SCP-Containment Breachpart

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

SCP/抑制違反[編集]



抑制違反はジョーナスRikkonen("Regalis")によって開発されたインディーズ超自然のホラービデオゲームである。
それはSCP財団ウェブサイトの話から基づく。


あなたが出会うどのような危険でも生き抜こうとする間に、あなたの主要な目的は施設を通してガイドD-9341にある。

ゲームの主要な機能はまばたき機械工である。
点滅することは、HUDにおける点滅バーによって測定される基本的な仕組みである。
点滅によって、SCP-173がプレーヤーにより近寄って来るであろう時に、覚えておくことはSCP-173と出会う時に重要である。
プレーヤーは、スペースバーを押すことによって手動でまばたきすることができて、スペースバーをホールドダウンすること
によって長期間の間それらの目を閉じることもできる。

SCP-096と出会うならば、これは、有益であると判明することができる。
浄化ガスはゲームにわたって出現し、また、プレーヤーを、目の撹拌(周囲を認識)のためより速いレートでまばたきさせる。


プレーヤーは、目が乾燥することを妨げるためにガスマスクをかぶるべきである。
ガスの効果が消える間、SCP-173は、このガスが噴出する場所で出現する傾向がある。
D-9341は、力走し、10のアイテムを携帯できる在庫ボックスが用意されている。それだけでなく「かがむ」ことができる。
ゲームの主要な機能の1つは無作為(ランダム)に生成された部屋である。


施設は3つのエリアに分割される。
軽い抑制、重い抑制、および入口は帯状になっている。
各ゾーンがチェックポイントエリアによって隔てられている状態でこれらのエリアのそれぞれは彼ら自身の具体的な無作為に
生成された部屋を含んでいる。
容易に含まれることができるSCPsを保持するために使われる軽い抑制ゾーンで、プレーヤーは出発する。

重い抑制ゾーンは、ずっと大きな脅威を提出することができるSCPsを含むために使われて、その小道はトンネルからなる。
入口ゾーンは施設の最も高いレベルである。
それは主にオフィスから構成されていて、施設に出口のすべてを含んでいる。
金属音(キンキンキン)は金網とプレイヤーの靴の音である。大きな音”ゴー、ガタン””プシュー”はプレイヤーと'SCP-079が
扉を開け閉めした効果音である。開閉ボタンによって無作為に生成される仕組みである。ボタンと扉は一組である。

アイテム[編集]

途中で、プレーヤーは多種多様なアイテムを見つけることができる。
これらは、
ガスマスク
 ガスからあなたの目を保護することができるガスマスクを含む。
バッテリー
 施設にわたって見つかったパワーに特有なエレクトロニクスに慣れることができるバッテリー。
キーカード(セキュリティカード)
 アクセスレベル1から、より高い検査ゲートを開くことができる2から5に及んでいるキーカード。
応急手当キット
 損傷を癒すことができる応急手当キット。
Sナビゲータ
 施設の中で部屋をナビゲートするために使われることができるSナビゲータ。
ラジオ
 違うチャンネルの上のトランスミッションを持ち上げることができるラジオ。
目薬
 もっとあなたの点滅タイマーと多くの速度を落とすことができる目薬。



