UCS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
株式会社UCS
UCS Co., Ltd.
Uny.group.JPG
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 8787
本社所在地 日本の旗 日本
492-8686
愛知県稲沢市天池五反田町1
設立 1991年平成3年)5月17日
(ユニーカードサービス)
業種 その他金融業
事業内容 総合あっせん事業など
代表者 代表取締役社長 後藤 秀樹
資本金 16億1089万円
発行済株式総数 18,807,700株
(以下、2014年2月期)
売上高 172億94百万円(営業収益)
営業利益 33億29百万円
純利益 20億34百万円
純資産 209億96百万円
総資産 1,270億88百万円
従業員数 142人
決算期 2月末
主要株主 ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社 81.34%
外部リンク www.ucscard.co.jp
特記事項:登録番号
東海財務局長(8)第00108号
日本貸金業協会会員(第002839号)
テンプレートを表示

株式会社UCS(ユーシーエス、: UCS CO., LTD.)は、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社であり、グループの金融事業会社に位置付けられ、クレジットカード事業を行う登録割賦購入あっせん業者・貸金業保険代理店業者である。

国際ブランドとしてMasterCard[1]JCB及びVISA[2]ブランドのクレジットカードを発行している。かつては、VISAブランドの場合、 VISA TOUCHQUICPayの両方に対応していたが、 VISA TOUCHについては、現在は受付を終了し、どのブランドでもUCS QUICPayが発行できるようになった[3]。クレジットカード有効会員数は約311.2万人である。全社の取扱高は5,937億円。(2014年(平成26年)2月現在)

略歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 株式会社ユニーサービス設立
  • 1990年(平成2年) - 株式会社ラブァンス設立
  • 1991年(平成3年) - 株式会社ユニーカードサービス設立
  • 1997年(平成9年) - 株式会社ユーシーエスサービス設立
  • 1998年(平成10年) - 株式会社ユニーサービスが株式会社ラブァンスを合併
  • 2004年(平成16年) - 株式会社ユニーカードサービスを存続会社として株式会社ユニーサービス及び株式会社ユーシーエスサービスを合併し、商号を株式会社UCSに変更
  • 2005年(平成17年) - センチュリーインシュアランスサービス株式会社(東京都江東区、保険代理店業)を合併
  • 2005年(平成17年) - ジャスダックに上場(証券コード8787)
  • 2007年(平成19年) - モール型ショッピングセンター対応「WALKカード」発行
  • 2007年(平成19年) - 非接触IC決済「QUICPay」、「VisaTouch」発行
  • 2010年(平成22年) - SBIホールディングス系SBIモーゲージ(株)と提携。住宅ローン事業に進出
  • 2013年(平成25年)11月21日 - 電子マネーUnikoの供用を開始

店舗[編集]

アメリカンファミリー生命保険会社アフラック)の代理店としてユニーのショッピングセンター内に店舗を設け、金融商品の販売も行っている。

営業所[編集]

UCSカードの主な特徴[編集]

  • アピタ、ユーホームの店舗で5%OFF感謝デー(毎月19日及び20日)に提示(現金、または、UCSカードによる精算)すると一部の商品を除いて表示価格から5%引になる。
  • ピアゴで営業日の金曜日に提示(現金、または、UCSカードによる精算)すると一部の商品を除いて表示価格から5%引になる。
  • 宇佐美鉱油にて、UCSカードで精算すると燃料油、CNGは表示価格から2円引きとなり、その他商品は5%引きとなる。(直営店のみ)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プリンシパルメンバーとして加盟しているが、プロセシングは三菱UFJニコスが担当。
  2. ^ 三菱UFJニコスからのライセンス供与。発行開始当初にはUFJカードのロゴも券面に記載されていた。
  3. ^ MasterCardブランドはSmartplusに非対応。