさ はじめの一歩 「はじめの一歩」はアルバム未収録
5 1992.2.21 ひとりぼっちの意味 風より冷たい世界 「風より冷たい世界」のシングルバージョンはアルバム未収録
6 1992.5.8 風に吹かれて かたちのない魅力
7 1992.7.1 旅立つ朝に 好きと言おう 表題曲は劇場版アニメ『サイレントメビウス』第2作主題歌
8 1992.12.16 私の約束 空へ 「空へ」はアルバム未収録
9 1993.3.24 それぞれの探しもの 勇気のつぼみ
10 1993.6.23 葛藤 優しい眠り 「優しい眠り」はアルバム未収録
11 1993.11.21 月光 誓い
あの時一緒にいた瞳達
12 1994.3.24 HELP 太陽になれない星
13 1994.7.6 希望の鐘 Dreamer 表題曲はTBS系『JNNニュースの森』エンディング主題歌
14 1994.10.21 暗闇を着せられた僕
15 1995.5.24 情熱 僕はここにいるよ
16 1995.10.21 長い放課後 心からありがとう
17 1996.2.21 あの素晴しい愛をもう一度 あの日に帰ろう テレビ朝日系『ステーションEYE』エンディング主題歌
18 1996.6.21 地平線 星屑たちのうた
19 1996.10.23 迷子の子猫 願い叶いますように
20 1997.8.21 最後の抵抗 HOPE
21 1997.11.21 だけど ここには愛がある 宇宙規模で行こう
22 1998.2.21 自分自身の証明 水色の手紙
サイコ 1 1998.9.23 心臓 ガラスの様な雨
2 1999.2.24 DOWN-UP 青い世界
3 2000.6.7 インコ きかせて
4 2000.9.6 天国 SHOUT
バイト
「SHOUT」「バイト」はアルバム未収録
SAICO 5 2001.12.28 この道の上 大きな夜
Smile
インディーズ(MOMR-0002)、完売
6 2003.8.30 MOTHER Shave インディーズ(MOMR-0006)、完売
* ラムレーズン 新アルバム発売後のライブ入場者のみに配布
7 2010.11.15 HIKARI インディーズ(kks-0001)、完売
8 2014.8.21 love
 Story
 Size
 Senaka
 光 (リミックス)

※完売のインディーズシングルはYahoo!オークションなどの中古市場で入手出来る場合がある。

アルバム

名義 発売日 タイトル 備考
鈴木彩子 1 1990.6.21 天地創造 デビューシングル「独立戦争」のロングバージョンを収録
2 1991.7.3 明日へつながる道
3 1992.3.21 19歳の鼓動
4 1993.7.7 けがれなき大人への道
5 1994.4.6 BORO BORO
6 1995.6.7 愛があるなら
7 1996.3.6 あの日に帰ろう
8 1996.7.3 24の誓い
Best 1996.11.21 THE HISTORY OF SAIKO SUZUKI VOL.1 ベスト盤。「独立戦争」と「風に吹かれて」は新録バージョンで収録
9 1997.8.21 罪深き英雄
サイコ 1 1998.10.7 9〜nine〜
2 2000.6.21 サイコ
SAICO 1 2005.7.27 CEREAL インディーズ(DGCD-1007)
2 2007.6.6 Numb インディーズ(XGBJ-1002)

参加作品

  • 「東京百歌」TOUKYO HYAKKA OMUNIBUS ALBUM Vol.1(2002) 鈴木彩子名義「この道の上〜アコスティックバージョン〜」収録


ビデオ

  • GOLDEN AGE DREAM/SAIKO VIDEO Vol.1
  • SAIKO SUZUKI VIDEO 2 (1991.12.16)
  • SAIKO SUZUKI VIDEO 3 〜 19才の鼓動 〜 (1992.6.21)
  • SAIKO SUZUKI VIDEO 4 けがれなき大人への道 (1993.8.21)
  • SAIKO SUZUKI VIDEO 5 BORO BORO (1994.5.21)

特記事項

  • 加藤いづみとは1996年ごろに東京の街中で偶然出会い[要出典]、2人とも愛媛県でのラジオの番組を持っており共通の友人も多かった事もあり、SAICOがメジャー引退後から急速に仲良くなり親交を深めていった様である。
  • 歌声とは対照的に話し方は非常におっとりしていて、よく言われるところでは「ドラえもんのよう」だと言われる。そのためか、嘉門達夫のラジオ番組にゲスト出演すると、嘉門に毎回のように「う〜う〜う〜、ぼくドラえもんです」と言わされていた。[要出典]
  • 鈴木彩子という大学生の将棋チャンピオンは同姓同名の別人。現在は削除されているが、Web上の日記があり、ネガティブで暗く深い思考回路が歌手の鈴木彩子とあまりにも似ていたため本人と間違われた時期があった。
  • お笑い芸人だいたひかるとは、代プロ所属時代からの付き合いがある。姉妹のように仲が良いらしく、二人で遊ぶ事も多いとお互いのHP内で語っている。
  • 自身のファンの事を「仲間」と呼んでいる。
  • アコムむじんくん」CMソング(SPACE ALL STARSの「ドッキンNightにラララDance」)のクレジットではすずきさいこと表記されている。また「鈴木彩子」「すずきさいこ」「サイコ」「マリモラッコ」などの名義で、他アーティストに詞曲を多数提供している。[要出典]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 知誕-titan-http://tisen.jp/hbd/query/.../30/edit/.../query.php?from=53501&KeyDate=&KeyName=&KeyTITLE=&KeyHOME=&KeyNAME_2=&KeyMEMO=
  2. ^ SAICOのブログhttp://saico315.com/blog/?month=201505「唄うたい25歳♪」

関連項目・人物