==== ゲームキャラクター ====
SCP-008(「ゾンビ疫病」)
プレーヤーは、ゆっくり、それらをゾンビに変えるウイルスに感染する。
SCP-012(「悪い混合物」)
プレーヤーを、それに歩いて行き、彼ら自身の血の中でそれを終えるためにそれらの手首を切らせる混合物。
SCP-049(「疫病医師」)
プレーヤーを追い、それらを、SCP-049-2(本質的に、ゾンビである)に変える。
SCP-079(「古いAI」)
Exidy魔法使いマイクロコンピュータに住んでいる人工知能。
ドアを、無作為に開くか、閉まらせて、施設にわたって無作為にCCTVモニターに出ることができる。
SCP-096(「内気な男」)
彼らがその顔の部分を見るならば、プレーヤーを追い、殺す人間形の生き物。
扉は強引に両手でこじ開ける。キーカードの扉も関係がない。
SCP-106(「老人」)
固体を通して段階的に実行することができて、プレーヤーを追う。
それがプレーヤーをつかまえるならば、それは、それらを、‘ポケット次元’(SCP-106が合計にに関してコントロール
させる廊下から構成されている領域)に持って行くであろう。
歩いて壁から壁へ移動する能力を持つ。故に床や壁に彼の痕跡が残る。追尾に一定の距離を保つと目的を忘れる。
SCP-173(「彫刻」)
ゲームの主要な敵対者。
それはスプレーで化粧された面によってコンクリートと鉄筋から組み立てられた彫像である。
それは速いスピードで動き、プレーヤーの首を断線することができる。
しかし、直接的なラインオブサイトの中の間に、それは動くことができない。
目線をはずしたり、まばたきをすると移動してくる。開閉ボタンを押して迫ってくる。突然空間移動もする。
石の音”ゴリッゴリッ”がSCP-173の歩いている証拠である。
SCP-294(「コーヒーマシン」)
プレーヤーが、彼らがそのキーボード(マグマまたは液状の金のような含む物)上でタイプした1杯の何でも飲むことを可能に
するコーヒーマシン。
SCP-372(「周辺のジャンパー」)
プレーヤー(彼らが最初にその抑制室に入ったら)について行き、プレーヤーの周辺視覚のコーナーで見られることができる。
それはゲームにおいて無害で、その唯一の目的は、プレーヤーを驚かせることである。
SCP-500(「万能薬」)
すべて、損傷、失血、SCP-008伝染、および徴候を癒す赤い錠剤はSCP-1025から増加した。
SCP-513(「カウベル」)
鳴らされるならば、SCP-513-1を産む錆びたカウベル。
SCP-513-1は死体風の人間形ロボットであり、それは、プレーヤーのビジョンの外で明示し、プレーヤーがそれを見たすぐ後に
消えるであろう。
SCP-682(「破壊しづらい爬虫類」)
ゲートBでヘリコプターを攻撃する大きな爬虫類風の生き物。
SCP-714(「疲れ切ったリング」)
様々な損傷からプレーヤーを保護するけれども彼らが力走することを妨げるそれらのスタミナを減少させる緑色の翡翠リング。
SCP-895(「カメラ分裂」)
近くのモニタを含む電気機器を粉砕するであろう大きな棺。
プレーヤーがあまりにも長い間モニタを凝視するならば、彼らは死ぬであろう。

SCP-914(「時計仕掛け」)
どのようなオブジェクトでも精製するか、脱構築することができる大きな時計仕掛けマシン。
プレーヤーは、複数のアイテム(損傷を癒す作成点眼剤などの)を改善するためにそれを使うことができるけれども、
悪用はプレーヤーを傷つけるか、殺すことができる。
SCP-1025(「病気の百科辞典」)
ランダムな病気を、それを読む誰にでも与える百科辞典。
[原文ママ]SCP-420-J(「世界で最もよい????」)
損傷を癒すマリファナに類似している薬。
主に、喜劇的息抜きとして作動する。
[原文ママ]SCP-789-J(「ケツゴースト!!」)
洗面所で発見されることができるトイレ。
それに歩いて行くとすぐに、それに、プレーヤーのケツを食べる恐れがあるであろう。
喜劇的息抜きとしての行為だけ。



===== Plot プロット(物語) =====
SCP財団(私達の世界の正常を脅かすことができる含んでいる異例の人工物とエンティティに尽力している秘密の団体)
まわりで、ゲームは回転する。

ゲームのイベントが起こる前のいくらかのポイントで、財団のサイトのいくらかが、不特定のサイトに再配置される
ことを多くのSCPs(それらの含まれている変則に与えられた明示)に強制することに分割される。
「9ついて行かれたフォックス」として知られている機動部隊は、抑制におけるどのような可能な違反からでも
このサイトを防御するためにまもなく設立される。
=== ゲームスタート ===
プレーヤーはD-9341のオレンジ色の服を着た死刑囚の役割を演じる。
1ヶ月の間それらのために働いた後に財団のためにそれらの自由と交換に働くことに合意した死刑囚監房囚人である
クラス-Dテスト主題。

現実における時に、それらは、月末にターミネートされて、SCP-173として知られているエンティティの上のテストを
行うことを2つの他のテスト対象とともに強制されるテスト主題)の新しいセットと取り替えられた。

