XOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
XOX
出身地 日本の旗 日本
活動期間 2014年 -
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
共同作業者 丸本貴司[1]
薮下晃正[1]
メンバー とまん
バトシン
志村禎雄
田中理来
木津つばさ
旧メンバー 村瀬ジョンケビン

XOX(キスハグキス)は、日本男性音楽グループ。レーベルはソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

メンバー[編集]

旧メンバー

経歴[編集]

2014年、既に読者モデルとして人気を獲得していたとまんバトシン、志村禎雄と共に結成するグループのメンバーを募集するソニー・ミュージックとWEGO主催の全国オーディション「ボーイズ・グランプリ2014」が行われ[4]、田中理来、木津つばさ、村瀬ジョンケビンが合格し、11月に加入。メンバーは同年に結成されたソニー・ミュージックエンタテインメント主宰の演劇集団・劇団番町ボーイズ☆のメンバーともなる。

2015年3月18日、グループ初の写真集『XOX』を発表。付属DVDには初の音源「Good night」と「ダイジョーブ」を収録。同年3月30日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催されたLOOP vol.5で初ライブ[5]

2015年6月、村瀬が脱退[3]

2015年7月8日、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャー・デビューが発表される[6]。同年8月11日にZepp DiverCityで開催されたイベントLOOP vol.6に出演し、デビュー日とデビュー曲の題名を公表[7]。2015年12月9日、シングル「XXX」でメジャー・デビューを果たした。オリコンチャートで初登場及び最高11位を記録。

2016年1月16日放送回の音楽番組CDTV』で、「2016年ブレイクすると思うアーティスト」として取り上げられる[8]。同年5月3日、2枚目のシングル「Ex SUMMER」を発表。ミュージック・ビデオSNSに影響を受けたものになっており、スマートフォンで視聴すると擬似的に双方的な仕掛けで遊べる仕様が前面に打ち出される[9]。オリコンチャートで最高6位を記録し、グループとして初の主要音楽チャートトップ10入りを果たした。2016年5月22日、ラフォーレミュージアム原宿にて初の単独ライブ「XOX COLLECTION 2016 Spring/Summer」を行う[10][11]。9月29日からTBSラジオTOKYO JUKEBOX』内"女子活ARTIST BOX"にて、初のレギュラーラジオ番組『XOX&radio』が放送開始[12]。2016年10月、各界に多大な影響を与えた若手クリエイターの中から選出されるベストデビュタントオブザイヤーの音楽部門を受賞。グループとしてはこれが初戴冠[13]

特徴[編集]

各メンバーのストリート感溢れるファッションセンスと全員がフロントを務められる存在感を生かすために、ZOO以降日本のダンス・ボーカル・グループのひな型の一つになったボーカリストとダンサーの分業制は行わず、メンバーが揃ってダンスとボーカルを担当している[1]。プロデューサーの薮下晃正は、原宿を中心としてユース・カルチャー、ストリートカルチャーの主人公たるXOXが格好いいと思える音楽にしたいという思いがあり、そこで流行りのEDMをやる必要はないと判断した。音楽性の裏テーマとしては、近年の1990年代的なものへの再評価やマーク・ロンソンを筆頭にした往年のダンス・ミュージック・リバイバルへの共感という側面もあり、藪下曰く「流行を取り入れつつも一過性のモノではなく時代の流れに耐えうる恒久性」を意識している[1]

作品[編集]

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン[14] JPN Hot 100
1st 2015年12月9日 XXX 11 51
2nd 2016年5月3日 Ex SUMMER 6 19
3rd 2016年11月2日 Skylight 9 24
4th 2017年5月24日 High School Boo! 9 29
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

ミュージック・ビデオ[編集]

ビデオ 監督
2015年 XXX 須永秀明[15][16][17]
2016年 Ex SUMMER
Skylight

映像作品[編集]

発売日 題名 オリコン
最高順位[18]
備考
2016年9月14日 XOX COLLECTION 2016 Spring/Summer 78 2016年5月22日に行われた初の単独ライブの映像を収録。

単独ライブ[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

  • XOX ファースト写真集(2016年、双葉社)ISBN 978-4575308433

受賞歴[編集]

  • ベストデビュタントオブザイヤー 音楽部門(2016年)[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “XOXはボーイズグループ界の“パンク”を目指す 仕掛け人による戦略とグローバルな音楽性を分析”. Real Sound. (2016年11月6日). http://realsound.jp/2016/11/post-10016.html 
  2. ^ a b c d e BIOGRAPHY”. XOX Official Web Site. 2016年11月9日閲覧。
  3. ^ a b “次世代のイケメンボーイズグループXOX、メンバーの卒業を発表”. モデルプレス. (2015年6月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1496575 
  4. ^ “ソニー・ミュージックとWEGOが新世代BOYSグループ発掘プロジェクトを始動!「BOYSグランプリ2014」開催〜8/29締切!”. exciteニュース. (2014年7月1日). http://www.excite.co.jp/News/music/20140701/Musicman_audition37231.html 
  5. ^ “「ワンマンはお隣、東京ドームで」XOX、デビュー前にも関わらず3000人の前で初ライブ。”. PR TIMES. (2015年3月31日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000010589.html 
  6. ^ “次世代イケメンBOYSグループ「XOX」メジャーデビュー発表<メンバーコメント>”. モデルプレス. (2015年7月8日). http://mdpr.jp/music/detail/1500678 
  7. ^ “次世代イケメンBOYSグループ・XOX、メジャーデビュー日発表「5人で突き進む」 2500人とダンスで一体に”. モデルプレス. (2015年8月11日). http://mdpr.jp/music/detail/1511409 
  8. ^ “XOX(キスハグキス)、早くも2ndシングルの発売が決定”. M-ON!MUSIC. (2016年2月7日). http://www.m-on-music.jp/0000114276/ 
  9. ^ “XOX シングル「Ex SUMMER」MV公開、“スマホ最適化”された新感覚の映像作品に”. MUSICMAN-NET. (2016年3月29日). https://musicman-net.com/artist/55861.html 
  10. ^ “次世代イケメン読モグループ・XOX、初の試み発表「緊張している」<コメント到着>”. モデルプレス. (2016年2月15日). http://mdpr.jp/music/detail/1564723 
  11. ^ a b “XOXが感涙「てっぺんを目指したい」 初ワンマンライブに観客殺到<セットリスト>”. モデルプレス. (2016年5月22日). http://mdpr.jp/music/detail/1586653 
  12. ^ “XOX、TBSラジオでレギュラー番組決定&全国4か所スイーツパラダイスとのコラボも”. 日刊アメーバニュース. (2016年9月27日). http://news.ameba.jp/20160927-658/ 
  13. ^ a b “XOXに栄誉 初のアワード受賞「本当に光栄」”. モデルプレス. (2016年10月4日). https://mdpr.jp/music/detail/1620710 
  14. ^ XOXのシングルランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2016年11月9日閲覧。
  15. ^ XXX”. スペースシャワー. 2016年11月9日閲覧。
  16. ^ Ex SUMMER”. スペースシャワー. 2016年11月9日閲覧。
  17. ^ Skylight”. スペースシャワー. 2016年11月9日閲覧。
  18. ^ XOXのDVD売上ランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2016年11月9日閲覧。
  19. ^ “XOX 2ndワンマンの詳細決定。チケット先行受付は7/17(日)よりスタート!”. ソニーミュージック. (2016年7月15日). http://www.sonymusic.co.jp/artist/xox/info/470515