"BUZZ!!" THE MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > "BUZZ!!" THE MOVIE
"BUZZ!!" THE MOVIE
B'zVHSLDDVD
リリース
録音 1995年8月24日 - 8月25日
ジャンル
時間
レーベル
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 第10回日本ゴールドディスク大賞ミュージック・ビデオ[1]
  • B'z 映像作品 年表
    • "BUZZ!!" THE MOVIE
    • (1996年、VHS/LD)
    • (2001年、DVD)
    テンプレートを表示
    B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
    B'z の コンサート・ツアー
    場所
    初日 1995年7月7日
    最終日 1995年8月25日
    公演数 全12公演
    B'z ツアー 年表
    • B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"<PART-2>
    • (1994年)
    • B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"
    • (1995年)
    • B'z LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"
    • (1996年)

    "BUZZ!!" THE MOVIE』(バズ・ザ・ムービー)は、日本音楽ユニットB'zが1996年1月1日にリリースした4作目の映像作品(VHSLDとしては4作目、DVDとしては2作目)。なお、LDは需要低迷によりこの作品限りで発売中止となった。

    DVDはシングル『ultra soul』発売時に他の3作品と共に同時リリースされた。

    概要[編集]

    初のスタジアムツアーとなった『B'z LIVE-GYM Pleasure '95 "BUZZ!!"』から、ファイナルとなった千葉マリンスタジアムの模様を中心に収録。事前に松本のラジオ番組『BEAT ZONE』内でのリクエストやファンクラブ会報誌での人気投票(下記参照)をもとに選曲されたこともあり、ヒット曲・人気曲が多い。稲葉は本ツアーについて「僕の中では(去年の)The 9th Bluesとは対極のツアーだった」と述べており、松本も「去年は自分達が好き勝手やってたから、その反動もあったと思う」と語った。

    このライヴで未発表曲として初披露された「LOVE PHANTOM」での演出は大きな話題となった。今回からドラマーは初の外国人としてデニー・フォンハイザーが参加している[2]

    演奏曲には「RUN」、「Easy Come, Easy Go!」(合間に一瞬だけドキュメンタリー風の映像として挿入されている)、「TONIGHT (Is The Night)」(アコースティックバージョン)、松本ソロの「INTO THE ARENA」(カバー曲)もあったが、本作には未収録となった[2]。また、候補曲にはこの他に「HOT FASHION -流行過多-」、「Wonderful Opportunity」(「恋心(KOI-GOKORO)」と日替わり)、「MOTEL」(「Don't Leave Me」と日替わり)、「BE THERE」(アコースティックVer.)「LOVE IS DEAD」(アコースティックVer.)が予定されていたが最終的には未演奏となっている。

    ライブ映像作品としては異例の約30万本を売上げ、VHSとしてリリースされたライブ映像作品では歴代1位の記録である。

    演奏[編集]

    メンバー[編集]

    サポートメンバー[編集]

    収録映像曲[編集]

    1. BLOWIN'
      オープニングナンバー。稲葉が被っているテンガロンハットは、勝新太郎からのプレゼント[2]
    2. Pleasure'95 〜人生の快楽〜
      歌詞の内容が一部変更されている。この後にリハーサルシーンが挿入される。
    3. OH! GIRL
      この後に松本ソロ「Don't ask me baby」が一部収録されている。
      OH! GIRL -Mixture style-」のPVとして使用されている。
    4. love me, I love you
      実際のライブでは、アンコールの2曲目に演奏している[2]。冒頭にシングルのPV撮影のメイキングが収録されている。
    5. TIME
      2コーラス目からの映像。同曲のPVとして使用されている。
    6. 太陽のKomachi Angel
      ラテン調のアコースティックバージョン。
    7. 恋心(KOI-GOKORO)
      本作で振り付けが初映像化された。 "BUZZ!!"ツアー各会場のライブ映像が使用されている。
    8. もう一度キスしたかった
      DVDのみ収録。実際のライブでは4曲目に披露[2]。ラストで松本が「恋はみずいろ」を奏でるが、元々はアドリブで演奏したものだったが好評だったため、その後のライブでも同曲の最後にこのフレーズを奏でることが定着する。
    9. Don't Leave Me
      CD音源にはない稲葉の連続シャウトを披露。1コーラス目では松本が煙草をくわえながら演奏している。
    10. LOVE PHANTOM
      当時未発表曲にして、本ライヴ最大の目玉。
    11. ねがい
      アルバム『LOOSE』収録の「ねがい ("BUZZ!!" STYLE)」のアレンジで演奏された。
    12. BAD COMMUNICATION
      2コーラス目からのショートバージョン。原曲よりキーを上げて演奏しており、ラストは稲葉のシャウトから次曲に繋がる。
    13. JAP THE RIPPER
      Pleasure '93のツアータイトル。
    14. ZERO
      本編ラストナンバー。
    15. ALONE
      アンコール1曲目[2]。稲葉が、ピアノ弾き語りを披露。1コーラス目では松本が煙草をくわえながら演奏している。
    16. 裸足の女神
      DVDのみ収録。アンコールラストナンバーでVHSではエンディング部分のみの収録だったが、DVD化に伴いフルコーラスで収録。
      この後に「消えない虹」の英語版を聴くことが出来る。本作品のエンディング曲は「BAD COMMUNICATION(000-18)」。

    リクエスト投票の結果[編集]

    上記のとおり、本ツアーの選曲にはファンクラブ会報誌での人気投票が大きく反映されている[3]。最終結果のうちトップ10にランクインした曲はすべて演奏された。

    ※実際に演奏した曲は太字

    • 1位:TIME
    • 2位:Easy Come, Easy Go!
    • 3位:BAD COMMUNICATION
    • 4位:恋心(KOI-GOKORO)
    • 5位:OH! GIRL
    • 6位:もう一度キスしたかった
    • 7位:ALONE
    • 8位:Pleasure'91〜人生の快楽〜
    • 9位:裸足の女神
    • 10位:RUN
    • 11位:ZERO
    • 12位:Wonderful Opportunity(候補曲にはあったが最終的には未演奏)
    • 13位:BLOWIN'
    • 14位:Don't Leave Me
    • 15位:WILD ROAD
    • 16位:BE THERE(候補曲にはあったが最終的には未演奏)
    • 17位:月光
    • 18位:春
    • 19位:LADY NAVIGATION
    • 20位:さよならなんかは言わせない
    • 21位:赤い河
    • 22位:JAP THE RIPPER
    • 23位:太陽のKomachi Angel
    • 24位:おでかけしましょ
    • 25位:STARDUST TRAIN
    • 26位:愛しい人よGood Night...
    • 26位:恋じゃなくなる日
    • 28位:Sweet Lil' Devil
    • 29位:孤独のRunaway
    • 30位:いつかのメリークリスマス

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ 第10回日本ゴールドディスク大賞|THE GOLD DISC”. 日本レコード協会 (1996年). 2020年4月29日閲覧。
    2. ^ a b c d e f 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、196頁。
    3. ^ 『Be+wiZ』vol.24、B'z Party、1994年12月。