【事件発生イベント】
気づかれない時に速いスピードで動くことができるけれども直接的なラインオブサイトの中の間に、動くことが
できない彫像。
この試験手順の間。
財団は、サイトの電気とリモートコントロールドアシステムのコントロールを失いはじめる。
ライトは、SCP-173に、他の2つのテスト対象を殺し、換気装置の中に脱出させて、明滅しはじめる。
インターホンはその時、いくつかのSCPsが、サイトを厳重な監禁の下に置くことをそれらに強制している抑制を
棄したことを発表する。
残存しようとする間に、プレーヤーは施設のまわりでその時D-9341を誘導しなければならない。
プレーヤーが施設を通してうろつく時に、彼らは、抑制違反を起こしたものについての手掛かりを発見しはじめる。
強くSCP-079の抑制室の中で発見されたモニタは、SCP-079(Exidy魔法使いマイクロコンピュータに住んでいる人工知能。)
が停電の原因であることを示唆する。
それが、「彼を投獄した人への復讐を得る」ことができるように、彼らがそれに機能のパワーへのダイレクトアクセスを
与えたことを述べて、モニタは未知のクライアントとSCP-079の間の会話を示す。
それは、どのようにかについての未知がSCP-079アクセスを与えたことであるけれども、財団への敵対者グループである
カオス暴動が、079を与えた人が、暴動スパイである時に強く暗示されるSCPサイトの新しい医師に[メイナード博士]の
助けによってアクセスすることであることは理論化される。

=== エンディング~結末の行方~ ===
ゲームは現在4つの違うエンディングを持っている。
最初のものに、施設の入口ゾーンに向かい、電気センターに近づき、リモートのドア制御機器を非活性化することが達する
ことができる。
プレーヤーがこれをしたら、彼らは、それがD-9341との取り引きを提案するであろうSCP-079の抑制室に向かうことができる。

SCP-079は、彼が、ドア制御系(SCP-079が施設の中でドアのすべてをコントロールすることを可能にする)を再作動させるならば、
それが、D-9341がサイトを免れることを可能にして、ゲートBのためにドアを開くであろうということを述べる。
プレーヤーが、それを再作動させたら、彼らはゲートBにアクセスすることができる。
これから、2つのポイントのエンディングに達することができる。
ゲートBに入るとすぐに、インターホンの上の声は、SCP-682が突発し、彼らが、それを破壊する試みにおいてアルファ弾頭を
爆発させようとしていることを述べるであろう。
施設を終了する前に、プレーヤーが、アルファ弾頭(重い抑制ゾーンで発見された弾頭部屋でされることができる)を非活性化した
ならば、爆発はキャンセルされるであろうし、アパッチ(戦闘ヘリコプター)は、彼を殺して、D-9341を撃ち落とすであろう。
プレーヤーが弾頭を非活性化しなかったならば、それらは爆発するであろうし、爆発はD-9341を殺すであろう。
終了画面で、爆心地で残りのために偵察するように、ならず者から働いているラジオが展開をタスク・フォースに要求する時に、
無線送信は聞かれるであろう。
しかし、大きなうなり声が、SCP-682を破壊することに、核爆発が失敗していたことを示して、聞かれる時に、
トランスミッションは遮断中間の文である。
代わりに、プレーヤーはゲートAを通して脱出することができる。
2つのエンディングに、D-9341がSCP-106を含んでいたかどうかに依存して、ここで達することができる。
プレーヤーが、その時SCP-106がゲートA. Aで取り外すであろうそれを含んでいなかったならば、インターホンの上の声は、
SCP-106が脱出することを防止することについてH.I.D.(高輝度放電)タレットの使用に権限を与えるであろう。
D-9341は、彼の前で兵士反りのグループによって止められるだけサービストンネルを通って脱出するためにこの注意散漫を使う。
兵士は、D-9341があまりにも多くを、殺されるには知っていて、彼らが、彼らの後ろのトンネルを崩壊させて、向こうに彼を反らす
であろうと言うであろう。
プレーヤーがSCP-106を含んでいたならば、いくつかのタスク・フォース・ユニットは、D-9341をかみ合わせて、彼に、彼が知って
いるものを停止させて、発表するように命じるであろう。
タスク・フォースユニットにより取られた後に、ゲームはその時終わり、レコーディングはD-9341についてのリポートで遊ぶ。
リポートは、抑制違反が作り出した危険な脅威に打ち勝つD-9341のスキルに言及し、SCP主題としてのD-9341の分類は考慮される。
このエンディングは、おそらく、第4の壁を壊していると考えられる。

以 上