Ɖ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ɖɖ Ɖɖ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ɖ, ɖ(アフリカのDAfrican D)は、西アフリカの言語エウェ語字母のひとつである。小文字は国際音声記号有声そり舌破裂音[ɖ]に相当する。Unicodeでは大文字は U+0189、小文字は U+0256 で表現される。

また、アイスランド語フェロー語の"Ð"、南スラヴ諸語ベトナム語の"Đ"とはそれぞれ異なる文字である。

名称[編集]

Ɖɖは、エウェ語、フォン語などアフリカの諸言語で用いられ、African reference alphabet(アフリカ関連のラテン文字)の中に、大文字・小文字が含まれる。Unicodeでは、大文字がAFRICAN D(アフリカのD)、小文字がD WITH TAIL(テール付きD)と呼ばれる。

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ɖ U+0189 1-9-39 Ɖ
Ɖ
ɖ U+0256 1-10-78 ɖ
ɖ

関連項目[編集]

  • Đ(南スラヴ諸語/ベトナム語)
  • Ð(アイスランド語/フェロー語)
  • D
  • Δ
  • 有声そり舌破裂音