Wエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

Wエース(ダブルエース)は、かつて存在した東京漫才のコンビ。昭和40年代末から平成にかけて活動していた。

略歴[編集]

1965年、初代となるWエース結成。当時のメンバーは望谷けんじ(後の谷エース)と九々八十一。この初代が解散後の1967年、後に丘エースとなる青空国松とコンビ結成、この時のコンビ名は「青空七松・国松」(望谷が「青空七松」と改名)、間も無くして二人とも丘エース、谷エースと改名、コンビ名も2代目となる「Wエース」となった。勝手に改名した為、丘の師匠のコロムビア・トップは漫才コンクール優勝まで破門扱いにしていた。

1972年にはNHK新人漫才コンクール優勝。漫才コンクール受賞時は「ぼやき電話」等のぼやきネタだったが、その後丘が蘊蓄を谷に喋るが、谷の方が質問するにつれ、丘の付け焼刃がばれる「逆転漫才」を得意とした。

1980年の真打ち昇進時に「幸せぼくろ/お前一人にするものか」の両方A面のレコードを発売した。

2003年11月12日に丘エースが60歳で、その約3か月後の2004年2月26日に谷エースが61歳で、相次いで亡くなった。

メンバー[編集]

  • 丘エース(おか - 、1943年 - 2003年11月12日)ボケ担当。福岡県北九州市出身。八字髭が特徴(しかし、『花王名人劇場』の映像では、剃ってあるのか髭がない)。
    父親が日本水産の社員だったため子会社に就職。上京後新宿で流しをやっていた。コロムビア・トップがひいきにしていた関係で弟子になる。
    青空水星・木星の木星としてデビュー。後に青空国松と改名、青空石松とコンビを組むが間も無く解散。この後、谷エースと出会い、Wエース結成に至る。
  • 谷エース(たに - 、1943年 - 、2004年2月26日) ツッコミ担当。本名は田村典文。大阪府出身。
    上京後住んだアパートに東京二がおり、京二にWけんじの付き人を頼まれた。元々三橋美智也のファンだった谷は東けんじに三橋に会いたいと頼んだ。すんなり会わせてくれた東に谷は感激した。元々歌手を目指していたが、挫折し東の弟子になった。
    最初の芸名は「望谷けんじ」。ケーシー高峰の弟子の高峰てんじと1964年コンビを結成。この後、九々八十一との初代Wエース、青空七松・国松を経て2代目のWエースのメンバーとなる。

弟子[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 「東京漫才列伝」(東京新聞出版局、2002年)